山歩きの用品の選び方と服装の選び方のコツを知っておこう

山歩きには、ウォーキング、ハイキング、トレッキング、登山などいろんな呼び方があり、

かんたんにできるウォーキングから、本格的な登山まで経験や目的などによって選びます。

また、山には1.000m以下の低い山から2.000m以上の高山まであり、用具や服装にも違いがあります。

この記事では、比較的低い山の、山歩きの用品の選び方と服装の選び方のコツをご紹介します。

スポンサーリンク

山歩きの用品の選び方のコツ

山歩き用品の選び方で、必要なものが3つ(登山靴、ザック、雨具)あります。

それらの選び方のコツをご紹介します。

山歩き用品で必要なものその1・・・登山靴の選び方のコツ

山歩きでは、舗装されていない道、凸凹道、滑りやすい道などいろんな道を歩くことも多いと思います。

また、靴の良し悪しで、歩く時間が長くなるほど疲れやすかったり、足が靴ずれなどになってしまうこともあります。

山歩き用品の登山靴を選ぶときには、自分の足に最適の登山靴を選びましょう。

登山靴は、通販で購入するよりも、実際にスポーツ店に行って、店員さんに相談したり、登山靴を履いてみてサイズはどうなのかチェックしてから購入するようにしましょう。

お金をケチらずに、良いものを選ぶようにすると、後で後悔しないでしょう。

足首のカットの深さもいろいろですが、足首を隠せるハイカット型の登山靴のほうが足首への負担は少なくて済みます。

ただし、登り下りの多い道では、足首部分のカットがないローカット型の登山靴のほうが、足首の自由がきくので良いこともあります。

登山靴のサイズの選び方は、靴下(少し厚めの物)を履いた状態で登山靴を履き、踵の部分に指が入る程度の物(足のサイズ+1cm)を選ぶようにしましょう。

山歩き用品で必要なものその2・・・ザックの選び方のコツ

山歩きでも日帰りの場合には、デイパックまたは、ザックで25L程度の物で良いでしょう。

もし、1泊~2泊で、山小屋を利用する場合には、少し大きめの30Lくらいのもの、2泊~3泊なら50L、テント利用で本格的に山登りをするなら60Lくらいのザックがおすすめです。

ザックの横にポケット、ストラップが付いている物もありますが、木の枝に引っかかったり、岩の角に引っかかったりすることもあるので、注意が必要です。

また、ザックは変形しにくいものを選ぶと良いでしょう。

ザックに荷物を詰める時のコツは、軽いものを下にする(重心を上にする)、左右の重さのバランスを均一にする、一緒に使うものは1つの袋にまとめて入れるなどしておくと便利です。

ザックからよく取り出すもの、よく使うものを上にしておくようにしましょう。

ザックの上の方に、水、雨具、救急セット、真ん中あたりに、ウィンドブレーカー、コンロ、食料、下の方に着替え、シュラフ、レスキューシートなどを入れ、行動食やカメラ、地図、などはザックのポケットに入れておきましょう。

この時のポイントですが、ザックを背中に背負ったときに、固いものが背中に当たらないように入れるようにしましょう。

山歩き用品で必要なものその3・・・雨具(レインウェア)の選び方のコツ

山は天候の変化が激しいので、雨具は必需品です。

寒い時には、防寒用としても利用できます。

雨具は、重ね着をした上から着用できるように、少し大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

その他で、山歩きの際に持っておくと便利なものをご紹介します。

地図、コンパス、ガイドブック、ヘッドランプ(夜間など周りが暗い場合に必要)、ストック(杖)、レスキューシート(保湿、断熱、防水、防風等の場合にあると便利)など。

スポンサーリンク

服装の選び方のコツ

山歩きの服装の選び方のコツは、派手な物を着用するということ。

山の風景によく映えるということと、事故や遭難した場合に見つけやすいということが理由です。

また、山で写真を撮っても引き立つので、派手な服装を選ぶメリットの1つとも言えるでしょう。

山歩きの服装は、重ね着が基本。

防寒や体の保護の役割を果たすためにも、重ね着をおすすめします。

ただ、かさばるものは避け、フリースや雨具を重ね着して、脱いだり着たりして温度調節をするほうが、中綿のジャケット1枚よりも便利です。

その時の下着は、乾きやすくて保温性の高い化学繊維を使ったものが良いでしょう。

ズボンは、ストレッチ素材のものが、膝を曲げたり伸ばしたりと体を動かしやすいのでおすすめです。

また、速乾性や保温性の高い物を選ぶようにしましょう。

靴下は厚手のものを1枚履くようにするのですが、速乾性と保温性に優れている靴下を選ぶのがコツ。

その他に、帽子、手袋、サングラス、スパッツなどもあると便利です。

まとめ

「山歩きの用品の選び方と服装の選び方のコツを知っておこう」という内容でご紹介しました。

楽しい山歩きの予定でも、用品選びを間違ってしまうと、大変な思いをしてしまうことになります。

また、不要なものをたくさん持って行くのも、荷物になってしまい、無駄な体力の消耗になってしまいます。

荷物は必要最低限、服装は派手なものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加