茹でうどんと冷凍うどんの違いと最適な調理法で美味しく食べよう

スーパーやコンビ二などでうどんを売っています。スーパーでは、茹でうどんと冷凍うどんの2種類が売られていることもよくあるのではないでしょうか。あなたはどちらを購入しますか?実は、茹でうどんと冷凍うどんには違いがあり、最適な調理法によって美味しく食べることができます。では、違いと最適な調理法をご紹介していきましょう。

茹でうどんと冷凍うどんの違い

re

茹でうどんと冷凍うどんの違いはコシの強さです。

茹でうどんと冷凍うどんはコシの強さが違います。

その理由が製造するときの違い。

茹でうどんは、うどんを茹でたあとに袋詰されてそのまま出荷されます。

なので、うどんの中心まで熱が行き届き柔らかくなります。

一方、冷凍うどんは、うどんを茹でたあと-40℃で急速冷凍されます。※すべての冷凍うどんが当てはまる訳ではありませんが、テレビで紹介されていた工場ではそのようにしていました。

うどんを茹でた直後はまだ中心が固く、コシが強い状態になっています。

スパゲティで言えばアルデンテと同じような状態なのです。

そのような状態で急速冷凍されるので、麺の内側に熱が伝わる前に冷やされてしまいコシが強くなるのです。

どちらが良いとか悪いとか言うのではありませんが、それぞれ適した調理法があるのでご紹介しましょう。

スポンサーリンク

茹でうどんを最適な調理法で美味しく食べよう

茹でうどんは、うどんの中まで熱が伝わって柔らかくなっているので、味が染みこみやすいのが特徴。

焼きうどんや煮込みうどんなどが、美味しく食べられます。

家族、友人などみんなで焼きうどんを作るときには、時間の短縮にもなりますし、しっかりと味の染みこんだうどんを食べることができます。

あなたの好きな肉、野菜などの具材を入れて美味しく食べてくださいね。

冷凍うどんでも焼きうどんや煮込みうどんを作ることができますが、うどんの中まで味が染み込むまでに少し時間がかかります。

冷凍うどんを最適な調理法で美味しく食べよう

冷凍うどんを最適な調理法で美味しく食べるには、コシの強さを楽しめるざるうどんがおすすめ。

ざるうどんでうどんの食感を楽しむなら冷凍うどんが良いでしょう。

特に、夏は暑いので、温かいうどんよりも、冷たく冷やした冷凍うどんのほうが食べやすいでしょう。

中まで味を染み込ませる必要がないので、調理時間も短くできます。

まとめ

ちょっとした違いなのですが、茹でうどんと冷凍うどんには調理法によってそれぞれの良さを引き出すことができます。

良ければ試してみて下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加