東京の七夕祭りで阿佐谷七夕祭り、神田明神七夕祭、としま七夕祭りをご紹介

七夕の日には、日本の各地で七夕祭りが行われます。

東京でもあちこちで七夕まつりが行われます。

この記事では、阿佐谷七夕祭り、神田明神七夕祭、としま七夕祭りについてご紹介します。

日時や祭りが行われる場所など興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

東京の七夕祭り 阿佐谷七夕祭り

東京の七夕祭りの1つ阿佐谷七夕祭りは、阿佐ヶ谷駅周辺の8商店会で昭和29年から毎年行われている七夕祭りです。

ハリボテ飾り、吹き流し、竹飾りなどが飾られ、毎年多くの人で賑わっています。

2016年は、ゴリラ、鉄人28号、アンパンマンなどが飾られ、2015年はハローキティ、カーズなどが飾られました。

そのハリボテ飾りは、商店主さん、近隣の学校の生徒たちの手作り。

アニメキャラや話題のあるものなど多くの飾りで、訪れた人を楽しませてくれます。

屋台・露天もあるので、大人も子供も楽しめます。

2017年の阿佐谷七夕祭りの詳細

日時・・・8月4日(金)~8月8日(火)10:00~22:00

会場・・・阿佐ヶ谷駅周辺の商店会

問い合わせ先・・・阿佐谷商店街振興組合(TEL 03-3312-6181)

ここで、七夕が7月と8月に行われる理由をご紹介。

七夕祭りは7月に行われる場所もありますが、阿佐谷七夕祭りは8月に行われます。

これは、旧暦と新暦のどちらで行っているかの違いです。

旧暦の7月7日が正式な七夕の日で、新暦にすると2017年は8月28日になります。

東京の七夕祭り 神田明神七夕祭

東京の七夕祭り、神田明神七夕祭は、7月7日の1日だけ限定で行われる七夕祭です。

また、時間も午後4時からと決められています。

場所も神田明神境内で行われるので、屋台・露天もありません。

※雨天の場合には、社殿内で行います。

6月の中旬~7月7日の七夕祭終了までの期間限定で、「えんむすびお守り」を授与しています。

短冊付きで、願い事を書けるようになっています。

ただし、えんむすびお守りは数量限定なので、なくなり次第終了とのことでした。

電話での取り置きは出来ないそうです。

神田明神所在地・・・東京都千代田区外神田2-16-2

TEL・・・03-3254-0753

スポンサーリンク

東京の七夕祭り としま七夕祭り

最後にご紹介する東京の七夕祭りのとしま七夕祭りは、サンバのパレードやハワイアンなどが楽しめる七夕祭りです。

2017年の開催期間は8月2日(水)~8月6日(日)の5日間。

時間は16:00~19:00になります。

イベントは、毎日違うのでご紹介。

8月2日・・・オープニングイベント&ロトカード抽選会。

8月3日・・・としまでハワイアン。

8月4日・・・鼓笛隊のパレード&特別売り出し。

8月5日・・・ちびっこ縁日。

8月6日・・・サンバパレード(16:00~、18:00~の2回)

屋台・露天はありません。

としま七夕祭りの開催場所・・・豊島中央通り商店街内道路、中央交差点付近特別ステージ。

TEL・・・03-3911-8305

最寄り駅・・・王子神谷(東京メトロ/南北線)、王子(JR/京浜東北線、東京メトロ/南北線)

まとめ

東京の七夕祭りで阿佐谷七夕祭り、神田明神七夕祭、としま七夕祭りをご紹介しました。

親子で楽しむなら阿佐谷七夕祭り、としま七夕祭りがおすすめ。

神田明神七夕祭は、願い事を書いて叶えてもらうようにお祈りすることができます。

時間、興味があれば行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加