出産祝いはいつまで? 2人目はどうする?商品券を贈るコツなどをご紹介

兄弟、親戚、友達などへ出産祝いを贈ることがあります。

お祝いの品物や商品券などを贈ることもあるでしょう。

また、病院へお祝いに行くこともあるかもしれませんね。

そこで、出産祝いはいつまで、2人目が生まれたらどうする、ということと、

商品券を贈る時のコツなどをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

出産祝いはいつまで?

兄弟、親戚、友人などから出産の知らせを聞いたら、いつ病院へ行けば良いのでしょう。

少しでも早く、生まれた赤ちゃんの顔を見てみたいものですね。

でも、あまり早すぎるのは避けた方が良いでしょう。

友人の赤ちゃんの場合などには、出産してから3,4日たったあとのほうが良さそうです。

出産で疲れている時に、気を使わせないためにもすぐに行くのはおすすめできません。

出産の知らせを聞いて、すぐに病院へ駆けつけても良いのは、双方の両親や家族ぐらいでしょう。

また、小さな子供や赤ちゃんなどは一緒に連れて行かないようにしましょう。

生まれた赤ちゃんの顔を見たら長居をせず、お祝いを伝えてすぐに帰るようにしましょう。

出産祝いはいつまでにすればよいのでしょう?

出産祝いに伺う期間は、退院後1週間~1ヶ月以内ぐらいを目安にします。

伺う数日前に、都合の良い日を聞いてから、伺うようにしましょう。

当日も、ママさんの体調や赤ちゃんの体調を聞いてから伺うようにしましょう。

体調が良くない時には、延期します。

出産祝いは何を贈るの?

出産祝いで、お祝いの品は何を贈れば良いのでしょう。

もし親しい友人などにお祝いの品を贈るなら、先方の希望に合わせるのがおすすめ。

その方が、同じ品が被らないでしょうし、貰ったほうも嬉しいでしょう。

みんなでお金を出し合って、ベビーカー、チャイルドシートなどを贈るのも良いかもしれませんね。

他にも、こんな商品も喜ばれそうです。

ミラクルブランケット

バスポンチョ

ベビー枕

出産祝い 2人目はどうする?

2人目の出産の知らせを聞いたら、出産祝いを贈るのおすすめ。

新しい生命の誕生なので、1人目の赤ちゃんと同じように出産祝いを贈るようにしましょう。

2人目や3人目の赤ちゃんは、1番目に生まれた子のお下がりを使う事もあるでしょう。

なので、出来れば欲しいものを聞いてから贈るのが良いですが、難しいようならタオルなどの使用頻度の高いものが良いかもしれませんね。

タオルなどの肌に触れるものは新しい物のほうが気持ちいいので。

出産祝いを2人目、3人目の子供に贈る時には、1番目に生まれた子供にもちょとしたプレゼントを贈ってあげるのもおすすめ。

長男、長女は、弟や妹が生まれてお母さんやお父さんを取られてしまうような気持ちになることもあるでしょう。

さらに、赤ちゃんへのお祝いが届いて自分には何もなかったら、寂しい気持ちになるでしょう。

スポンサーリンク

出産祝いで商品券を贈るコツ

出産祝いで貰って嬉しいのが現金。

赤ちゃんグッズなどのように同じものを貰って困るわけでもありませんし、必要なものを購入できます。

現金以外で貰って困らないものと言えば商品券。

図書券なら、育児の本、絵本などを購入できますし、ミュージックギフト券なら、赤ちゃん用に童謡のCDやDVDなどを購入できます。

出産祝いで商品券を贈る時のコツなのですが、可愛いカードなどを添えて贈ると良いでしょう。

まとめ

「出産祝いはいつまで?2人目はどうする?商品券を贈るコツなどをご紹介」ということで記事を書きました。

出産祝いのお祝いで病院へ行くのは、3、4日たった後がおすすめ。

出産祝いは、退院後1週間~1ヶ月以内ぐらいが目安。

2人目以降に生まれた赤ちゃんにも出産祝いを贈る、商品券はカードを添えて贈るのがおすすめです。

おめでたいことなので、出産祝いは贈るようにしたいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加