生姜は体を温める食べ方と冷やす食べ方がある

今まで、生姜は体を温める食べ物だと思っていました。でも実は、食べ方によって体を温める効果もあり、冷やす効果もあります。それには生姜に含まれている成分である「ジンゲロール」と「ショウガオール」が関係していました。そこで、体を温める食べ物と冷やす食べ方をご紹介していきます。目的によって食べ方を変えてみては?

生姜の体を温める食べ方

so

上の画像がヒントになっていますが、体を温める生姜の食べ方は生姜を加熱すること。

例えば、豚肉の生姜焼き、しょうがを使ったスープ、紅茶ジンジャーなどのレシピがあります。

生姜を加熱すると、生姜に含まれている成分のジンゲロールがショウガオールに変わります。

※ショウガオールは、生の生姜にはほとんど含まれていません。

ショウガオールは、体内の血流を増やし体の深部から熱を発生させるので、長時間体を温める効果があります。

冬の寒い時期などに体の中からぽかぽか温めたいのなら、生姜を加熱して食べましょう。

そこで、生姜を加熱する料理をご紹介します。

スポンサーリンク

生姜を加熱する料理(豚肉の生姜焼き)

so

生姜を加熱する料理といえば生姜焼きが有名。

豚肉の生姜焼きが嫌いな男性は少ないのではないでしょうか。

もちろん、女性にもおすすめ。

特に、豚肉のヒレ部分にはビタミンB1が多く含まれています。

タンパク質も多く、鉄、リン、カリウムなども含まれているので、女性には嬉しい食材と言えるでしょう。

生姜を加熱する料理(スープ)

su

出典 http://cookpad.com/recipe/3979540

生姜を加熱する料理では人参を使ったり、キャベツや白菜、鶏肉などを使ったスープがあります。

普段のスープに生姜を入れることで、体の芯からぽかぽかしてきます。

上の画像は、野菜を沢山使った生姜のスープ。

なす、玉ねぎ、じゃがいも、プチトマトなどを使っています。

http://cookpad.com/recipe/3979540

生姜を加熱する料理(炊き込みご飯)

ta

出典 http://cookpad.com/recipe/2707692

人参、油揚げ、生姜をしょうゆ、酒、みりん、ダシ用のこんぶで味付けした生姜の炊き込みご飯です。

具材を変えるとまた違った炊き込みご飯ができるので、お好きな具材を使って炊き込みご飯を作ってみてはいかがでしょうか?

http://cookpad.com/recipe/2707692

ショウガオールの効果

◯体を体内から温める

◯血液の循環を促進

◯抗酸化作用

◯冷え性の改善など・・・。

スポンサーリンク

生姜の体を冷やす食べ方

生姜の体を冷やす食べ方というと、良くないイメージが強くなってしまいそうですが、それだけではなく、ちゃんと良い効果もあるのです。

生の生姜に含まれている成分にはジンゲロールというものがあります。

ただ、ジンゲロールは血管を広げる作用があり、皮膚に近い血管を広げ体の表面を温めます。

外気が冷たいときには、血管が冷やされ体内に戻るのでよけいに体が冷えた印象をもつこともあります。

ジンゲロールの効果

◯免疫力の向上

◯殺菌作用

◯ダイエット効果

◯コレステロール値を下げる

◯動脈硬化や脳梗塞を予防してくれるなど・・・。

まとめ

生姜は、調理のやり方、食べ方により期待できる効果も変わってきます。

その時の体の状態や、好みの調理法で食べてみては?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加