セーターのお手入れ 虫食いの防ぎ方、縮みの直し方、洗濯のしかたをご紹介!

寒くなってくるとセーターを着ることもあるでしょう。

セーターは、綿や麻と比較すると暖かいのですが、伸びたり縮んだり、虫食いになったりチクチクしたりしてしまうというマイナス面もあります。

そこで、セーターのお手入れとして、虫食いの防ぎ方、縮みの直し方、洗濯のしかたをご紹介します。

セーターのお手入れ方法 虫食いの防ぎ方

woman-594465_640

セーターは、保管方法をしっかりとしておかないと、虫食いになってしまう事もあります。

お手入れが大切です。

「そろそろセーターをクリーニング店に持って行こうか?」ということで、持って行った時に、店員さんに「虫食いになってます」と言われて気付く人もいます。

自分では気づかない事もあります。

また、去年のセーターを着ることになり、出して見たら虫食いになっていたという残念な事もあると思います。

お気に入りのセーターが虫食いになっていたら悔しいですよね。

そこで、セーターのお手入れとして、虫食いにならない保管の方法、防虫対策をご紹介します。

スポンサーリンク

防虫剤の正しい使い方

市販されている防虫剤は、密閉性のあるクローゼットや箪笥などの引き出しなどにウールのセーター、カシミヤなどと一緒に入れて保管することで防虫対策に効果的です。

防虫剤がゆっくりとガス化してその中で充満することで、衣類の害虫(イガ、コイガ、ヒメカツオブシムシ、ヒメマルカツオブシムシなど)からセーターを守ってくれます。

衣類の防虫剤には、1年間有効で衣類に臭いがつかない物や防カビ剤配合のものがあります。

防虫剤の避けたい使い方

防虫剤を効果的に使うためには、1度入れたら何度も開閉しないようにしましょう。

せっかく充満しているガスが薄くなってしまい、効果が弱くなってしまいます。

もし、隙間があるならテープなどを貼って密閉性を高めるとより効果的に使うことが出来ます。

セーターのお手入れ 縮みの直し方

「ウールのセーターを間違って普通に洗濯してしまった・・・」という経験がある人もいるでしょう。

お気に入りのセーターを縮ませてしまったらすご~くガッカリしてしまいます。

「なんとか元通りに戻したいんだけど、どうしたら良いのかわからない・・・」と思っている人もいると思います。

そこで、縮んでしまったセーターを元通りのサイズにもどす方法、縮みの直し方をご紹介します。

「まくってごまかす」とか「あきらめる」のはまだ早いです。

お手入れすればなんとかなります。

ぬるま湯とコンディショナー

髪の毛がキシキシしている時には、コンディショナーを使う事もあるでしょう。

髪の毛はケラチンという固いタンパク質から出来ています。

ウールも髪の毛と同じでケラチンというタンパク質で出来ています。

と言うことは、縮んで絡まってしまったウールもコンディショナーを使えば、繊維が元通りに。

たらいなどの入れ物の中に、ウールのセーターを入れ、ぬるま湯とコンディショナー(セーター1枚につき3プッシュ程度)を入れます。

そして、手でほぐしてなじませます。その後に、平干しします。

セーターのち地味の原因は、毛羽立った繊維が絡み合うために起こるので、コンディショナーを使うとしっとりとなめらかになります。

セーターのお手入れ 洗濯のしかた

セーターを使った後にクリーニング店に持っていくのが手軽で安心なのですが、自分で洗濯したいという人のためのお手入れ方法として洗濯のしかたをご紹介!

衣類の取り扱い絵表示を見る

ウールやカシミヤなどの素材でできたセーターを自宅で洗濯するには、まず衣類の表示を確認しましょう。

手洗いのマークにバツが表示されていても、洗い方、素材に注意すれば手洗い出来るものもあります。

色落ちチェック

初めてセーターを洗う時には、色落ちチェックをしましょう。

まず、白いタオルにおしゃれ着洗い用の洗剤の原液をつけて、セーターの目立たない部分(セーターの裏側など)を軽く叩きます。

もし色がついていたら、洗濯すると色落ちしてしまいます。

セーターの手洗い方法

セーターを手洗いする時には、こするのはNG。必ずやさしく押し洗いします。動画と一緒にご紹介!

①セーターで汚れが気になる部分にはおしゃれ着洗剤の原液をつけてトントンと軽く叩く。

②たらいなどの洗濯するための桶に、30度以下のお湯とおしゃれ着洗剤を入れて撹拌する。

③セーターをたらいなどに入れて、やさしく容器の底に押したり離したりを繰り返す。

④袖口、裾などは手で掴んで、何度か握ったり離したりを繰り返す。

⑤手前から丸めて軽く押して絞る。

⑥すすぎを2回、繰り返す。

⑦すすいだ後に、洗濯機で軽く脱水(30秒~1分)

⑧平らな台の上にセーターを広げて、手のひらで網目を整える。

⑨平干しで陰干し。

スポンサーリンク

まとめ
以上がセーターのお手入れ方法でした。ウールやカシミヤなどはデリケートな素材なので取り扱いに注意したいですね。

着ている時も、引っ張ったり擦ったりしないようにしたいものです。

セーターを着るとチクチクするという場合もありますが、主に首の部分だと思います。

なので、とっくり型のセーターよりもVネックのセーターを選んだり、セーターの下にセーターが首の部分と触れないように他の素材のものを着るのも1つの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加