スーパーのラップは食品の保存に不向き、強力なラップも合わせてご紹介

スーパーや百貨店などの食品売場では、果物やお肉やお魚などがラップに包まれて売られています。

市販されている家庭用のラップと比較すると、指で触っても破れにくく、伸縮性があります。

ただ、スーパーで使っているラップは、食品の保存には不向きなのです。

この記事では、その理由とともに、アメリカ製のラップで粘着力が強い商品をご紹介!

この内容は、林先生が驚く初耳学というテレビ番組があるのですが、

その中で紹介されていました。

見逃してしまった方や、知らなかったという方もいらっしゃると思います。

では、さっそくその内容を紹介していくことにしましょう。

スポンサーリンク

スーパーのラップは食品の保存に不向きな理由

ka

スーパーのラップは、ポリ塩化ビニルというものを使っています。

ポリ塩化ビニルの特徴で、伸縮性があり、密着性が良いというメリットがあります。

これは、剥がれにくく、中の水分(肉から出た汁や魚から出た汁など)を外に漏らさないという特徴から使われているようです。

ただし、メリットだけではないようです。

家庭用のラップと比較すると、酸素、湿気を通しやすいというデメリットがあるのです。

なので、鮮度が落ちやすくなるのです。

家庭用のラップは、ポリ塩化ビニリデン製です。

この素材は、原子の密度が高く、ポリ塩化ビニルの100分の1の酸素しか通しません。

切ったりんごをお皿に入れ、ラップで包んで5時間放置。

すると、スーパーで使っているポリ塩化ビニル製のラップは、りんごの色の変色がすすんでいましたが、家庭用のラップで使っているポリ塩化ビニリデン製のラップではほとんど変色していませんでした。

スポンサーリンク

なので、スーパーなどでラップで包んである生鮮食品を買ってきたら、ラップを取り替えるようにすると、食品が長持ちします。

水などがこぼれにくい強力なラップとその購入先

一般的にスーパーや薬局などで売られている家庭用のラップでは、

汁物を入れて傾けると、なかの汁が外に漏れてしまいますよね。

ラップの粘着力があまり強いとはいえません。

そこで、ご紹介するのが、アメリカ製の超強力なラップ

グラッド プレス&シール

GLAD プレス&シール Press’n Seal 3箱セット30cm×43.4m 多用途シールラップ 3ロール 食品包装用 ラップフィルム グラッド 圧着ラップ プレスンシール【smtb-ms】0350086

コストコなどでも購入できますが、ネットで安く購入することもできます。

このラップの特徴は、とにかく粘着力が強いこと。

例えば、コップにジュースなどのドリンクを入れて倒しても、中のドリンクが外にこぼれません。

また、コンビニなどのおでんを容器に入れて、グラッド プレス&シールを貼って逆さまにしても、中の具材や汁もこぼれ落ちません。

これは、実際にテレビで実演していました。

なぜ密度が高いのかというと、ラップの表面に細かな凹凸がたくさんあり、隙間にある粘着樹脂が圧力により強い粘着力を生み出すからです。

ジュースなどの飲み物を入れたコップの上にこのラップを貼り、ストローを刺すと、倒してもすぐにこぼれたりしません。

小さい子供さんや年配の方がいらっしゃるご家庭には良いのかもしれませんね。

まとめ

テレビ番組を見て面白いなとか、ためになったなと感じたので記事にしてみました。

私自身、ラップの違いを気にもしませんでしたし、知りませんでした。

日本製のラップは、切れやすいということぐらいしか・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加