これってスマホが原因?肩こり、首こり、ストレートネックとの気になる関係とは

以前は通話だけしか出来なかった携帯電話も、最近では電話以外で音楽を聞いたり、ネット検索したりと便利な機能が追加されています。ただ、便利な反面、今までは肩こりや首こりなどの症状がなかった人も、それらの症状で悩んでいる人も増えています。ここでは、スマホが原因だと考えられる肩こり、首こり、ストレートネックとの関係についてご紹介します。

スマホが原因?肩こりとの関係とは

05815a0be109619694cc37dc07db528d_s

肩こりの原因には、枕、マットレス、運動不足、猫背などいろいろあります。

昔はそのような原因で肩こりになっていたのですが、最近はスマホやパソコンが原因の肩こりも増えています。便利な機能が増えて、よりスマホ、パソコンを使うようになり、同じ姿勢で長時間過ごすために肩への負担が大きくなっています。

スマホが原因の肩こりは、スマホを見る時の姿勢が良くないこと。あなたはスマホを見る時に、首を曲げてスマホを見たり操作したりしていませんか?もしかすると、それが肩こりの原因かもしれません。

なぜそうなってしまうのかというと、首を傾けてスマホを見る時に、重い頭を支える首の筋肉にも負担をかけますが、肩の筋肉にも負担をかけてしまうからです。

肩こりと関係のある筋肉は背中側にある大きな筋肉の僧帽筋。特に、もともと僧帽筋が弱い人は、スマホを使うと肩こりになりやすいのです。また、なで肩の人は通常の人よりも肩こりになりやすいですし、男性よりも女性は肩こりになりやすい傾向にあります。

対策としては、できるだけ首を曲げずに目の高さでスマホを見たり、長時間使わずに、時々肩を上下に動かしたり回したりして動かしましょう。

スポンサーリンク

スマホが原因の首こり

スマホが原因の首こりは、前斜角筋と小胸筋。肩こりが原因だと思っていても、実は前斜角筋や小胸筋が原因で、肩こりだと思ってしまっている場合もあります。

前斜角筋のストレッチと小胸筋のストレッチ

ni

前斜角筋が収縮している場合は、こめかみに手を当て首を真横に倒すようにする。これで収縮した前斜角筋を伸ばせる。

一方、小胸筋を伸ばすには、肩が前に出ないように反対側の手で押さえ、腕を前後に振る。

出典 NIKKEI STYLE

スマホが原因?ストレートネックとの関係

ストレートネックとは、首の前湾角度が30度以下になっている状態のことをそう呼びます。頭をまっすぐしている状態での首への負荷は4kg~5kgほど。15度前に傾けると12kg、30度で18kg、45度で22kg、60度で27kgもの負担がかかります。

うつむいた姿勢でいると首に大きな負担がかかるので、首の湾曲が失われてしまい、ストレートネックになることもあります。

ストレートネックになってしまうと、肩こり、頭痛、首の痛み、首が動きにくくなる、めまい、吐き気、頚椎症などになることも。ただし、症状がないこともありますが・・・。

なので、肩こりや頭痛などの原因がスマホだということもありえます。

まとめ

スマホは肩こり、首こり、ストレートネックの原因になります。できれば、長時間使わないようにしたいものです。また、スマホを操作したり見たりする時には、首を出来るだけ前に傾けないようにしましょう。最近では、スマホ老眼という言葉があるくらい、スマホが原因で目のピント調節がうまくできない人も増えています。パソコンやタブレットよりも目の近くで操作したり、見たりするために、より目に悪影響なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加