ソファベッドの選び方 寝心地、耐久性、サイズなどをご紹介!

ワンルームなどで使う時、ソファとベッドが別々だと、どうしても部屋が狭くなってしまいます。「でも、ソファとベッド両方を使いたい!」という人もいます。そこで、便利なソファベッドの選び方をご紹介。寝心地、耐久性、サイズなどからお気に入りを見つけてみませんか?

ソファベッドの選び方 寝心地は?

a9cc41e315d7c2e14c2f295bba80439d_s

ソファベッドには、背もたれを倒してベッド代わりにするリクライニング式もの、座面を引き出して使う折りたたみ式のものがあります。寝心地もソファベッドを選ぶ時の大切なポイントの1つ。では、それぞれの寝心地の違いをみていきましょう。

リクライニング式のソファベッドの寝心地

通常のベッドと比較すると、どうしても寝心地は悪くなります。理由は、折りたたみの部分が気になるから。背もたれを倒すために、座面と背面の接続部分がまっすぐにするとへこんでしまうためです。(クッションがないため)

スポンサーリンク

一般的なソファベッドは、ほとんどリクライニング式になっています。(中には、真ん中部分から少しずらした部分で折りたたむようになっているものもあります)

そこで、ソファベッドを使っている人が、寝心地を良くするためにしていることは、厚めのマットレスをソファベッドの上に敷く方法。マットレスの中でも、固めのほうがへこみにくいので効果的。ただ、寝心地も変わりますが。

次にチェックしておきたいのがソファベッドのサイズ。背もたれを倒した時に、肩幅から左右15cm以上の横幅と、身長よりも20cm以上長さがあるとゆったりと眠ることができるでしょう。※個人差あり。

あと1つチェックしておきたいのが、ソファベッドの中に使われているクッションのための部品。「ポケットコイル」「S字バネ」「ウェービングベルト」などがあります。

ポケットコイルは、ベッドにも使われていて、上下の動きに強いバネです。反発力もS字バネより強め。ただ、横揺れには弱めというデメリットもあります。S字バネはその逆で、反発力は弱めですが、横揺れに強いという性質を持っています。ウェービングベルトは、糸で巻いた細いゴムを編んで作られています。耐久性、弾力性ともにポケットコイルやS字バネよりも劣ります。

折りたたみ式ソファベッドの寝心地

折りたたみ式ソファベッドとはこんな感じです。(動画あり)

リクライニング式のソファベッドと比較すると、サイズも大きめでゆったりと使うことが出来ます。真ん中部分がへこむということがないので、ベッドとして使うには使い心地が良いです。

ただ、場所がある程度広くないと、広げてベッドにするのが難しいです。ワンルームなどで部屋が狭いと置き場所に困ってしまいそう。

以上がソファベッドの選び方の1つ「寝心地」についてのご紹介でした。

ソファベッドの選び方 耐久性

ソファベッドの選び方の1つに耐久性があります。耐久性で選ぶ時のポイントは、「ソファベッドに使われている表面の素材」「ソファベッドに使われているクッション素材」など。クッション素材の耐久性については、ソファベッドの寝心地でご紹介したクッションのための部品をどうぞ。

ソファベッドに使われている表面の素材

◯本革

本革は通気性があり、丈夫で耐久性があるというメリットがあります。ホコリ、ダニがつきにくいこと、静電気が気になる人にもおすすめです。ただ、価格が高い、お手入れが必要、カビやヒビ割れになってしまうというデメリットもあります。

◯布地(ファブリック)

価格が安い、色やデザインが豊富、肌触りがよいなどのメリットがありますが、ホコリが出たり、ダニが住みついてしまう、シミになりやすいなどのデメリットもあります。破れたりする可能性もあるので、耐久性は本革よりも劣ります。

◯合成皮革

合成皮革は安い、水拭きできる、色やデザインが豊富というメリットがありますが、通気性が良くない、耐久性が本革よりも劣るなどのデメリットがあります。

以上から、1つのソファベッドを長く使うのなら本革が適していますが、買い替えをして使っていくなら合成皮革やファブリックの素材が適しています。

ソファベッドの選び方 サイズ

ソファベッドの選び方では、サイズにも注意が必要。小さすぎると寝返りをうったときに、ソファベッドから落ちてしまう事もあります。また、サイズが小さすぎるとリラックスして過ごすことが難しくなります。ソファとして使っている時にも、いろんな姿勢になるのが難しいです。ソファベッドを購入する時には、大きめのサイズのものを選ぶようにしましょう。

まとめ

ソファベッドの選び方には、部屋の広さ、価格、搬入経路、使う人数、使用したい期間なども決めておくと選ぶ時に迷うことも少なくなります。購入する前には、ある程度どのようなソファベッドがほしいのかカタログなどを参考に決めておくと良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加