食器の正しい使い方 和食で大きな器や小鉢での食べ方

「お茶碗を手に持って食べなさい」って小さい頃に言われた経験のある人もいるでしょう。ただ、それがどんな料理でも正しいのかと言われるとそうではありません。和食で正しいマナーでも、洋食や中華では間違っていることもあります。そこで、食器の正しい使い方として、主に和食での大きな器、小鉢での食べ方をご紹介します。

食器の正しい使い方 和食

go

和食では、食器を持って食べるのが基本です。

たまに片方の手で箸で持ち、もう片方の手を添えて食べている人もいるようですが、これは正しい食べ方ではありません。

特に料理で汁気の多いもの(高野豆腐、なすの煮びたしなど)は、汁がこぼれてしまわないように、食器を手に持って食べましょう。

でも、お皿によって大きさや形も違いますよね。

そこで、お皿の大きさや形についてご紹介していきます。

食器の正しい使い方 大きな器での料理の食べ方

小鉢の場合にはなんとなくわかるけど、大きな器に盛られている料理はどのようにして食べるのが正しいマナーなのでしょう。

さすがに、手に持って食べるのはできませんよね。

大きな器の料理を食べる時の食器の正しい使い方は、器を置いたままで食べます。

ここで用意しておきたいのが懐紙(かいし)。

懐紙とは、茶道でも使われている紙のこと。

汁気の多い料理の場合などは、手で受けないで懐紙を使って受けるのが正しいマナーになります。

また、大きな食器から料理を取り分けるときには、真ん中からではなく端から自分の小皿にとって食べるようにします。

大きな食器に盛られた焼き魚、刺し身、盛り合わせなどの場合には、このようにしましょう。

和食の基本は食器を手に持って料理を食べることですが、大きな器の場合には、小皿にとって食べたり、懐紙を使って食べたりします。

スポンサーリンク

食器の正しい使い方 小鉢の料理の食べ方

小鉢に盛られている料理でも、食器の持ち上げ方などにはマナーがあります。

小鉢の料理を食べるときには、食器を持ち上げる時に必ず両手を使います。

片方の手に箸を持っていても、両手で食器を持ち上げ、その後に片手に持ち替えます。

その時に、親指を食器のふちにかけ、その他の指は食器の下を持つようにしましょう。

汁物が入った食器の場合、直接口につけて食べても良いのですが、それ以外の料理の場合には、食器に直接口をつけずに、胸の辺りに持って料理を箸で挟んで口まで持っていきます。

刺し身を食べるときには、わさびを刺し身に乗せ、しょうゆにつけて食べます。(しょうゆを使わない場合もありますが・・・。)

握り寿司の場合には、酢飯の上に乗っているタネの方にしょうゆをつけて食べると、より美味しく食べる事ができます。

しょうゆや天つゆなどの器も片手に持ち、もう片方の手で料理を持ってつけて食べるのが良いでしょう。

小鉢に入っている料理の中には、1口で食べきれないものもあるかもしれません。

そんな時には、小鉢の中で箸を使って切り分けましょう。

歯でかじったものをお皿の中に置いておくのは良くありません。

洋食や中華の場合には、お皿を手に持つことはNG。

中華の取り皿も手に持って食べるのはマナー違反になります。

まとめ

◯和食の場合には、基本的に食器を持って料理を食べます。

◯大皿の場合には、取り皿に取り分けて食べるか懐紙を使って食べます。

◯汁物以外の料理は、直接食器に口をつけないようにしましょう。

◯小鉢などの手に持てるサイズの食器は、両手で持ち上げましょう。

◯小鉢などの中で箸を使って料理を切り分けましょう。

◯洋食、中華の場合には、食器を持たずに食べましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加