静電気への対策としてしくみ、体質、逃し方を知っておこう

冬などの乾燥している時期には静電気が発生し、金属に触れたり、他の人と指が触れたりすることで、「パチッ」と音がしたり、痛みを感じたりします。そんな不快な静電気への対策として、静電気のしくみ、静電気をためやすい体質、静電気の逃し方についてご紹介します。静電気を避けるためにも、静電気への対策をしておくと良いと思います。

静電気への対策 しくみについて

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s

静電気が発生するしくみについてご紹介します。

電気には、プラスとマイナスがあります。人間の体にも、プラスとマイナスの電気が流れていて、プラスとマイナスのバランスが保たれているので普段は何も感じません。

静電気は、衣類の摩擦によって発生したり、皮膚と肌着が摩擦することで発生したりします。すると、体内のプラスとマイナスの電気のバランスが崩れ、静電気が発生。発生した静電気は逃げ場がないので、そのままじっとしています。

そして、他の物と触れた時に一気に電気が流れてしまい、パチッという音や痛みを感じるのです。

静電気が冬に起きやすいのは、空気が乾燥しているから。空気中にたくさんの水分が含まれていれば、肌や衣類の電気が空気中に流れ、帯電や静電気の発生を防ぐことにつながります。

冬に静電気が発生しやすいのは、日本海側よりも晴天が多い太平洋側のほうです。冬の日本海側では晴天の日が少なく、空気が乾燥することもあまりないので静電気も発生しにくくなっています。

衣類の組み合わせでも、静電気の発生する可能性に違いがあります。詳しくはこちらの記事でご紹介しています。⇒花粉症と洋服選び。相性の良い素材の組み合わせで静電気防止を!

スポンサーリンク

静電気への対策 体質について

静電気は体質により、ため込みやすい人とそうでない人がいます。では、どんな体質の人がなりやすいのかご紹介します。

乾燥肌の人

肌が乾燥していると、静電気をためこみやすくなります。理由は、肌が乾燥していると、水分が少ないので、空気中に自然放電できなくなるのです。衣類の摩擦などで静電気が起こっても、そのままためこみ、金属などに触れると「パチッ」となってしまいます。

血液がドロドロの状態の人

血液の流れが悪いドロドロした血液の場合には、体内の電気のバランスが崩れ、電気がプラスに偏ってしまいます。すると、プラスとマイナスのバランスを保つために金属などに触れると、マイナスの電気を一気に体に引き寄せ、パチッとしてしまうのです。

血液がドロドロしていると、肩こり、腰のこり、冷え性などの原因になるので、そのような人は静電気をためこみやすい静電気体質(帯電体質)とも言えます。

静電気への対策として逃し方をご紹介

静電気がたまってしまったら、パチッとしてしまう前に、体の外へと逃しましょう。静電気の逃し方には、グッズを使ったりクリームを使ったりする方法があります。

金属に触れる前に部屋の壁やドア(絶縁体)を触る

ドアノブなどの金属を触る前に、部屋の壁やドアなどの絶縁体を触っておくと、金属に触れてもパチっとしにくくなります。

静電気を逃がす静電気防止、除去グッズを利用する

ft

楽天市場などで販売されている静電気防止、除去グッズ。タッチして放電するタイプのもの、ブレスレットの形をした静電気除去グッズなどがあります。

静電気防止スプレーを利用する

帯電しやすいウール素材のスーツやセーターなどには、あらかじめ静電気防止スプレーをしておくと、静電気が起こりにくくなります。特に、パンツの裾や太ももの部分、スカートの裾、スーツやセーターでは、カバンと摩擦する部分などにスプレーしておきましょう。

革素材の靴底の靴を履く

靴底が革素材であれば、地面に静電気を逃がしてくれます。

柔軟剤を使って洗濯する

柔軟剤の中には、静電気を防ぐ効果があるものがあります。ただ、ニオイが気になる人もいます。

ハンドクリームなどの保湿成分のあるものを使う

手が乾燥するなら、ハンドクリームなどで潤いを与えましょう。手に水分を補っておくことで、静電気を防ぐ効果があります。

部屋の中では加湿器を使う

部屋の空気が乾燥してしまうと、静電気が起こりやすくなるので、加湿器を使って湿度を上げておきましょう。風邪などの予防にもなるので、あると便利。

加湿器についての記事はこちら

加湿器の選び方 超音波式、スチーム式、気化式、ハイブリッド式のメリット&デメリット

加湿器の効果を活かすために部屋の広さ、場所、タイプで選んでみよう

まとめ

静電気は、ため込まないのが理想的ですが、溜まってしまったら、ご紹介したような逃し方で体の外へと逃がしましょう。不快な静電気は肩こり、免疫力の低下などの体調不良の原因になることもあるので・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加