ロードバイクのおすすめできる選び方 サイズや素材で走りやすさが変わる

近頃、ロードバイクの人気が高まっています。自然の中を気持ちよく走行するのは、気分も良いですし、運動になるのでダイエット効果も期待できます。ただし、初めてロードバイクに乗る人は、ロードバイクの選び方も大切。ロードバイクのサイズや素材でも走りやすさが変わるので、その違いをご紹介します。

ロードバイクのおすすめできる選び方

b1ad92eb685e6f4bd55145fd1c6177f5_s

初めてロードバイクを選ぶときには、デザイン、カラー、ブランドなどの他に、機能、素材なども考慮して選ぶことをおすすめします。また、自分の体のサイズに合っていないと乗り心地が良くなかったり、乗りにくかったりします。また、ペダルが別売のものがほとんど。ペダルにも、ビンディングやフラットのタイプがあるので、その辺りからご紹介していきます。

スポンサーリンク

ロードバイクのペダルの種類と違いで選ぶ

自転車と違い、ロードバイクには「フラットペダル」「トゥクリップ対応ペダル」「ビンディングペダル」などがあります。

フラットペダルは、自転車にも使用されている一般的なペダル。両面のどちらでも漕ぐ事ができるタイプのペダルです。

フラットペダルの良い点は、スニーカーやサンダルなどでも漕ぐことができ、価格も安いという部分。ロードバイクや自転車に乗っていて、横に倒れそうになっても、スグに足を地面について倒れないようにすることが出来ます。一方、良くない点では、足を下方向に動かす時だけ力が加わるので、効率が良くありません。また、足がペダルから外れやすいというデメリットもあります。

トゥクリップ対応ペダルとは、ペダルの先にトゥクリップというアタッチメントを取り付けることが出来るペダルのこと。トゥクリップをペダルに取り付けることにより、つま先が左右にブレにくくなり安定します。また、ペダルを下方向に踏む時と上方向にあげる時にも、足の力をペダルに伝えることができるので、効率がよいと言えます。※上方向にあげることを引き足と呼びます。

トゥクリップ対応ペダルの良い点は、一般的な運動靴などで漕ぐことが出来ます。また、ペダルと足が密着することにより、安定して漕ぐことが出来ます。一方、良くない点では、急にロードバイクを止めた時に足を外しにくいので、慣れないとコケてしまう可能性が高くなります。

最後にビンディングペダルなのですが、ビンディングペダルの場合には、専用のシューズが必要になります。ペダルとシューズを固定して使用するタイプなので、通常の運動靴などでは漕ぐことが出来ません。ただ、ビンディングペダルにも、片面だけがビンディングタイプの物もあるので、その場合には片面だけ運動靴などで漕ぐことができます。

ビンディングペダルの良い点は、足で漕ぐ力をロスすることなく、効率よくペダルに伝える事ができるということ。

一方、良くない点は、スグにペダルから足を外すことが難しいということです。また、ビンディングを使う際には、専用のシューズが必要になります。(片面ビンディングペダルの場合には、使い方によりメリット、デメリットが違います)

ロードバイクのギア数の違いで選ぶ

ロードバイクの機能の1つで、一般的な自転車と違い、変速ギアの数が多いことが挙げられます。前に2段のギア、後ろに9~11段のギアが付いていて、手元にあるシフティングレバー(ギアの変速をするためのもの)でギアチェンジを行います。ギアの数が多いと言うことは、より細かな変速が出来るので、状況に合わせて調節がしやすくなります。ロードバイクにより、ギアの数は違う場合があります。一般的には、前2段、後ろ9段または、前2段、後ろ10段です。

ロードバイクのホイール/リムの品質で選ぶ

ロードバイクに使われているホイール、リムには、アルミ製、カーボン製の素材があります。カーボン素材を使っているホイールは軽量なので、ロードバイクを漕ぎ始めたら短時間で速度をあげることができます。ただ、雨の日にブレーキの部分が濡れてしまうと、ブレーキの効きが極端に悪くなってしまいます。また、急な衝撃を与えてしまうと割れてしまう可能性があるので注意が必要です。

アルミ製のホイールの場合には、カーボン製のものよりも重量があるのですが、割れたりする心配はないので、初心者にはおすすめです。

ロードバイクのおすすめできるサイズの選び方

ロードバイクを選ぶ時に、とても重要なのがサイズの選び方。ロードバイクのサイズが体に合っていないと、効率よく力を伝えられなかったり、走行がしづらくなってしまいます。そこで、ロードバイクのサイズの選び方についてご紹介します。

ロードバイクでは、身長に合わせて、数種類のサイズから自分にピッタリのサイズを選ぶことが出来ます。サイズが決まったら、後は自分で乗ってみてベストなポジションを決め、それに合わせてハンドルやサドルを微調整します。

初心者や、初めてロードバイクを購入する人などは、自転車販売店で店員さんに相談しながら、実際に乗ってみて、乗りやすいベストなポジションを決めると良いでしょう。

下の動画で、実際にサドルやハンドルの微調整をしています。

ロードバイクのサイズ選び(ポジショニング)

動画の中では、サドルの高さが高いために、ペダルが一番下になった時に、つま先がスピードにもっていかれ、ペダルを踏んだ時に、力が十分に活かしきれていないということが言われています。

また、サドルとハンドルの高さのバランス調整では、ハンドルの高さが高いとリラックスできるが力は入りにくい、逆にハンドルの高さが低いとリラックスは出来ないけど、力が入りやすいのでレースや本気で走りたい時には向いています。

他にも空気圧のチェック、ハンドルの左右のズレのチェック、ネジの緩みのチェック、乗車後のメンテナンス(汚れの取り方、油のさしかた、フレームの掃除など)が紹介されているので、見ておくと役立つと思います。

ロードバイクのおすすめできる素材の選び方

ロードバイクのフレームやフロントフォークに使用されている素材には、カーボン、アルミ、クロモリなどがあります。そこで、それぞれの素材の特徴についてご紹介します。

ロードバイクの素材がカーボンの場合

カーボン素材のロードバイクは、軽いというメリットがあります。カーボン素材は、炭素繊維に強化プラスチックを熱処理して作られたもの。生産コストが高くなるので、販売価格も高くなってしまいます。

ただ、カーボン素材は急な強い衝撃に弱いので、倒すとひびが入ったりすることもあります。そして、そこから割れてくる可能性が高くなるのです。もし、ロードバイクにひびが入ってしまったら、修理に出すこともできますが、強度のバランスが悪くなってしまうことや、割れ方によっては、修理しても長持ちしない場合もあります。また、修理料金も高くなります。

カーボン素材のロードバイクの経験者なら良いですが、初心者がカーボン素材のロードバイクから始めるのは、ちょっと扱いが大変かもしれませんね。

ロードバイクの素材がアルミの場合

アルミ素材で作られているロードバイクは、カーボン素材のロードバイクよりも重さが重くなります。ただ、クロモリよりも軽量で、カーボン素材のロードバイクよりも扱いが簡単。価格もカーボン素材のロードバイクよりも安いです。初心者が、ロードバイクに乗り始めるならおすすめの素材と言えます。

ロードバイクの素材がクロモリの場合

クロモリとは、クローム・モリブデン鋼のこと。素材の特徴はしなりが良い、バネがあると言うことです。なので、地面からの衝撃を直接からだに伝えないので疲れにくいというメリットがあります。

また、外見の美しさもクロモリの特徴。重さが重いというデメリットはありますが、長時間ロードバイクに乗るなら疲れにくいというメリットも捨てがたいのではないでしょうか?この素材も初心者におすすめできます。

まとめ

ロードバイクのおすすめ出来る選び方は以上ですが、ロードバイクの初心者や経験者などで選び方も変わります。初心者は、スピードよりも、まずはロードバイクに慣れることを優先してみてはいかがでしょうか。ある程度ロードバイクの扱いに慣れてきたら、カーボン素材のロードバイクに挑戦してみるのも良いと思います。経験者は、自分に合ったロードバイクを見つけることが出来ると思うので、問題ないと思いますけど。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加