冷蔵庫の選び方 サイズ・機能・保存する物別に分けてご紹介!

冷蔵庫を購入する前に、どこに注意して選べば良いのか迷った事はありませんか?

家族で使う場合や、1人で使う場合などにはサイズ選びが大切です。

そこで、冷蔵庫の選び方として、サイズ、機能、保存する物などに分けてご紹介します。

それぞれの食品に最適な保存場所も紹介していきます。

冷蔵庫の選び方 サイズ

冷蔵庫の選び方で気になるのが、サイズの選び方。人数と冷蔵庫のサイズについてご紹介します。

1人~2人用・・・100L~200L程度のサイズ。

1人暮らしの場合には、200L程度でも十分だと思います。あまり、大きくなってしまうと、場所をとってしまうので、コンパクトサイズの1ドア、2ドア冷蔵庫がオススメ。料理の好きな方や、いろんな食材を最適な状態で保存したいならもっと大きめの冷蔵庫でも良いと思います。

2人~3人用・・・300L~400L程度のサイズ。

シンプルであまり大きくないサイズの冷蔵庫が便利。最近では、マンションなどに設置しやすいように省スペース対応の冷蔵庫があります。

3人~4人用・・・400L~450L程度のサイズ。

収納性も良くなり、多機能に。

4人~6人用・・・450L~のサイズ。

鮮度保持や除菌能力、収納力のある冷蔵庫です。

スポンサーリンク

冷蔵庫の選び方 機能

冷蔵庫の選び方の1つに機能があります。どのような機能があるのかまとめてみました。

冷蔵庫の扉の種類

冷蔵庫の扉の開け方についてご紹介!

◯片開きドア

右開きは右側のみ、左開きは左側のみ開きます。小型の冷蔵庫に多く、右利きと左利きで使いやすい方を選びましょう。

◯フレンチドア/観音開き

ドアが中心から左右に開きます。

◯両開きドア

左右のどちら側からでも扉を開く事が出来ます。

冷却方式

◯直冷式

コンプレッサーを使用した冷却方式。霜がつく事があります。

◯ファン式

ファンの音はありますが、冷凍庫の霜取りは不要です。

真空チルド

日立の独自機能で、真空で鮮度、栄養を守る機能。最近は、真空チルドiでさらに進化しています。

エコナビ運転

パナソニック独自の機能。ムダを見つけて節電を自動でしてくれる賢い機能。省エネを考えた機能です。

プラズマクラスター

シャープの独自機能。ニオイの粒子を分解してくれるプラズマクラスター。庫内のカビ菌の除菌、ニオイの脱臭に効果的。

ナノイー

パナソニックの機能。庫内の菌の除菌が出来る。

各メーカーの特徴

パナソニック⇒http://panasonic.jp/reizo/function/

日立⇒http://kadenfan.hitachi.co.jp/rei/

シャープ⇒http://www.sharp.co.jp/reizo/

三菱⇒http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/

東芝⇒http://www.toshiba.co.jp/living/refrigerators/index_j.htm

冷蔵庫の選び方 保存する物と場所

最近の冷蔵庫は、いろんな温度で保存出来るようなものがたくさん。そこで、冷蔵庫に入れる物と最適な保存場所をご紹介します。

冷凍室(-18℃)

長期保存したい肉、魚介類、調理済みの食品、野菜類などを保存します。アイスクリームなども。

冷凍室のドアポケット(-16℃)

日本茶、コーヒー豆、紅茶、乾物などを湿気を防ぐために保存します。しっかりと密封して空気を入れないようにします。また、食パンなどの油脂分の多いパンも同じように冷凍保存すると美味しく食べることが出来ます。

冷蔵室(+4℃)

冷蔵室は、食べる前にちょっと冷やしておきたいサラダ、果物、漬物、開封した調味料、残り物などの短期間の保存に利用します。

冷蔵室のドアポケット(+6℃)

卵、牛乳、ジュースなどの飲料。マヨネーズやケチャップなどのチューブに入った調味料もココに入れて保存します。

チルド(0℃)

ジャム、バター、チーズ、ハム、ウィンナー、納豆、豆腐、練り製品、干物などの保存に利用します。

パーシャル(-3℃)

生肉、ブロック肉、切り身、刺し身などの保存に利用します。

野菜室(+6℃)

かぼちゃ、芋類、玉ねぎ、ごぼう以外の野菜の保存に利用します。(切った野菜は冷蔵)また、熱帯産の果物以外の果物の保存に利用。

まとめ

食材にはそれぞれ適している保存方法があります。最適な保存方法で保存した後に、美味しく食べましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加