アウトドア用テーブルの選び方 使いやすい、初心者におすすめのものとは?

休日には、家族、友人などと一緒にアウトドアで楽しむという人もいるでしょう。また、これからアウトドアで楽しみたいという人もきっといるはず。そこで、アウトドア用のテーブルの選び方をご紹介します。アウトドアの経験者が困った事などを参考にして、使いやすく持ち運びに便利なテーブルをご紹介します。アウトドア用なので、キャンプの他に、花見、運動会などにも使えて便利です。

アウトドア用テーブルの選び方

c48706e9b627d7a7fe476182445c2087_s

アウトドアで使うテーブルは、サイズ、携帯性の良さ、耐久性などがあります。初めてキャンプをする人は、どのようなテーブルがあり、どこに注意して選ぶと良いのかわからないこともあるのではないでしょうか?

そこで、実際にキャンプなどアウトドアでテーブルを使った人が経験して困った事などを参考に、おすすめのテーブルの選び方についてご紹介します。買ってから後悔するよりも、買う前に知っておくと、お気に入りのテーブルを見つけることができると思います。

スポンサーリンク

使いやすいアウトドア用のテーブルとは?

アウトドア用のテーブルには、使いやすいものとそうでないものがあります。では、どのようなテーブルが使いやすいのか、体験した人の話からご紹介します。

折りたたみ式テーブル

アウトドア用のテーブルは折りたたみ式が便利。テーブルの足の部分が折りたためるだけではなく、テーブルの部分が2つに折りたためるものもあります。また、テーブル部分の中に足を収納し、簡単に持ち運びが出来るものもあります。

テーブルとイスがセット

アウトドアでは、テーブルとイスの高さが合わないと言うことも考えられます。そこで、テーブルとイスをセットで持ち運び出来るものが便利。楽天市場などで、アウトドアテーブルとして売られています。もちろん折りたたみ式なので、イスとテーブルを一緒にコンパクトに収納して持ち運び出来ます。

耐熱性のある天板

アウトドア用のテーブルに使われている天板が、耐熱性のあるものは使いやすくて便利です。熱いやかん、熱い鍋などを置くこともあるので、耐熱性のあるものはおすすめです。アルミ製の天板なら軽くて丈夫。

サイズで選ぶ

何人ぐらいでテーブルを使用するのか、またどれくらいの数の食器や調理器具を乗せるのかによって、テーブルのサイズを決めなければなりません。縦横の長さが120cm×60cmぐらいなら、4~6人位で使用できます。

高さ調節ができるテーブル

アウトドアで使うテーブルなら、高さ調節ができるものが便利。イスとセットで販売されていないものであれば、テーブルの高さ調節ができると他のイスと高さを合わせる時に便利です。アウトドアで使うイスは、ゆったりくつろぐならコールマンの折りたたみ式リクライニングチェア(6.500円程度)などが良いと思いますが、食事などで使うイスは、比較的かっちりとしたイスの方が相性が良いです。

また、低いテーブルなら、イスなしで地面にそのままシートなどを敷いて座るのも良いでしょう。イスが必要ないので、荷物の量を減らすことが出来ます。

テーブルは大きめ、イスはおしりが沈まないもの

アウトドアのテーブルを選ぶときには、たくさん乗せられるので大きめの方が便利。

アウトドア用のイスの座面は、布張りではない物のほうがおすすめ。布張りのイスは、座ると座面がへこみ、お腹を曲げないとテーブルに近づけません。また、テーブルに近づけると、席をたつ時などに肘掛けが邪魔になってしまいます。※これは実際に、体験して困ったという人のお話をご紹介しました。

初心者におすすめのアウトドア用テーブル

使いやすいアウトドア用テーブルでご紹介したような条件でおすすめのアウトドア用テーブルを3種類ご紹介します。

1、コールマン イージーロール2ステージテーブル/110

コールマンのイージーロール2ステージテーブル/110は、掃除やお手入れが簡単なアウトドア用のテーブル。天板、フレームともにアルミ製。錆びにくく、軽くて持ち運び便利。天板のサイズは、約112cm×70cm、テーブルの高さは約70cmと約30cmの2段階に調節可能。耐荷重は約30kg。収納ケース付き。

2、コールマン フォールディングBBQテーブル 170-7690

コールマンのフォールディングBBQテーブル 170-7690は、テーブルの中央部分に穴が開いていて、グリルを配置出来るという特徴があります。テーブルの真ん中で肉、野菜などを焼きながら、メラミン加工の天板の上にお皿を置いて、出来上がった肉、野菜などを取り分け出来ます。バーベキューを簡単に出来るアウトドア用のテーブルを探している人にはおすすめです。風対策をしたコンロと合わせて使うのがおすすめ。天板のサイズは、約110cm×80cm。高さは、30cmと70cmの2段階調節可能。天板の耐荷重は約30kg、バーベキューラックの耐荷重は約10kg。折りたたみ式で収納ケース付き。

3、山善 キャンパスコレクション ユニシステーブルセット4 (SYS-4)

テーブルとベンチ2脚がセットになったキャンプ用品。テーブルの高さが78.5cm、67cm、47.5cm、36cmと4段階に調節できます。材質はアルミ製。折りたたみ式で持ち運び簡単。天板のサイズは91.5cm×66.5cm。

まとめ

アウトドアでテーブルとチェアを使った人の体験談では、イスとテーブルの高さが合わなくて困った、天板がメラミン加工されているものを濡れたままにしておいたら、翌朝に反りが出ていたという話もありました。もし天板がメラミン加工されているのなら、使った後に、乾いた布などで拭き取っておくと良いでしょう。

テーブルを選ぶときには、使用人数からサイズを決めて、材質、収納のしやすさ、お手入れのしやすさ、高さ調節、グリル配置などでお気に入りを探してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加