大掃除のやり方 換気扇・キッチン・部屋はどうする?

年末になると、大掃除をする事もあると思います。

「どうすればキレイに掃除出来るのか」、また、「効果的な掃除のやり方はあるのか?」など疑問に思っている人もいるかも知れません。

そこで、大掃除のやり方を換気扇、キッチン、部屋に分けてご紹介します。

掃除が苦手な方も掃除のやり方や順番がわかるので、大掃除に役立つと思います。

大掃除のやり方 換気扇

換気扇の汚れはなかなか落ちにくいものだと思っている人も多いのかも?

実は、意外とカンタンに換気扇の油汚れを落とす方法があるのです。

使う物や使い方がいくつかあるので、動画ありでご紹介します。

「これは良さそう!」って思った方法で換気扇の油汚れを落としちゃいましょう。

換気扇の掃除を始める前に、ゴム手袋、新聞紙、ボロ布、バケツなどを用意しておくと手も汚れず、周りも汚さずに掃除出来ます。

スポンサーリンク

小麦粉を使う

小麦粉は料理やお菓子を作るために使うので、買いに行かなくても家にある場合がほとんど。

使い方は、換気扇を外して、油汚れのヒドイ部分に振りかけて30分程度そのままにしておきます。

小麦粉が馴染んできた頃に、ボロ布などを使って拭き取り、洗剤で洗います。

小麦粉を使ったもう1つの方法は、小麦粉、またはタンサンをふりかけます。

そして、しばらくそのままにした後に、作業用の手袋をしてこすります。

すると、ボロボロとむけるので、後は水で流します。洗剤や汚れた油が飛び散る事がない所も良いと思います。

重曹を使う

重曹を使う時には、換気扇の羽、カバーなどにお湯をかけた後に、スポンジやアクリルたわしなどで拭き取ります。

また、小麦粉と同じように直接ふりかけた後に拭き取ります。

敏感肌の方は、洗剤がNGという事もあるので、重曹を使っている方もいます。

電解アルカリ水

酸性の油汚れなどに使うと効果的。

逆に、アルカリ性の汚れの落としには不向きです。原液で使用する時には、手荒れを防ぐためにゴム手袋をしましょう。

石鹸

無添加の石鹸がおすすめ。

アルカリ性なので、油汚れやタンパク質には効果的。粉石けん(炭酸塩入り)に熱湯をかけてトロトロになるまで混ぜた後に冷まします。

その後に、換気扇にぬってペーパータオルなどでパックします。さらその上からトロトロ石鹸を足し、2.3時間おいた後にペーパータオルを剥がし、アクリルたわし、スポンジなどで擦ります。

換気扇の掃除(動画)

換気扇大掃除(完全マニュアル)

大掃除のやり方 キッチン

掃除の順番は上から下へと行うのがホコリがや汚れが落ちても後で掃除できるのでおすすめ。キッチンの掃除も換気扇などの高い所にあるものから始めると良いです。

大掃除なので、後で忘れないように、普段あまり掃除をしない、目に止まりにくい場所から始めるのも良いと思います。

市販の洗剤でも良いのですが、手荒れの心配のない重曹を使うと便利です。手荒れの心配がある方が市販の洗剤を使う時には手袋をすることをオススメします。

シンクには重曹を使う

重曹は粒子が細かく、傷つきにくいのが特徴。シンクに重曹をふってからスポンジを濡らして磨くとキレイになります。その後に、お湯で流すと排水口の掃除にもなります。それでも汚れが落ちにくい場合には、排水口のフタをしてお湯をため、重曹に対して半分程度のお酢を入れます。すると重曹が泡立つので排水口のフタを開けて流します。シンクを重曹だけで磨いた後に、お酢をつけたスポンジをお湯で濡らして拭くとさらに効果もアップします。

継ぎ目は歯ブラシなどを使う

シンク、カウンター、壁などの継ぎ目にはカビが発生しやすいものです。そんな時には、割り箸の先に布を巻き、台所用洗剤を染み込ませてカビの上に塗ります。そのまま放置した後、しばらくしてから水拭き⇒から拭きの順に仕上げます。また、古い歯ブラシに重曹をつけて磨いた後にしっかりとすすいだ後に、から拭きするという方法もあります。

スポンサーリンク

キッチンの壁の掃除

キッチンの壁の汚れの殆どは油汚れ。酸性の油汚れを落とすためには、アルカリ性の重曹水が便利。重曹を水で薄めてスプレーした後に、濡れた布で拭き取ります。スプレーした後に、少し放置してから拭き取ると汚れが落ちやすくなります。

壁にステンレスを使っている場合には、台所用中性洗剤をスポンジにつけて擦った後に、ぬるま湯につけて絞った布で洗剤を拭きとった後にから拭きします。壁にタイルを使っている場合には、キッチンペーパーなどを当てて、その上から重曹を水で薄めたものや、弱アルカリ性の洗剤を吹付けます。そのまま放置した後に汚れが浮いてきたらスポンジなどで擦って落とします。

ガスコンロの掃除

油汚れがひどいのは換気扇とガスコンロ。ガスコンロの掃除も換気扇と同じように油汚れが殆どなので、重曹を使って掃除すればキレイになります。っと、その前に、ガスコンロの元栓は閉めておきましょう。また、ガスコンロを使ったすぐ後は熱いので火傷の恐れがあります。

ガスコンロの焦げつきを落とす場合には、アルミホイルを丸めて液体クレンザーをつけてこすります。ガスコンロの説明書などで、アルミホイルでこすっても良いのか確認しておきましょう。

その他、詳細はこちらのページで紹介されています。⇒http://www.toto.co.jp/water/kitchen/

大掃除のやり方 部屋

大掃除で部屋を掃除する時には、掃除用具とその他にいくつかあると便利なものがあるので用意しておくと良いでしょう。

・雑巾、バケツ。

・掃除機。

・ゴミ袋。

・マスク。(ホコリを吸い込まないため)

・紐&はさみ。(雑誌や新聞紙などを縛るため)

・ダンボール&ガムテープ(普段あまり使わないものを整理しておくため)

・貴重品入れ。(掃除中に見つかった貴重品を入れておくため)

大掃除の順番

①部屋の窓を全開に。

ホコリがたつので空気の入れ替えのために部屋の窓を全開にします。

②電源コードを抜く。

テレビやレコーダーなどの電源コードをコンセントから抜いておくと掃除機をかけるときに邪魔にならないですし、掃除に集中出来ます。※当たり前ですが、録画などの予定がある場合には、レコーダーの電源コードを抜くと、録画できません。

③部屋のゴミを分けてゴミ袋に入れ、外に出す。

④大きな物は部屋の外に出す。

掃除の際に邪魔になる大きな家電製品などは、予め部屋の外に出しておくと掃除がカンタンになります。

⑤いるものといらないものを分け、ダンボールへ。

ココが難しい所ですが、掃除していると懐かしい物が出てきたり、CDなどを聴きたくなったりすることがあります。

そこは我慢して、必要なものといらないものを分けましょう。どれが必要か不要か悩んでしまうのですが、そこは思いきって分けちゃいましょう。

貴重な物が見つかることもあるかもしれないので、そんな時には、貴重品入れなどに入れておきましょう。ダンボールには、中に何が入っているのか紙に書いて貼っておくと良いです。

⑥天井から掃除する。

ホコリが下に落ちるので、天井から掃除を始めます。照明器具に溜まったホコリを雑巾で拭いたり、壁の拭き掃除などをします。窓の掃除もしておきましょう。

⑦掃除機をかける。

天井や壁の拭き掃除が終わったら、掃除機で床のゴミを掃除します。その後に、雑巾がけするとさらにキレイになります。

⑧外にある家電などの拭き掃除。

1度外に出した家電製品にもホコリが溜まっている事も。家の中に入れる前に、出来れば外で拭き掃除すると、部屋にホコリを入れずに掃除出来ます。

⑨外に出した物を家の中へ。

外に出した家電製品とゴミ袋を家の中に入れます。ゴミは、ゴミの日にしか出せないものもあるので、ゴミ袋のまま家の中に入れておき、ゴミの日に出します。

⑩電源コードを入れて窓を閉める。

大掃除といえば12月なので沖縄県などを除いては寒いはず。なので、大掃除が終わったら窓を閉めましょう。
まとめ
大掃除も何から手を付けたら良いのかわからないという事もあると思います。大掃除のやり方がわかってしまえば後はやる気だけ。部屋をキレイにして気分もスッキリしてみませんか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加