お盆のお墓参りの時期や服装とお供え物について

お盆には、先祖のお墓参りをして先祖の霊を供養します。お盆は地域によって時期に違いがあります。服装やお供え物などについても疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、お盆のお墓参りの時期、服装、お供え物などについてご紹介していきましょう。

お盆のお墓参りの時期

ka

毎年、お盆になると、実家などへの帰省客で新幹線や飛行機などもとても混雑します。

また、高速道路も「◯◯キロにわたって渋滞しています」などのニュースを見ることもあるでしょう。

お盆にお墓参りする時期は、そんなことから8月の中旬(13日~16日頃)だと思っている人も多いのかもしれません。

あなたはどうですか?

お盆は、606年7月15日、推古天皇が斎会(僧侶や尼を招き、斎食を施す法会)を行ったのが最初だとされています。

なので、お盆は7月の15日を中心として、7月の13日~16日頃に行われているのが一般的でした。

ただ、最近は、1ヶ月遅れて8月にお盆のお墓参りをする人が増えています。

また、お盆の時期は地域にもよって違います。

例えば、南関東地域、東京都、函館などでは7月15日を中心として、7月13日~7月16日の期間がお盆の時期となっています。

スポンサーリンク

お盆にお墓参りする時の服装

お盆に親戚や家族と一緒にお墓参りすることもあるでしょう。

その時に、ふさわしい服装はあるのでしょうか?

実は、服装に決まりはなく、あまり派手ではないものが良いとされています。

お盆にお墓参りする時のお供え物

ha

お盆のお墓参りにお供え物をします。

何がふさわしいのかと言いますと、季節の果物、故人の好きだったものなどが良いです。

お供え物をお墓に置くときには、紙にのせて供えるようにします。

また、お盆には仏壇の前に盆棚を作ります。

13日の朝に作り、17日の朝に片付けるのですが、その上にお供え物をするときには、先祖が乗るための馬をきゅうりで作り、荷物を積む牛をなすで作ります。

なす、きゅうりを片付けるときは、川や海に流したり、土に埋めたりします。

お墓参りには、お供え物の他に掃除用具などを持参してお墓を掃除します。

また、お参りに必要なものなどもあるので、まとめてみました。

・掃除用具(軍手などの手袋、歯ブラシ、雑巾、たわし、ゴミ袋、柄杓、手桶など)

お墓のまわりに草が生えていたり、石があったりしたら、軍手などを使って草むしりをしたり、石を片付けたりします。

掃除する時に、手が汚れないのであると便利です。

歯ブラシや雑巾、たわしなどは、水を使って墓石を掃除する時に使用します。

・生花、花バサミ

生花を供える時に、花バサミで長さを調節します。

また、不要な枝を切ったり、キレイに形を整える時に花バサミを使用します。

・線香、ろうそく、マッチ・ライター、数珠

お墓をお参りする時に必要なものです。

お墓参りの基本作法

お墓参りする時の基本的な作法について動画をご紹介します。

まとめ

お盆のお墓参りの時期、服装、お供え物についてご紹介しました。

参考になればと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加