入学祝いで小学校なら相場はいくら?あげる時期や表書きについて

4月になると、新しい年度が始まり、小学校や中学校、高校などの入学式が行われます。

小学校に入学する子供さんのために、入学祝いをあげるご両親や祖父母の方もいらっしゃるでしょう。

また、甥や姪などに入学祝いをあげる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、小学校の入学祝いの相場、あげる時期、表書きについてご紹介します。

金額の決まりなどはありませんが、もしよろしければ、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

入学祝い 小学校の相場はいくら

小学校に入学する子供さんへの入学祝いの相場は、3千円~5千円ぐらいです。

ただし、あくまでも相場なので、必ずこの金額にしなければならないという決まりはありません。

贈る方が、両親や祖父母ならちょっと多め(5千円~1万円ぐらい)にあげても良いでしょうし、贈る相手が友人の子供さんなら、3千円ぐらいでも良いと思います。

また、小学校に入学するのが、甥や姪なら5千円ぐらいでも良いのではないでしょうか。

入学祝いの相場は、小学校に入学する子供さんとの間柄や、親しさによっても違います。

小学校の入学祝いをあげる時期

小学校に入学する子供さんへの入学祝いをあげる時期は、3月の中旬~下旬頃が人気です。

贈る相手が、甥や姪の場合、また友人の子供さんなどの間柄なら、遅くても入学式の1週間前ぐらいにあげておくのが良いでしょう。

入学式の前はいろいろと忙しいこともありますので、早めのほうが良いでしょう。

入学祝いを贈る相手が自分の子供や孫なら、入学式の当日でも良いです。

小学校の入学祝いをあげる時期も、新入学する子供さんとの間柄で考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

小学校の入学祝いの表書き

小学校の入学祝いの祝儀袋の表書き(現金を入れる場合)についてご紹介します。

書く場合には、毛筆が良いのですが、難しい場合には筆ペンでも良いでしょう。

この時に、濃い黒色で書くようにしましょう。

薄い黒色で書くのは、お悔やみごとの場合になります。

小学校の入学祝いの表書き 上の段

一般的な入学祝いの表書きは、水引より上側に「祝御入学」「御入学祝」「入学御祝」などと書きます。

ただ、入学祝いをあげるのが、息子さんや娘さん、お孫さん等の場合には、「入学おめでとう」などと親しみを込めて書くのも良いでしょう。

また、あげる相手が小学生なので、「ご入学祝」と書くと、ちょっとだけ堅苦しい印象がなくなって良いのかもしれませんね。

小学校の入学祝い 下の段

下の段には、氏名を書きます。

個人なら真ん中に、上の段の表書きよりも小さめの字で書きます。

夫婦なら右側に夫の氏名、左側に妻の氏名を書きます。

右側に夫の氏名、左側に妻の名前でも良いです。

小学校の入学祝い のし袋の選び方

小学校の入学祝いに使うのし袋の選び方をご紹介します。

のし袋は、中に入れる金額によって選ぶようにしましょう。

1万円以下のお札を包む場合には、紅白の水引が印刷されているものにしましょう。

2~3万円のお札を包む場合には、水引がついているのし袋を選ぶようにしましょう。

小学校の入学祝い 水引の選び方

小学校の入学祝いで、水引の選び方として、水引の色と結び方をご紹介します。

水引の色

まず間違える人はいないと思いますが、水引の色は紅白にします。

おめでたいことなので、紅白にしましょう。

水引の結び方

水引には、結びきりと蝶結びがあります。

1度だけにしたい結婚などの場合には、結びきりを使いますが、何度あっても良いおめでたいことなら蝶結びを使います。

なので、小学校の入学祝いは蝶結びにします。

小学校入学、小学校卒業、中学校入学、中学校卒業、高校入学、高校卒業、大学入学、大学卒業などでも蝶結びを使います。

小学校の入学祝い 包み方

入学祝いののし袋にも包み方があります。

お金を入れた後に、外袋の上側と下側のどちらを上にして包みますか?

小学校の入学祝いのようなおめでたいことの場合には、外袋の上側を折り、その後に下側を上にかぶせるように折りたたみます。

なので、下側が上になるように包みます。

お悔やみごとの場合には、その逆に折りたたむようにします。

お金を入れ、下側を折りたたみ、その後に上側を折りたたむようにします。

小学校の入学祝い のし袋(内袋)の書き方

のし袋には、外側用の外袋と、お金を入れて外袋の中に包む内袋があります。

内袋の書き方は、表に金額、裏の左側下の方に、住所と名前を書きます。

内袋の裏側に金額の記入欄がある場合には、そこに金額を記入し、表側の左下側の方に住所と名前を書きます。

まとめ

「入学祝いで小学校なら相場はいくら?あげる時期や表書きについて」ということでご紹介しました。

相場は、3千円~5千円、あげる時期は3月中旬~下旬、遅くても入学式の1週間前までが良いということでした。

表書きは「御入学祝」などいろいろ。

おめでたいことなので、入学祝いを贈る時には、忘れないようにしたいものですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加