耳鳴り、難聴の原因とは?キーン、ジーという不快な音への対策法

キーンとかジーとかいう耳鳴りや難聴は困ります。

何もせずにそのままでも治ることもありますが、長く続くと、早く治したいと思うもの。

耳鳴りや難聴の原因や対策法が気になるのではないでしょうか?

そこで、耳鳴り、難聴の原因とは?キーン、ジーという不快な音への対策法についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

耳鳴り、難聴の原因とは?

耳鳴りや難聴の原因は、2つあります。

1つ目は「内耳の血流不足」で、2つ目は「自律神経のバランスの乱れ」になります。

では、詳しく紹介していきましょう。

耳鳴り、難聴の原因その1 内耳の血流不足

耳鳴りや難聴の原因は、内耳の血流不足。

耳には、たくさんの毛細血管が集まっています。

特に、音を感じ取る「内耳」の血流が不足してしまうと、栄養や酸素が届かなくなり、充分な働きが出来なくなってしまいます。

その結果、耳鳴りや難聴を引き起こしてしまうのです。

また、加齢などで耳に血栓や塞栓が起こると血流不足になり、耳鳴りや難聴になることがあります。

耳鳴り、難聴の原因その2 自律神経のバランスの乱れ

耳鳴り、難聴の原因は、自律神経のバランスが乱れてしまうということも挙げられます。

女性の耳鳴り、難聴は、自律神経のバランスが乱れることで起こる事があります。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌は、更年期に減少していきます。

すると、自律神経に影響を及ぼし、耳鳴りや難聴を引き起こしてしまう事があるのです。

更年期には、夫の退職や親の介護などで、ストレスも溜まりやすい時期だと言えるでしょう。

ストレスは、自律神経のバランスも乱してしまうので、耳鳴りや難聴の原因にもなると言われています。

耳鳴り、難聴の原因その3 加齢

上の画像は聴力レベル(dB)と周波数(Hz)を年齢別にグラフにしたものです。

聴力レベルの数値が大きくなるほど、大きな音でなければ聞こえないということになります。

年齢が高くなるにつれて、周波数が高い音ほど聞こえにくくなっています。

日本人で、耳鳴りや難聴で悩んでいる人は、全年齢で約5人に1人なのですが、65歳以上になると、約3人に1人が耳鳴りや難聴で悩んでいるということでした。

スポンサーリンク

耳鳴り、難聴のキーン、ジーという不快な音への対策法

耳鳴り、難聴のキーンとか、ジーという不快な音への対策法は、内耳周辺の血流不足の改善や自律神経の調整をすることが大切です。

内耳周辺の血流不足の改善

内耳周辺の血流不足の改善方法は、耳に良い栄養素を摂取することです。

そこで、耳の毛細血管の血流の改善が期待できる食品、さらに血流不足の改善法をご紹介します。

◯蜂の子

蜂の子(ミツバチのさなぎ)には、人の体内で合成できない必須アミノ酸やタンパク質、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

蜂の子は、リンパの流れを促進し、血行を改善する働きがあるので、耳の毛細血管を血流を改善できます。

◯ガムを噛む

ガムを噛むと、顎の周りの筋肉を動かします。

すると、耳の周りにある筋肉も動き、耳の周りの血液循環が良くなり、耳鳴りや難聴が改善されたという報告もあります。

自律神経の調整

加齢、ストレスなどが原因で耳鳴りや難聴になってしまった場合には、自律神経を整える必要があります。

加齢、ストレスなどで副交感神経の活動が低下したら、食品で栄養を摂取したり、生活の中で副交感神経を優位にするようにしましょう。

では、どうすれば自律神経を調整することができるのかご紹介します。

食品の摂取で自律神経を整える

◯ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、タンパク質、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

ローヤルゼリーには、ホルモンバランスを調整し、副交感神経を刺激し、自律神経を整える働きがあります。

◯食物繊維が多い食品

腸の働きが活発になると副交感神経が優位になります。

腸で食べ物が移動している時には副交感神経が優位になるので、その時間が長くなるほど副交感神経が働いている時間が長くなり、自律神経を整えることにつながります。

昆布、わかめ、もずくなどの海藻類、きのこ類、納豆などの水溶性の食物繊維は便秘にも良いとされています。

◯発酵食品

ヨーグルト、納豆、漬物などの発酵食品は、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

ギャバという神経を鎮めてくれる神経伝達物質が、発酵食品に含まれているのです。

生活の中で副交感神経を優位にする

◯深呼吸

緊張している時に、「落ち着いてゆっくりと深呼吸しましょう」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか?

緊張している時には、交感神経が優位になり呼吸が浅くなっています。

そこで、副交感神経とのバランスを整えるために深呼吸をするのです。

深呼吸には自律神経を整える働きがあるのです。

◯アロマテラピー

植物から抽出した香り成分のエッセンシャルオイルを嗅ぐと、リラックス効果を期待できます。

リラックスすることで、副交感神経が優位になり、自律神経を整えることにつながります。

◯半身浴

お風呂でゆっくりと半身浴をすることで、リラックス効果が得られるでしょう。

このときに、お風呂の温度はぬるめ(37℃~39℃ぐらい)が良いです。

まとめ

「耳鳴り、難聴の原因とは?キーン、ジーという不快な音への対策法」という内容でご紹介しました。

もし、耳鳴りや難聴を感じたら試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加