みかんは便秘の解消に効果的!?ビタミンCやカロリーはどれくらい?

冬になると、みかんが美味しくなる季節。

より美味しく食べたいのなら、色が濃いみかんや傷があるみかんを選ぶと、甘くて美味しいと言われています。

では、ビタミンC、食物繊維、カロリーはどれくらいなのでしょうか?

そこで、みかんは便秘の解消に効果的!?ビタミンCやカロリーはどれくらい?という内容でご紹介していきます。

スポンサーリンク

みかんは便秘の解消に効果的!?

みかんは、便秘の解消に効果的なのでしょうか?

実は、みかんをたくさん食べると便秘の解消に効果を期待できます。

では、たくさんとはどれくらいの量なのでしょうか?

では、早速ご紹介していきましょう。

便秘の解消と言えば食物繊維。

温州みかんには、水溶性食物繊維が100gあたり0.2g~0.5g含まれています。

※Mサイズのみかんの重さが1個100g~120g程度。

レタスで100gあたり1.1g(水溶性食物繊維0.1g、不溶性食物繊維1g)なので、みかんはそれよりも食物繊維が少ないということになります。

日本人の食事摂取基準(2015 年版)では、成人女性が1日に必要な食物繊維は18g、成人男性では20gと発表しているので、みかん100gあたり食物繊維が0.5g含まれていたとしても、女性で36個、男性なら40個食べる必要があります。

なので、みかんが便秘の解消に効果がないわけではありませんが、かなりの量を食べなければ、便秘の解消に効果的とは言えませんね。

他の食材、食べ物で水溶性食物繊維の量を知りたいあなたはこちらでチェックできます。

水溶性食物繊維

ただし、みかんには、他にもビタミンCなどの栄養素も含まれています。

ここで、みかんの細かい部分の名前と、どの部分にどれくらいの水溶性食物繊維が含まれているのか、画像と合わせてご紹介します。

じょうのう

みかんの果肉が入っている袋の部分をじょうのう、または薄皮と言います。

みかんのじょうのうで、早生には水溶性食物繊維が100gあたり0.3g、普通では0.5g含まれています。

砂じょう

砂じょうとは、つぶつぶの果肉の部分です。

みかんの砂じょうで、早生には水溶性食物繊維が100gあたり0.2g、普通でも0.2g含まれています。

維管束(いかんそく)

維管束とは、じょうのうの回りについている白い筋の部分の呼び名です。

維管束は、水分、栄養分などを末端まで運ぶ役割をします。

維管束にも食物繊維が含まれていると言われています。

油胞(ゆほう)

油胞とは、みかんの皮の表面にあるつぶつぶのことです。

このつぶつぶのサイズが小さくて数が多いものが、美味しいみかんが多いと言われています。

油胞には、リモネンが含まれていて、ハエ、蚊、ゴキブリなどの害虫を寄せ付けない効果があります。

また、界面活性剤が含まれているため、台所用洗剤にも使用されています。

人間へのメリットとしては、ダイエット効果、免疫力アップ、リラックス効果、抜け毛防止、ガンの予防などがあると言われています。

アルベド

上の画像にあるように、ワタのようなものがみかんの皮の裏側にあります。

これがアルベド(中果皮)です。

ちなみに、外側のオレンジ色の部分はフラベド(外果皮)と呼ばれています。

漢方薬でみかんの皮を乾燥して刻んだものを陳皮(ちんぴ)と言います。

果心

果心(かしん)とは、みかんの中心にある白い部分の名前になります。

スポンサーリンク

みかんに含まれているビタミンCはどれくらい?

みかんに含まれているビタミンCは、砂じょうやじょうのうによって違います。

温州みかん100gあたりの砂じょうとじょうのうに含まれているビタミンCの量をご紹介します。

温州みかんのじょうのう(早生)に含まれているビタミンC・・・35mg

温州みかんのじょうのう(普通)に含まれているビタミンC・・・32mg

温州みかんの砂じょう(早生)に含まれているビタミンC・・・35mg

温州みかんの砂じょう(普通)に含まれているビタミンC・・・33mg

日本人の食事摂取基準(2015年版)の、ビタミンCの食事摂取基準によると、推奨量が成人女性、男性とも1日あたり100mgとなっています。

1個100gのみかんを3個食べると、1日の推奨量を摂取できます。

3個なら食べられますよね。

みかんに含まれているカロリーはどれくらい?

みかんに含まれているカロリーもじょうのうと砂じょうによって違います。

温州みかんのじょうのう(早生)100gあたりのカロリー・・・44.9kcal

温州みかんのじょうのう(普通)100gあたりのカロリー・・・45.9kcal

温州みかんの砂じょう(早生)100gあたりのカロリー・・・43kcal

温州みかんの砂じょう(普通)100gあたりのカロリー・・・44.9kcal

では最後に、みかんのへたで中に入っている実(果肉の粒)の数を知る方法と、みかんの白い筋の維管束をきれいに取る方法をご紹介します。

みかんのヘタで中に入っている実(果肉の粒)の数を知る方法

上の画像は、みかんのヘタを取ったあとの画像です。

白い細かいのが12個あります。

そのみかんを剥いてみたのが下の画像です。

気になったら試してみて下さいね。

みかんの白い筋である維管束をきれいに取る方法

みかんの維管束をきれいに取るには、みかんのヘタではない方の皮をむき、上の画像のようにして、1粒ずつ果肉の下側(ヘタについている側)から果肉を引っ張って皮から外すと、きれいに維管束を取り除くことができます。

まとめ

「みかんは便秘の解消に効果的!?ビタミンCやカロリーはどれくらい?」という内容でご紹介しました。

みかんから、1日に必要な食物繊維を摂取するのは大変。

サプリメントなども利用してみてはいかがでしょうか?

ビタミンCは水溶性なので、まとめて摂っても流れて体外に排泄されてしまいます。

身体の中に蓄えておくことができないので、時間をあけて摂取するのがおすすめです。

みかんを1度に3個食べるより、1個ずつ時間をあけて食べるのが効果的です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加