名刺入れのレディース用の選び方 ブランドや素材がまるわかりっ!

仕事に必要な小物と言えば、手帳、ボールペンなどの他に、名刺入れがあります。名刺入れも選び方にもより、使いやすさ、収納性などが変わります。そこで、レディース用の名刺入れの選び方と、ブランドや素材などについてもご紹介していきます。

名刺入れ レディース用の選び方

323bfbd848a94b50452563404b36d429_s

「レディース用の名刺入れはどんなものを選べば良いんだろう?」と思った時に、何を基準に選べば良いのかわからない人もいるのではないでしょうか?また、就職、転職などで、今まで名刺入れを使ったことがない女性も名刺入れを購入する時に迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、まずはレディース用の名刺入れの選び方からご紹介します。

スポンサーリンク

職種で選ぶ

あなたの職種がファッション関係やデザイナー関係などであれば、おしゃれな名刺入れでも良いと思いますが、新入社員としては、あまり個性的ではないほうが良いでしょう。名刺入れは、ビジネスで使うもの。相手に見られるものなので、あまり派手ではなく、シンプルなデザインの革製などが良いでしょう。相手の印象にも影響します。ただ、会社の社長、個人事業主、キャバクラなどで働いている女性などは、高級ブランド名刺入れでも良いでしょう。

年齢、キャリアで選ぶ

新入社員が、いきなり上司よりも高級な名刺入れを持っているというのも嫌味っぽいので避けたいもの。また、年齢が若いのに高級ブランドの名刺入れを持っていると、職場の先輩からするとあまり気分の良いものではありません。

また、それに近いことで、職場の上司や先輩と一緒に食事をする時に、新入社員が上司や先輩より高い物を注文するのも避けたほうが良いでしょう。

金額で選ぶ

新入社員だからといって、100均で買えるような安すぎる名刺入れもオススメできません。樹脂製の名刺入れなどは、見た目が安っぽくなります。「本革製の名刺入れが予算的にちょっと・・・」思っているなら、合成皮革の名刺入れでも良いと思います。本革製の名刺入れと比較すると、耐久性が良くないので、2~3年程度で買い替えになりますが。

サイズで選ぶ

名刺入れに何枚名刺を入れて持ち運びするのか?それにより、選ぶ名刺入れのサイズも違います。職種によっては、1日にたくさん名刺をつかうものもあるでしょう。名刺入れを購入する前に、何枚名刺が入るのかチェックしておきましょう。

色、デザインで選ぶ

レディース用の名刺入れを、好みの色やデザインで選ぶという方法もあります。自分の目線で選ぶことになりそうなので、名刺交換をする時に、相手に好印象になるかどうかはわかりません。

素材で選ぶ

名刺入れの素材には、アルミ、本革、合成皮革、樹脂などがあります。価格、外見など違うので、使う場所によりいくつか持っていて、使い分けるのも良いのではないでしょうか?

名刺入れ レディース用ブランド

レディース用の名刺入れで有名ブランドのものをご紹介します。女性の新入社員が、有名ブランドの名刺入れを購入するときには、あまりブランド名が大きくなくて、見ただけですぐに有名ブランドだとわかるものは避けたほうが良いかも?

BURBERRY/バーバリー

カードケースとは、クレジットカード、ポイントカードなどを入れて持ち運ぶものなのですが、名刺入れとしても使うことが出来ます。バーバリーでは、名刺入れではなくカードケース。カードや名刺などを数ヶ所に分けて入れることができます。

バーバリー ウィメンズ カードケース

COACH/コーチ

コーチは、1941年にアメリカ合衆国のニューヨーク・マンハッタンで創業。高級皮革ブランドです。⇒コーチ ウィメンズ カードケース

BVLGARI/ブルガリ

ブルガリは、1884年にソティリオ・ブルガリにより、イタリアのローマに創業。高級宝飾品のブランドです。⇒ブルガリ カードケース

PRADA/プラダ

プラダは、本社をイタリアのミラノにおく高級ファッションブランド。レディース限定の姉妹ブランドがmiu miu(ミュウミュウ)。⇒プラダ カードケース

GUCCI/グッチ

1921年にグッチオ・グッチにより創業。イタリアのファッションブランド。⇒グッチ カードケース

名刺入れ レディース用の素材とは?

名刺入れにはいろんな素材があります。それぞれの特徴とともにご紹介!

天然皮革/本革

樹脂やアルミで出来た名刺入れより、天然皮革のほうが相手に与える印象も良いです。耐久性があり、革の種類にもよりますが、手触りも柔らかくて良いという特徴があります。一般的に牛革製、馬革製、羊革製(シープスキン)などがあります。

牛革には、カーフ(生後6ヶ月以内の仔牛の皮をなめしたもの)、キップ(生後半年~2年程の牛の革をなめしたもの)、カウハイド(生後2年以上、出産経験のあるメス牛の皮をなめしたもの)などいろいろ。傷が少なく柔らかいのは、カーフ、丈夫で硬めなのがカウハイド。

馬革には、ホースハイド、ホースフロント、コードバンなどがあります。ホースハイドは、柔らかく面積が大きいので革ジャンなどに使用されています。コードバンは大型の馬のお尻の革をなめしたもので、丈夫で手触りがつるつるしています。また、牛革のようにシボ(シワ)がありません。

羊革には、ラムスキン(生後1年未満)、シープスキン(生後1年以上)があります。ラムスキンは、手触りがしっとりと柔らかいのが特徴。シープスキンは防寒用として革ジャンに使用されています。

合成皮革/合皮

合成皮革は、布の上に合成樹脂を塗布したもの。外見が本革のように見えますが、牛革や馬革などのようなニオイはありません。また、本革に比べると耐久性がないのも特徴。本革と比べると安価。

アルミ

革と比べると、丈夫で傷つきにくいのが特徴。ただ、硬いので1度曲がってしまい、もとに戻しても、見た目が良くないので使用するのは避けたほうが良いでしょう。

樹脂

樹脂製の名刺入れは、軽くていろんなカラーを楽しめます。価格が安めなのも特徴。ただ、安っぽく見えるので、ビジネスで使用するのはあまり適していないと思います。ポイントカードなどを入れて持ち運ぶためなら良いでしょう。

木製

木製の名刺入れは、エコなイメージなので、環境に関係ある職種、木材関係の職種などの人が使うと良いのかもしれませんね。

まとめ

レディース用の名刺入れと言っても、選び方もいろいろ。選ぶ時のポントは、やはり名刺を渡す相手を意識して選ぶのがおすすめです。どのような場面で使うことがあるのか考えて選ぶと良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加