ハーフマラソン、10kmマラソンへの持ち物とコンディションの整え方

ハーフマラソン、10kmマラソン、マラソンに初出場するときには、何を持っていけば良いのか、または体調管理はどうすればよいのか悩んでしまうこともあります。はじめて参加するときにはいろいろと不安ですよね。そこで、持ち物やコンディションの整え方についてご紹介していきましょう。

ハーフマラソン、10kmマラソンへの持ち物

5ece5237e7fe675a126a49d9937dab94_s

ハーフマラソン、10kmマラソン、マラソンなどの大会に出場するときには、持ち物で迷ってしまうこともあるでしょう。快適にレースをするためには準備が大切。持ち物を決めるのも準備の1つです。

では、何が必要で、何があるとより快適に走ることができるのかご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ハーフマラソン、10kmマラソン、マラソンに必要な持ち物

レース当日に持って行く必要な持ち物をご紹介。レース当日は、出かける時間が早いこともあるので、前の日に持ち物を用意しておくと安心です。

◯レース用ウェア

寒い時期にレースをするのか、または暑い時期にレースをするのかにより、レース用のウェアも違ってきます。

ただ、その時の注意点としては、購入したばかりのレースウェアを着ないこと。予め、トレーニングの時に着てみて、そのウェアは自分に適しているのか、快適に走ることが出来るのかチェックしておきましょう。

レース当日に快適に走るためには、自分にあったレース用ウェアを見つけておくのが良いです。

◯ソックス

ソックスもトレーニングで履いてみて、毛玉ができないかチェックしておきましょう。

◯シューズ

通常、レースで使うシューズは、大会会場まで履いて行かないのが基本です。レースに出場する前に、紐が切れたり汚れてしまっては、快適に走ることができません。

◯腕時計

腕時計は、ストップウォッチの機能が搭載されているものがおすすめ。スプリットタイムをメモリーできる腕時計が理想的です。

腕時計 カシオ ランニングウォッチ STR-300J-2CJF フィズ 【国内正規品】

※スプリットタイムとは、スタート地点から計測地点までの経過時間。5~10kmなどの区間を表すときにはラップタイムと呼ぶ。

◯ゼッケン引き換え証

これを忘れてしまうと出場できないこともあります。まず最初に用意しておきましょう。

ハーフマラソン、10kmマラソン、マラソンにあると便利な持ち物

ハーフマラソン、10kmマラソン、マラソンでレースをする時に、あると便利な持ち物をご紹介します。

◯予備のレースウェア

レース当日に雨が降ったり、気温が低かったりすることもあるので、最適なレースウェアを選ぶことができるように、予備のレースウェアがあると便利です。

◯手袋

寒い時期には必要な手袋。気温が低いようなときには用意しておきましょう。

◯ウィンドブレーカー、トレーニングウェア、Tシャツ

冬などの寒い時期に、レースを始める前のウォーミングアップに必要なのがウィンドブレーカーです。また、暑い夏以外では、ウォーミングアップ用にトレーニングウェアが必要です。Tシャツがあれば、ウォーミングアップで汗をかいても着替えることが出来ます。

◯その他

帽子、タオル、飲み物、バナナなどの補給食、アイシング用の氷とビニール袋など。

ハーフマラソン、10kmマラソンのためのコンディションの整え方

せっかくハーフマラソン、10kmマラソンなどのために体力をつけて頑張ってきても、当日にその力を発揮出来なければ残念ですよね。

そこで、レース前のコンディションの整え方をご紹介します。

2週間ぐらい前からトレーニングの量を減らす

レース直前までに思いっきりトレーニングしていると、疲労が溜まっていてレース当日に実力を発揮できないこともあります。

ハーフマラソンや10kmマラソンでは、2週間くらい前からトレーニングの量を減らしましょう。その時に、1週間前に5km程度のタイムトライアル、2~4日前に1~2kmのスピード走を取り入れておきます。

フルマラソンに参加するなら、1週間前に ちょっと長めに走っておきます。走る距離が長いので、筋肉を減らしすぎるとマラソン当日、後半でのペースが落ちてしまうからです。

もちろん、タイムのチェックも忘れずに。

食事の量を調整

ハーフマラソンや10kmマラソンでは、2週間ぐらい前からトレーニングの量を減らすので、食事の量を減らすことも必要です。体重を増やしてしまうと走るのが大変なので、食べ過ぎに注意しましょう。

体調管理

風邪をひいたりしないようにすることやお酒を飲み過ぎないようにします。普段のトレーニングで溜まった疲労を取り除いておくと、レース当日に体が軽く感じられて快適にレースをすることができます。

まとめ

ハーフマラソン、10kmマラソンなどに参加するときの持ち物と、レースまでのコンディションの整え方でした。

普段のトレーニングの実力が発揮できて、目標達成するのも良いですし、記録を目指すだけではなく、楽しく走ること、健康維持が目的として走るのも良いと思います。目的はあなた次第なのですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加