マンション、アパートなどの集合住宅では、壁の向こうは他人が住んでいることがほとんどです。

一戸建てなら、となりの部屋に家族が住んでいるので、騒音などのトラブルも家族の中で解決できますが、集合住宅では難しいこともあります。

そこで、マンションでのマナーとして、騒音、ペット、引っ越しなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

マンションでのマナーで気になる騒音

fa75fa2d68e06abb34a1f13420bf3b44_s

マンションやアパートなどの集合住宅で、特に気をつけたいのが騒音。

音の大きさはもちろん、音の種類、時間帯にも注意したいものです。

 

昼間なら気にならない音の大きさでも、夜になると気になることもあります。

家の前を歩く人の足音、話し声なども、昼間なら聞こえなくても、夜には気になったりします。

地域にもよりますが、周りが静かな場所や、午後10時以降はできるだけ大きな音をたてないようにしたいですね。

それでは、注意したい音の種類をご紹介します。

マンションの騒音になりやすい音の種類

マンションの騒音として気になる音の種類とはどのようなものがあるのでしょう。

それらをまとめてみました。

①楽器、テレビなどの音

ピアノやギターなどの楽器類やテレビ、ラジオなどは音の大きさにより、気になるものです。

となりの部屋の人も同じテレビ番組を見ていると気にならないものですが、こちらが本を読んだりして静かにしていると、となりのテレビの音が気になることもあるでしょう。

 

こちらが気になるのなら、お隣さんも気になっている可能性があるので、ボリュームの上げすぎには注意したいものです。

マンションやアパートによって、壁の厚さも違いますので、夜、となりの音が気になるようなら、大きな音は控えめにしましょう。

②足音、話し声、ドアなどの生活音

となりの部屋にはほとんど響かないのですが、下の階に響くのが足音。

特に、フローリングなどの固いものの上を歩くと、足音も大きくなってしまいます。

フローリングの場合には、「ゴツン」「ドーン」などの大きめの音。畳でも天井全体がビーンと響く感じなので、跳ねたり、飛んだりすると下の階に住んでいる方の迷惑になります。

 

また、ホームシアターのサブウーファーという低音用のスピーカーは下の階に振動が伝わりやすいので、防音対策をしておくことをおすすめします。

 

下の階よりも隣に響きやすいのが話し声。

テレビや楽器の音もそうなのですが、話し声も、あまりに大きいと、となりの部屋に響きます。

一般的に女性の声は男性の声よりも高いので、聞こえやすいです。

 

また、ドアを閉める時も勢いよく閉めると、「バタン」というような音がとなりの部屋に響きます。

窓の開閉もあまり勢いよくしてしまうと、となりの部屋に響きます。

③掃除、洗濯、入浴の音

掃除機や洗濯機の音は予想以上に響きます。

出来れば、早朝や深夜などを避けて使うようにしたいですね。

特に夜は、まわりも静かなのでよけい音が気になります。

また、入浴の時のシャワーや排水の音も響くことがあるので注意したいものです。

④子供

子供が、元気いっぱいなのは良いことですが、大きな声を出したり、飛んだり跳ねたりすると、となりの部屋の人や下の階に住んでいる人に迷惑になります。

騒音を抑えるための工夫

騒音を抑えるための工夫としては、フローリングの床にカーペットやコルクマットを敷くこと、カーテンを利用することなどの方法があります。

フローリングの床におすすめなのはコルクマット

カーペットよりもコルクマットがおすすめな理由をご紹介しますね。

◯掃除が簡単

コルクマットなら、汚れた時にサッと水拭きできます。

また、カーペットのように中に毛などが埋もれることもありません。

犬や猫などのペットを飼っている飼い主さんにもおすすめです。

◯ダニ・カビ対策

コルクマットはダニの発生を抑える働きや、カビが生えにくいという特徴があります。

◯キズ対策

コルクマットは、傷ついてしまったら、その部分だけを取り替えることができます。

大きさも、はさみやカッターなどでかんたんに切る事ができるので、好みのサイズに調節できます。

◯寒さ対策

フローリングの床(床暖房なしの場合)は、冬などの寒い時に、どうしても足がひんやりしてしまいます。

◯犬や猫が滑りにくい

ペットを飼われているご家庭では、フローリングだと犬や猫が滑りやすく、怪我の原因になることもあります。

コルクマットは滑りにくいので、ペットのためにも安心です。

コルクマットを使用する前に確認しておきたいこと

コルクマットは良い点もありますが、使い方として注意したいこともあります。

◯床暖房、こたつはNG

コルクマットは熱に弱いため、床暖房やこたつとの併用は避けましょう。

◯お店によってサイズが違うことがある

コルクマットは、繋ぎ合わせて使用できますが、サイズが違うことがあるため、ジョイントして使う時には注意が必要です。

 

他にも、コルクマットには耐火性、クッション性、防虫効果などがあります。

騒音対策にカーテンを利用

窓にカーテンを使うと防音に効果的。

特に、防音効果の高いカーテンなどもあります。

その他のカーテンの役割としては、日光を遮るための遮光性、断熱効果、UVカットなどの役割があります。

中には、かわいいキャラクター(アンパンマン、シンデレラ、スヌーピー、キティちゃんなど)のカーテンもあるので、子供部屋に最適。カラー、デザインなども豊富です。

興味がある方はこちらをクリック↓



マンションやアパートでの騒音でもし困ったら、大家さん、管理人さんなどに相談しましょう。

こちらから直接話すよりも、そのほうが相手も納得してくれます。

初対面の人から直接「静かにしてもらえませんか?」と言われるよりも、知っている大家さんや管理人さんから言われた方が受け入れやすいものです。

マンションのマナーでペットはどうする?

マンションでペットを飼う時には、引っ越した時に、両隣と上下の部屋に住んでいる人に、ペットを飼うことを伝えておくのも1つの方法です。

最初にあいさつしておくことで、苦情を言われることも少なくなるでしょう。

あいさつの時には、500円~1.000円程度の品を持参するのも良いでしょう。

 

あいさつは、食事中や午後8時以降は避けるようにします。

ただし、女性の1人暮らしの場合には、最近いろんな事件があるので、必ずしもあいさつするのがおすすめとも言えません。

ペットの排泄物の始末

犬や猫のトイレのしつけは飼い主さんの最低限のマナー。

猫の場合には、決められた場所でするので良いのですが、犬の場合にはしっかりとしつけをしておきましょう。

猫はきれい好きなので、猫砂が汚れていたら交換してあげましょう。

ベランダなどに排泄物を出しておくと、隣の部屋や上下の部屋にニオイが届くので避けるようにしましょう。

ペットの散歩

犬の散歩をする時に、マンションやアパートなどの通路や狭い場所では、リードを短く持ちましょう。

動物が苦手な人もいるので配慮が大切。

また、水、スコップ、ゴミ袋を持って散歩に出かけるようにしましょう。

犬の排泄物は持ち帰るようにします。

地域によっては、犬のおしっこを水で流すように決められている事もあります。

スポンサーリンク

マンションの引っ越しでのマナー

マンション、アパートなどに転入する時と、転居する時のマナーをご紹介。

あいさつする範囲や、品物などについてご紹介します。

転入するときのマナー

引っ越しする時の作業中に、そのマンションやアパートに住んでいる人と出会ったら、「ご迷惑をかけます、今日からお世話になります◯◯です」とあいさつしましょう。

荷物を部屋に入れたあとに、あいさつまわりをします。

あいさつの範囲

あいさつの範囲は、両隣の部屋の住人、上下の部屋の住人、管理人さんなど。

社宅の場合には、上司の部屋もあいさつしておきます。

あいさつの品

あいさつの品には、のしをかけ、名前を書いておきます。

表書きは、「ご挨拶」。品物は、タオル、石鹸などがおすすめ。金額は500円~1.000円程度。

相手の好みがわからないものは避けた方が良いです。(お菓子、食べ物など)

転居するときに注意したいこと

転居する時には、不要なものは早めに片付けておきます。

その地域のゴミの日に、使わなくなったものは早めに出します。

特に、「燃えないごみの日」「資源ゴミの日」などは、回数が少なめの地域が多いので、早めに出しましょう。

 

また、自転車、テーブルやイスなどの家具、TVラック、掃除機、炊飯器などの粗大ごみは、市役所や区役所などに電話して、回収してもらいます。

電話した時に、ゴミの種類、サイズ、住所、名前などを聞かれ、「◯月◯日の朝◯時までに、△△に有料ごみ処理券を貼って出して下さい」などと言われます。

その時に、いくらのごみ処理券が何枚必要なのか知らせてくれます。

 

地域によりますが、役所、コンビニなどで有料ごみ処理券を200円や300円程度(地域、品物による)で購入して、名前、ゴミの種類などを記入して出します。※有料ごみ処理券は貼り直しが出来ないので注意しましょう。

 

私が引っ越した時には、1度に最大5個まで回収してもらえましたが、地域によって違うので、お住まいの市町村役場に問い合わせてみましょう。

冷蔵庫、エアコン、テレビ、洗濯機、乾燥機は、家電リサイクル法により、市町村役場では引取してくれないので、家電量販店などに行って、リサイクル券を購入して引き取ってもらいます。

対象品の詳細⇒http://www.rkc.aeha.or.jp/text/r_4list.html

 

冷蔵庫など毎日使う物は、引っ越す日の前日などに引き取りしてもらうと良いです。

引っ越す2.3日前からホテルを借りて泊まり、日中は住んでいた部屋の片付けなどで、引っ越しの作業をしても良いと思います。

そうすることで、ふとん、枕などの寝具を早めにゴミ出しすることができます。※引っ越し先で使わない場合。

転居する時のマナー

転居する日の一週間ぐらい前に、あいさつをします。

せんべつを頂いたらお礼を言いましょう。

お返しはいりません。

あいさつの範囲

あいさつの範囲は、親しくしてくれた人、両隣に住んでいる人、上下に住んでいる人など。

大家さんには、引越し先の住所を伝えましょう。

引っ越しの当日には、騒音、トラックの駐車などで迷惑をかけるので、あらかじめお詫びをしておきます。

あいさつの品

500円~1.000円程度の品を用意します。

高額なものの場合には、相手にせんべつの気遣いをさせてしまうので避けます。

まとめ

初めて一人暮らしをする方や、今までマンションやアパートに住んだことがない方の参考になればと思い記事にしました。

私も住んだ事があるので、体験談を交えてご紹介しました。

 

スポンサーリンク