メイク落としの種類と選び方、使い方、落とすタイミングはこれでバッチリ

「正しいメイク落としってどうするの?」とか、「メイク落としの種類や選び方がわからない」とか「いつメイク落としすれば良いのかタイミングが知りたい」など疑問に思っている女の子もいるはず。そこで、その疑問にバッチリ答えていきましょう。

メイク落としの種類と選び方

ny

メイク落としを選ぶ時に、どんなタイプのメイク落としが良いのか迷ってしまうこともあると思います。

メイク落としとは、油性の汚れであるメイクアップ用品を落とす目的で使います。

しっかりと油性の汚れを浮かび上がらせて、水で落としやすくする役割があるのです。

ただ、界面活性剤と言われるものが入っていたりするので、肌への負担も気になるところ。

そこで、メイク落としの種類やタイプと、肌への刺激の強さなどをまとめてみました。

商品の紹介では、ほとんどデメリットを言っていないので、そのあたりについてもご紹介します。

拭きとりタイプのメイク落とし

もっとも手軽にメイク落としができるのが、拭きとりタイプのメイク落としです。

どうしても時間がない場合などには手軽に使えて便利。

拭きとりタイプのメイク落としには、オイル配合のメイク落としやコラーゲン配合のメイク落としなどもあります。

ただ、拭きとりタイプということなので、どうしても肌との摩擦がおきてしまいます。

落ちにくいからと言って、強い力で拭き取ると肌へのダメージもアップ。

中には防カビ剤などが含まれているメイク落としもあるので、注意が必要です。

特に、敏感肌、乾燥肌などの人の肌は刺激に弱いので避けたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

オイルタイプのメイク落とし

次に肌へのダメージが強いのが、オイルタイプのメイク落とし。

強めの界面活性剤が含まれている可能性が高くなります。

オイルと水は混ざり合いませんよね。

なので、洗剤などには界面活性剤と言って、通常混ざり合わない水と油を混ざり合わせることができる物質が含まれているのです。

特に、オイルタイプのメイク落としは顔中にオイルを塗るので、後で水で洗い流す時にもたくさんの界面活性剤を必要とします。

たくさんの界面活性剤を使うということは、肌への負担も大きくなってしまうのです。

落ちがいいからと言って、普通のメイクを毎日オイルタイプのメイク落としで落としていると、肌荒れの原因になりやすいのです。

油性ジェルタイプのメイク落とし

拭きとりタイプのメイク落としやオイルタイプのメイク落としよりも肌に優しいのが、油性ジェルタイプのメイク落としです。

ジェルタイプのメイク落としの中には、油分を含んでいないものもあります。

クリーム、乳液タイプのメイク落とし

肌に優しいメイク落としと言えば、クリーム、乳液タイプのメイク落としです。

油分の量が、多すぎず少なすぎない程度に入っています。

軽めのメイクなら、乳液タイプのメイク落としでも良いです。

ただ、肌が弱い人は、敏感肌用のメイク落としをおすすめします。

m

メイク落としの使い方

メイク落としを使う時には、量をケチケチせずに、手早く使うのがポイントです。

メイク落としの量をケチってしまうと、肌を強くこすってしまったり、メイクアップ料を肌に残してしまう可能性が高くなります。

肌への摩擦はシミの原因。

また、油を使っているメイクアップ料は、肌の上で酸化して過酸化脂質という物質に変化します。

過酸化脂質は、肌の老化の原因になるので、しっかりとメイクアップ料を落とすことが大切です。

メイク落としを使う量

メイク落としで1度に使う量は、クリームタイプの場合さくらんぼ程度の量になります。

もし、乳液タイプのメイク落としを使っているのなら、500円玉程度の量を手にとって使います。

少ないよりも、ちょっと多めぐらいで使用することをおすすめします。

メイク落としを使う順番

顔にメイク落としを使う時に、理想的な順番があります。

肌の強さなどに関係があるので、これからご紹介する順でメイク落としをしてみませんか?

1、T(ティー)ゾーンから始める。

メイク落としは、顔のTゾーンから始めましょう。

顔のTゾーンは皮膚が強い部分になるので、少し長めにメイク落としを乗せていても、肌への影響が出にくいのです。

この時に、指の腹を使って、メイクアップ料と軽くなじませます。

2、U(ユー)ゾーンに使う。

次に、頬から顎などのUゾーンにメイク落としを乗せて、メイクアップ料となじませます。

3、目元、口元にメイク落としを使う。

TゾーンとUゾーンにメイク落としを使ったら、目元や口元にメイク落としを乗せてメイクアップ料となじませます。

4、ぬるま湯で手早く洗い流す。

顔全体にメイク落としをなじませたら、ぬるま湯を使ってメイク落としとメイクアップ料を洗い流します。

5、洗顔料で洗顔。

メイク落としとメイクアップ料を洗い流したら、続けて洗顔料を使い、顔を洗いましょう。

メイク落としは、毛穴の汚れを洗い流すものではないので、メイクアップ料を落としたら、洗顔料でメイクアップ料以外の汚れを洗い流しましょう。

メイク落としを使って落とすタイミング

メイクアップ料は油性なので、長時間肌に使っていると、皮脂と混ざり合います。

すると、そこにホコリや雑菌などがつき、酸化。

そして、過酸化脂質になってしまい、肌の老化へと繋がります。

メイク落としでメイクを落とすタイミングは、メイクが必要ではなくなった時がベストのタイミングです。

メイクをしたまま寝てしまうと、肌荒れの原因になります。

特に肌の弱い人や不規則な生活をしている人は、出来るだけ早めにメイクを落とすようにしたいですね。

まとめ

メイク落としの種類と使い方をご紹介しましたが、人によって肌の強さは違います。

肌が丈夫な人は、刺激が強めのメイク落としでも肌荒れになりにくいですし、肌が弱い人は、肌のバリアゾーンも弱っている可能性があるので、刺激の強いメイク落としはNG。

自分に合ったメイク落としを使うことをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加