肩こりで腕がしびれるのはスマホやパソコンが原因かも?体験談をご紹介

肩こりで腕がしびれるのは、スマホやパソコンが原因の可能性があります。

もちろん、それだけが肩こりの原因というわけではないのですが、私の場合には、左の肩こりがひどく、肩の後ろ側の辺りを指で押すと強い痛みがありました。

そこで、原因を知りたくて整形外科に行きました。

その時の体験談をご紹介します。

同じような症状があるという方で時間のある方は、チェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

肩こりで腕がしびれる原因と体験談

肩こりで腕がしびれるということは、初めての体験でした。

私の場合には、左手の親指にしびれを感じたので、「通常の肩こりよりも酷いのかも?」と思い、原因を知り、治したかったので、整形外科に行くことにしました。

形成外科で初診だったので、保険証を渡し、いくつかの質問が記入されている紙に現在の状態などを記入して待合室で待っていました。

その後しばらくして名前を呼ばれ、医師に体の具合を質問されたので、答えていきました。

そして、レントゲンを撮り、結果を医師から説明して頂きました。

原因は、ストレートネック(スマホ首)でした。

医師はストレートネックと言う言葉を使いませんでしたが、首の骨がまっすぐになっていました。

通常の首の骨は、S字でカーブしているのですが、私の場合には、前に傾いていました。

肩こりで腕がしびれる原因は、首の骨がまっすぐになって神経を圧迫していることでした。

左手の親指も首の骨と神経がつながっているので、首の神経が骨により圧迫され、親指がしびれていました。

その後、担当が変わり、電気治療をして頂き、ストレッチの方法を教えて頂きました。

スポンサーリンク

肩こりで腕がしびれるのはスマホ、パソコンが原因だった

首の骨がまっすぐになるストレートネック(スマホ首)という言葉をネットで見たので、自分は何が原因なのか考えてみました。

どうやら、ネットでも話題になっているように、スマホやパソコンの使いすぎだったようです。

最近、家でパソコンを4時間ぐらい使い、電車通勤では駅や車内で1時間ぐらい使い、休憩時間でもスマホを使用していました。

良い姿勢で使うのなら首の骨も曲がらずに済むのかもしれませんが、スマホやパソコンを使う時には、どうしても下向きになりがちです。

そこで、ストレートネック/スマホ首にならないよう、パソコンを使う時には、机とイスの高さ調整をして、首があまり下向きにならないようにしました。

スマホは使用時間を減らし、できるだけ首を曲げない角度で使用するようにしたいと思いました。

また、目の疲れも肩こりの原因と言われています。

長時間スマホやパソコンを見続けていると、それが原因で肩こりになる場合もあるのです。

スマホ、パソコンを長時間使う方は肩こりの人も多いのではないでしょうか。

まとめ

ストレートネックになるまでは、あまり意識せずにパソコンやスマホを使っていましたが、肩こりがひどく、治らなかったので整形外科に行きました。

肩こりの原因は人によっても違うので、肩こりが気になる人は、まず何が原因なのか調べておくと安心です。

肩こりの原因は、頸椎が曲がっていたり、頸椎椎間板ヘルニアだったり、高血圧狭心症なども考えられます。

肩こりが気になる方は、まずは医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加