肩こりの原因がパソコンなら整骨院、姿勢の改善、運動が効果的

事務の仕事などでパソコンを長時間使う時は、目も疲れますが肩もこります。もし、あなたが仕事などでパソコンを長時間使うようになってから肩こりがひどくなったのなら、整骨院、姿勢の改善、筋力アップで肩こりが治ることもあります。スマホを長時間見る人も肩こりになることがあるので、チェックしておきましょう。

肩こりの原因がパソコンなら整骨院で治す

aff07be5fb887cf8db286c81fe3ace17_s

「なぜ、整骨院?」と思っていませんか。整体院ではない理由、それは整骨院や鍼灸院が国家資格(柔道整復師)なのに対して、整体院は民間資格だからです。整体師は、マッサージをすることが許可されていません。資格制度がないため、セミナーを受講しただけで、すぐに開業することもできます。ちょっと不安ですよね。

私も肩こりで、鍼灸院・整骨院に通っていました。ウォーターベッドのマッサージ器、電気マッサージ器、先生の手によるマッサージをそれぞれ20分ずつ行い、合計1時間で終了なのですが、マッサージをしてもらうと体がぽかぽかしたり、お腹がグルグルなったりしました。体がぽかぽかするのは、血液循環が良くなっている証拠。また、お腹がなるのは、腸の働きが活発になるからなのです。

肩こりがひどい場合には、1度行っただけでは、肩こりの痛みが全てなくなることもないかもしれませんが、2回、3回と通っていくと、痛みが改善されるはずです。五十肩などにもおすすめです。

復習/おさらい

肩こりでマッサージしてもらうなら、国家資格のある整骨院、鍼灸院などがおすすめ。整体院やカイロプラクティックは、国家資格がなくてもできます。

スポンサーリンク

パソコンが原因の肩こりは姿勢の改善が重要

仕事やプライベートでパソコンを使っているときに、猫背になっていませんか?

特に、コタツに入ってパソコンを使ったり、床にテーブルを置いて座椅子などを使ってパソコン作業をしていると、どうしても猫背になってしまいがち。昔の掘りごたつだと、普通のイスに座っているように足を曲げて座れました。電気式のコタツは移動できるのは便利ですが、足を下に伸ばすことができないため、背筋をピーンと伸ばすのが難しいのです。

パソコンを長時間使う時には、テーブルとイスを使うのがおすすめ。できれば、イスの高さを調節できるものが良いです。パソコンの画面が目線よりも下すぎると首を大きく曲げてしまうので、肩こりの原因になります。なので、パソコンの画面が目線よりも下になるようにしましょう。

pc

出典 FUJITSU

また、肩こりしないような理想的なイスへの座り方は、イスに深くお尻を差し込んだ後に、背筋を伸ばす座り方です。このように座ることで腰の筋肉が柔らかくなり、腰痛を防ぐこともできますし、猫背になりにくいので肩こりを防ぐことができます。

下の動画では、正しいイスの座り方3種類を紹介しています。もし、あなたが今まで正しい姿勢で長時間イスに座ったことがないのなら、まずはイスに深く座る座り方から始めるのが疲れにくいので良いです。イスに浅く腰掛けたり、タオルを使う方法でイスに腰掛けると、背筋を伸ばすことに疲れてすぐに猫背になってしまうでしょう。

復習/おさらい

テーブルを床に置いてそのまま座ったり、座椅子を使って座ると背筋が伸ばしにくい。イスに腰掛けるときには、お尻を突き出してイスに深く腰掛け、その後に背筋を延ばす。

パソコンが原因の肩こりを運動(筋トレ、ストレッチ)で防ぐ

筋力が衰えてしまうと、ちょっとしたことでも筋肉痛になってしまいます。逆に運動のやり過ぎや、間違った筋トレなども肩こりの原因になることもあります。

肩こりに関係あるのが僧帽筋と肩甲挙筋。パソコンをしていて同じ姿勢でずっといると、僧帽筋の上の部分(首の周りにある)の上部線維と肩甲挙筋が縮んだ状態になり肩こりになってしまいます。僧帽筋は肩甲骨周辺にあり、肩甲骨を動かすことで僧帽筋も動いて血液循環が良くなったり、筋肉をほぐす効果もあります。

では、最近話題となっている肩甲骨の運動「シュラッグ」についてご紹介します。僧帽筋を鍛えることで肩こりになりにくくすることができます。(下の動画で見ることができます)

あと、もう1つ大切なのが、ストレッチ。筋トレは肩こりになりにくくする効果があるのですが、もし肩こりになってしまったら、早めに改善したいものですよね。そこで、固まってしまった筋肉を柔らかくするためにストレッチをしましょう。肩の周りの筋肉である僧帽筋をストレッチするなら「肩甲骨はがし」がおすすめ。(下の動画で見ることができます)

肩甲骨はがしは、肩こりの改善の他に美容、バストアップ、ダイエットにも効果的。健康維持にも効果的ですし、美しいボディを目指すならやってみましょう。もし、あなたがパーフェクトボディの持ち主なら必要ないかもしれませんけど。

復習/おさらい

パソコンが原因の肩こりは、筋トレとストレッチで予防と改善ができます。肩こりを防ぐための筋トレにはシュラッグがおすすめ。また、ストレッチでは肩甲骨はがしで固まった僧帽筋をほぐすことができます。

まとめ

パソコンが原因の肩こりは、整骨院、姿勢の改善、運動とストレッチなどで治したり防ぐことができます。ただ、原因がわからない肩こりの場合には、まずは整形外科で診てもらいましょう。そして、肩こりの原因に合わせた治療をしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加