肩こりなら枕の選び方にも注意しよう!寝返りできる快眠枕とは?

肩こりの原因はいろいろありますが、そのなかの1つの原因として枕が合わないということもあります。「旅行に行った時に、枕が合わないので眠れなかった」という話を聞くこともあります。そこで、枕の選び方と寝返りできる快眠枕などについてご紹介します。

肩こりの枕の選び方

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

肩こりの原因が枕だとしたら、その選び方に問題があるのかもしれませんね。ではどのような枕が肩こりになりにくいのか理想的な枕についてご紹介していきましょう。

寝たときに立った時の状態と同じ姿勢になるような枕選び

仰向けで寝た時に、立った時の姿勢がそのまま維持できるような枕を選ぶのが理想的な枕選びです。仰向けで寝た時に、耳、肩、腰、膝が一直線になるようにしましょう。

わかりにくい場合には、顔のセンターラインと体のセンターラインがまっすぐになっているか確かめてみましょう。鏡を使ってチェックしてみると良いです。

枕をしない状態

枕をせずに寝てしまうと、頭の部分が重いので首の部分が沈みます。

枕が高い状態

枕が高いと、寝た時に首の気道が閉塞しやすくなるので、無呼吸になりやすいです。

スポンサーリンク

寝返りしやすい枕

枕を選ぶ時に大切なのが、寝返りがうてる枕を選ぶこと。睡眠中に仰向けで寝たり、横向きになったりするので、その時に頭が動きやすい枕が理想的です。枕があっていないと、首を持ち上げて寝返りをうつので熟睡しにくくなり、肩が重く感じることもあります。

寝返りにも良い寝返りと悪い寝返りがあります。

良い寝返り

良い寝返りとは、肩と腰が同時に回る寝返りです。寝返りするのがカンタンですよね。

悪い寝返り

悪い寝返りとは、肩が回った後に腰が遅れて回る寝返りのこと。同時に回ることが出来ないので、寝返りしにくくなります。

固めの枕

枕が柔らかすぎると頭が沈み込んでしまうので、寝返りがうちにくくなります。それとは逆に固めの枕の場合には、頭が沈み込みにくいので寝返りがうちやすくなります。

以前、日テレのZIPで放送されていたのですが、玄関マットとタオルケットを使って枕をつくっていました。

1、玄関マットを敷いてその上に折ったタオルケットを載せます。

2、折ったタオルケットの枚数を調節して、ちょうどよい高さにします。

肩こりの枕で寝返りがうてる快眠枕

六角脳枕

肩こりの枕で理想的な寝返りがうてるのが「六角脳枕」です。

玄関マットとタオルケットで枕を作った場合には、寝返りはうちやすいのですが、肩幅の違いにより横向きになると首への負担が大きくなります。

立った時の姿勢と同じ姿勢になるようにするためには、枕の高さが仰向けの時と横向きの時に変わる枕が理想的です。

六角脳枕は、寝返りが打ちやすく、首こりや肩こりになりにくいように作られています。今まで枕が合わずに熟睡出来なかった人にもピッタリ。

まとめ

枕が原因で肩こりになっているなら、まずは玄関マットとタオルケットで試してみるのも良いでしょう。玄関マットは、2.000円程度でもありますし、タオルケットも2.000円程度で購入できます。ただ、最初から睡眠に最適な枕を選ぶなら、六角脳枕が良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加