加湿器を旅行に持っていくならこれ!小型、USB対応、アロマ機能など

旅行先の宿泊所であるホテルなどで空気が乾燥していることがあります。備え付けの加湿器があればいいのですが、用意されてないことが多いでしょう。空気が乾燥している時には、風邪をひきやすくなったり、静電気がおこりやすくなったりします。そこで、携帯に便利、旅行に持って行く加湿器として、小型、USB対応、アロマ機能付きなどをご紹介します。

加湿器を旅行に持っていくなら小型がおすすめ!

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

空気の乾燥はお肌のトラブルのもと。カサカサ肌になったり、シワが出来やすくなったりします。また、静電気が起こりやすくなるとともに、免疫力の低下、ビタミンCやカルシウムの流出の原因にもなります。冬は寒いのでエアコンを使うのですが、エアコンは空気の乾燥の原因の1つ。加湿器を使って湿度をあげましょう。

加湿器には、大きめのサイズと小型のサイズがあります。旅行に持って行くなら、軽くて小型の加湿器が便利。スーツケース、旅行カバンなどに入れても、場所をあまり取らないもののほうが良いですよね。

スポンサーリンク

小型の加湿器とは?

サイズが小型の加湿器といえば、超音波式の加湿器。デザインもおしゃれで、インテリアとしてみてもGood!気化式の加湿器やスチーム式の加湿器では、サイズが超音波式の加湿器よりも大きいものがほとんどです。重さも重くなるので、旅行に持っていく目的としては、あまりおすすめできません。

超音波式加湿器の加湿可能な部屋の広さ

超音波式加湿器には、1畳~10畳程度の部屋の広さを加湿出来るものがあります。※建物の造りが、木造和室とプレハブ洋室で加湿できる広さは違います。木造和室のほうが、加湿範囲は狭くなります。

市販されている超音波式の加湿器では、部屋(木造和室)が1畳であれば、1時間あたりの加湿量は80ml程度。

2畳で160ml、4畳で200ml~300ml前後、6畳では200ml~350ml前後となっています。

同じ加湿器で、建物の造りがプレハブ洋室なら、木造和室にプラス2畳程度の加湿が可能です。

超音波式加湿器の種類と価格

超音波式加湿器は、多くの種類やデザインがあります。最近話題になったのがペットボトルの上にのせて使う加湿器。それを含めてご紹介します。

ペットボトル加湿器

ペットボトルにつけて使う加湿器には、ペットボトルの上にのせて使うものと、ペットボトルを逆さまにして使う加湿器があります。サイズが小さいのは、ペットボトルの上に乗せるタイプです。

fe

ペットボトルに取り付けて使う加湿器。電源はUSBになります。車の中でも使用できるので、旅行はもちろん、ドライブにも便利な加湿器です。1時間あたり、約40mlの加湿が可能。重さ約42g。価格¥1.780(税込)※楽天市場で取り扱っていました。価格は記事作成の時のもの。

tr

ペットボトルを逆さまにして使うタイプの加湿器です。1~2畳の加湿が可能。アロマ対応(アロマオイル別)でAC電源で使用できます。価格¥3.380(税込)※楽天市場、価格は記事作成の時点。

その他にも、楽天市場では、アロマ対応の動物の形をしたアニマル加湿器(サイズ幅25.5×奥行24×高さ31cm 価格¥3.980)、カラフルなしずく型をした加湿器(サイズ幅約20cm×奥行き約20cm×高さ約31cm 価格¥3.480)などがあります。

スポンサーリンク

加湿器を旅行に持って行くならUSB対応

小型のものが多く、あまり広い範囲を加湿することはできませんが、机の上などに置いて加湿するならUSB対応の加湿器がおすすめ。かわいいデザイン、おしゃれなデザインの加湿器が多いのもこのタイプです。

dw

画像の加湿器は、水の上に浮かべて使うタイプの加湿器。小型(直径5.1cm)で、USB接続対応の加湿器です。旅行先のコップに水道水を入れて浮かべて使います。加湿量は、1時間あたり約60ml。価格¥3.240(税込)※楽天市場、価格は記事作成の時点。

gr

ケース付きで、持ち運びカンタンなUSB加湿器。カラフルで、小型の加湿器です。加湿量は、1時間あたり約30ml。サイズは、高さ16cm、最大部分の幅4.1cm。価格¥4.104(税込)

jy

鳥の形をしたUSB加湿器です。コップに入れて使うタイプなので、小型で持ち運びに便利。加湿量は、1時間あたり30mlです。サイズは、高さ15.3cm×幅6.4cm。価格¥2.280(税込)

旅行先に加湿器を持って行ってアロマで癒されたい

「アロマで癒されたい」と思っている人は、アロマ対応で小型の加湿器がおすすめ。アロマでおやすみ前にリラックス。

nh

しずく型の超音波式加湿器は、アロマ対応のものがほとんど。画像の商品のサイズは幅20cm×奥行き20cm×高さ31cmとちょっと大きめなのですが、加湿量は1時間あたり最大250mlなので、木造和室で4~6畳程度加湿できます。ホテルなどの場合には6~8畳程度の加湿にも対応。カラーも6色あり、お好みの色を見つけやすくなっています。価格¥2.880(税込)

hr

超音波式でも使えて、更にヒーターと合わせても使えるハイブリッド式の加湿器。木造で6畳、鉄筋で8畳まで対応しています。サイズは幅17.5cm×高さ32.7cm。ミストの量を調節できます。(3段階)さらに、ダウンライト搭載でおしゃれ。価格¥7.020(税込)

ik

アロマ対応の加湿器は、USBタイプの加湿器と比較すると、サイズがちょっと大きめなのですが、上の画像の加湿器は、サイズが幅16cm×高さ23.4cmと小さめ。加湿の強さも、強、弱、微弱と3段階に切り替えできます。電源は、付属のACアダプター。強で1時間あたり150mlの加湿が可能です。木造で2.5畳、鉄筋で4畳程度の広さを加湿できます。価格¥5.400(税込)

超音波式加湿器を使う時の注意点

中に入れる水は水道水を使用しましょう。理由は、水道水には殺菌のための塩素が含まれているからです。超音波式の加湿器の場合には、加熱せずに水を細かい霧状にして加湿します。ミネラルウォーターなどは、雑菌の繁殖の原因になるからです。超音波加湿器は、ミストも細かいので、雑菌も一緒に部屋中にばら撒いてしまう可能性があるのです。

また、超音波式加湿器のタンクの水の温度は上昇しやすくなっているので、水道水に含まれている塩素の殺菌効果も弱くなってしまいます。なので、12時間程度で、水道水の交換をおすすめします。

まとめ

アロマ対応の加湿器は、サイズが少し大きくなるので、「どうしても小型じゃなきゃダメ」という人にはおすすめできません。ただ、加湿範囲の広いもの、アロマ対応が良い、加湿の量を切り替えたいなどと言った場合には、アロマ対応の加湿器がおすすめ。また、できるだけサイズが小さい加湿器が必要という人には、USB加湿器、ペットボトル加湿器が最適です。ご紹介した加湿器は全て楽天市場で取り扱っていました。※記事作成の時点。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加