花粉症には空気清浄機!置き場所、種類と効果的な使い方はこうだった!

花粉症の人が、帰宅した時には、室内に入る前に服についた花粉を振り払うと、室内に持込む花粉の量を少なくできます。ただ、それでも100%振り払う事はできません。そこで、室内に持ち込んだ花粉を除去するのに効果的なのが空気清浄機。置き場所、種類とその効果的な使い方をご紹介します。

花粉症に空気清浄機、その置き場所はココが効果的

2be5fb6789b4d8b1c86d46554ad01592_s

空気清浄機を買って来て、どこに置いたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。「とりあえず、どこでもいいや」って適当に置いて使っていても、効果が少なくなってしまいます。花粉対策として、空気清浄機をより効果的使うために、まずは置き場所をご紹介!

空気清浄機の効果的な置き場所その1

部屋の出入り口、玄関などの花粉が侵入する場所

外から花粉が侵入する場所といえば、玄関や窓など。部屋の中に花粉を広げないためにも、玄関や窓で花粉をブロックしておきましょう。リビング、ダイニング、ベッドルームまで花粉を持ち込まない、侵入させないことが大切です。

空気清浄機の効果的な置き場所その2

夏はエアコンの下、冬はエアコンの反対側の壁の下

スポンサーリンク

エアコンは、冷たい風、温かい風を部屋に送風するので、その風を利用して花粉を効果的に除去します。エアコンの風は、夏、冬で送風の方向が違います。夏は、温かい空気が天井に溜まってしまうので、天井と平行に送風し、冬はその逆で、冷たい空気が足元に溜まるので、足元に送風するようになっています。

その後に、反対側の壁にあたり、床に落ちるので、そこに空気清浄機を置いておくことで、効率よく、効果的に花粉を吸い取ることができます。※日本の空気清浄機の多くは、空気清浄機の上の部分からキレイな空気が排出されるため。

エアコンと空気清浄機を使い、部屋の空気を循環させて花粉を除去する方法をご紹介しましたが、エアコンを使わずに同じようにする場合には、扇風機やサーキュレーターなどを使います。空気の温度を変えることはできませんが、部屋の中の空気を循環させることはできるので。花粉の他にも、ダニ、PM2.5などの対策としても効果的です。

空気清浄機の効果的な置き場所その3

花粉やホコリは比重が重いので、床に溜まりやすくなります。なので、床に空気清浄機を置くのが効果的。また、ドアの開閉、人が歩くことで花粉が移動するので、その近くに空気清浄機を置くのも、効果的に花粉を除去する方法になります。

スポンサーリンク

花粉症に空気清浄機を使う時の種類と選び方

空気清浄機の効果的な使い方は、置き場所以外ではその機種の特徴を知っておくこと。空気清浄機にも種類や特徴の違いがあります。それらについてご紹介していきましょう。

空気清浄機の種類と特徴

ファン集塵式

ファンを使って花粉、ホコリ等を集め、浄化して排出する方式。販売されているほとんどの空気清浄機は、この方式を採用しています。

この方式の空気清浄機を選ぶ時に比較しておきたいのは、フィルターの性能、付加機能(加湿や除湿など)です。ファンの性能の違いはほとんどありません。空気清浄機のフィルターには、HEPAが使用されています。

HEPAはJIS規格で、「定格風量で粒径が0.3μmの粒子を99.97%以上の捕集」などの性能の規定があるので、HEPAを使っている空気清浄機は、ほとんど集塵の性能に違いはありません。ただ、空気清浄機を作動させている時の音の大きさは、空気清浄機の機種によって違います。また、部屋の広さに対応した空気清浄機も違うので、それらを比較して選びましょう。

電気集塵式

電気集塵式の空気清浄機は、プラズマ放電を利用してほこりを集める集塵方法です。静電気を使って花粉やホコリなどを集めるので、ファン集塵方式のものよりも、集塵能力は劣ります。

まとめ

空気清浄機も花粉対策に効果的ですが、床に落ちた花粉は、拭きとり掃除が効果的。また、掃除機を選ぶ時には、サイクロン式掃除機よりも、紙パック式の掃除機のほうが、集めたホコリを捨てる時にホコリが舞い上がらないのでおすすめ。また、外から帰ってきたら、早めに着替えて衣類を洗濯すると良いです。洗濯物を家の中に干したり、家の中でもマスクや花粉対策のメガネをして過ごすと、花粉症の症状が緩和されます。試して見てはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加