初詣の正しい神社の参拝のしかたを知っておこう

お正月には初詣に行く方も多いです。

でも神社によって参拝のしかたが違うこともあります。

「参拝のしかたにちょっと不安がある」とか「正しい参拝のしかたがわからない」という方のために、一般的な神社の参拝のしかたをご紹介します。

初詣の正しい神社の参拝のしかた

0df4b4d635f1d8e50b36807b37bc840d_s

神社により柏手の回数の違いはありますが、参道の歩き方や身の清め方などはほとんど同じです。

ここでは、一般的な神社の参拝のしかたをご紹介します。

鳥居のくぐり方

神社に到着したらまず最初に鳥居をくぐります。

鳥居は、境内と俗界の境界。

神社の玄関のようなものなので、身だしなみを整えてから一礼した後にくぐりましょう。

参道の歩き方

鳥居をくぐったら、参道を歩いて社殿を目指します。

参道の端を歩き中央は避けるようにします。中央は、「正中」と言って神様が通られる場所とされています。

その際に、走ったり早歩きをさけてゆっくりと歩きます。歩くときに、参道の端なら左右のどちらでも良いです。

スポンサーリンク

身の清め方

神社には、手水舎(ちょうずしゃ)と言って、手を洗ったり、口をすすいで身を清める場所があります。その時の順番をご紹介します。

・水をひしゃくに汲む前に。

1度汲んだ水で一連の動作をするので、ひしゃくに汲む水が少なすぎると、最後の方で水が足りなくなってしまう可能性があります。多めに汲んでおくほうが良いです。

・右手でひしゃくを持ち、水を汲む。

・左手を洗う。

・ひしゃくを左手に持ち替える。

・右手を洗う。

・右手にひしゃくを持ち替える。

・左手に水を溜め、その後にその水で口をすすぐ。

※このときに、ひしゃくに直接口をつけるのはNGです。

・再度、左手に水をかける。

・ひしゃくを立てて、ひしゃくの柄の部分に水を流す。

・ひしゃくを元の位置に伏せておく。

お参りのしかた

・軽くお辞儀をする。

・賽銭を賽銭箱に入れる。

・鈴を鳴らす。

・二拝二拍手一拝で拝む。

まずは、腰をゆっくりと深く2回曲げます。そして、両手を合わせた後に、右手の先を左手の第2関節あたりまでずらし、両手を開いてしっかりと音をたてて柏手をうちます。その後に、一拝をします。そして、軽くお辞儀をして退去します。

神社で参拝する時のワンポイント

神様にお参りする時には、まず最初に住所と名前、日ごろの感謝を伝えます。その後に、今後どうするのかを宣誓します。

まとめ

以上が初詣などに神社に参拝するときの正しい参拝のしかたでした。

一般的なものなので、神社により、多少違う場合もあります。

出雲大社の参拝のしかたはこちら⇒出雲大社の案内図と正式な参拝のしかた/縁結びの神様と言われる理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加