犬の散歩でリードは外していいの?公園や人がいない場所はどうする

犬と散歩に行く時にリードを使いますよね。

いつもは、犬が苦手な人が不安にならないためや、犬をコントロールするためにリードをつけて散歩するでしょう。

でも、飼い主さんのなかには、「犬も自由に遊びたいのでは・・・」と思ってリードを外してしまうことも。

そこで、犬の散歩でリードを外していいのか、また、公園や人がいない場所ではどうすればよいのかご紹介します。

スポンサーリンク

犬の散歩をする時にリードを外していいの?

犬の散歩で道路などを歩く時に、犬も自由に動き回りたいだろうと思ってしまう気持ちはわかります。

でも、リードを外してしまうのは、避けるようにしましょう。

ダメな理由として2点あげられます。

犬の散歩でリードを外すのはNGな理由

1、車に轢かれる、逃走してしまう可能性がある。

可愛い犬の安全を守ってあげるのが飼い主さんの役割。

リードを外してしまうと、犬が車に轢かれてしまう可能性が高くなります。

また、散歩の途中でリードを外してしまうと、走って遠くに行ってしまう可能性も考えられます。

2、他の人、他の犬などにケガをさせてしまう可能性がある。

リードを外してしまうと、犬をコントロールできないので、他の人を噛んでしまったり、他の犬とケンカしてケガをしたり、させたりしてしまう可能性があります。

可愛い犬に長生きしてもらうため、他の人に迷惑をかけないようにするためにも、犬の散歩の時にはリードをつけて散歩しましょう。

犬の散歩の時のリードの使い方

犬の散歩でリードを使う時のリードの使い方をご紹介します。

交通量が少ない場所や人通りが少ない場所では、右手でリードをたるませて持ち、犬を先に歩かせてあげると、犬もリラックスして楽しい散歩が出来るでしょう。

リードの長さで犬の動ける範囲が決まるので、周囲の状況を見ながらリードの長さを決めましょう。

もし、犬を散歩させている途中に人や他の犬が来たら、左手でリードをたぐり寄せて犬の動ける範囲を狭くし、犬をコントロールしやすくします。

交通量が多い場所で犬の散歩をする時には、リードを短く持って散歩します。

犬を散歩させている人(主に飼い主さんだと思いますが・・・)の左側で犬を歩かせるようにして、犬が車に轢かれたりしないようにしたり、他の人に迷惑をかけないようにしましょう。

犬の散歩で公園ではリードを外していいの?

飼い主さんは、公園で犬を自由に遊ばせてあげたいものだと思いますが、公園で犬を遊ばせる前に、まずは犬が公園に入って良いのか確認しておきましょう。(犬が入るのはNGな公園もあるので)

公園に犬が入って良い場所では、自由に遊ばせてあげるのも良いのですが、リードはつけたままにしましょう。

公園でリードを外すのがNGな理由

公園でリードを外すのがダメな理由を3つご紹介します。

1、知らない場所でうんちをしている可能性がある。

犬のうんちを片付けるのは飼い主さんの役割。

でも、知らない場所で犬がうんちをしていたら片付けることもできません。

2、公園に来ている誰もが犬と一緒に来ているわけではない。

公園は子供や犬の苦手な人も来ていることもあります。

犬のリード外していると、飼い主さんがコントロール出来ないので、子供にケガをさせてしまったり、犬の苦手な人に近寄って行くことも考えられます。

3、犬同士のケンカの可能性がある。

他の飼い主さんが犬を放し飼いにしていることもあります。

リードを外した犬同士がケンカをすることもあるので、リードはつけたままにしましょう。

スポンサーリンク

犬の散歩で人がいない場所でリードはどうする?

人がいない場所では、リードを外して遊ばせてあげたいもの。

人がいなければ、ケガをさせる心配はないのかもしれません。

でもやはり、犬をコントロールできないので避けたほうが良いでしょう。

犬の中には、食糞をしてしまう犬もいます。

また、拾い食いをしてしまう犬もいます。

犬が危険な物を食べてしまったら大変。

しつけが出来ていない犬は特に何をするのか心配。

なので、リードをつけてしっかりと犬をコントロールしましょう。

まとめ

私も犬が好きなので、犬を自由にさせてあげたい気持ちはわかります。

でも、大切な犬のためにはやはりリードをして、一緒に散歩してあげるのが安心。

犬のためにも飼い主さんのためにも、犬の散歩はリードをつけてしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加