犬の食糞の原因はなに?食事、しつけなどの対策方法をご紹介

犬はゴミ箱を漁ったり、うれしくておもらしをしてしまったりと、ネコに比べて世話がやけるもの。

そんな犬を飼っている飼い主さんの悩みのひとつに食糞があると思います。

散歩をしているときなどに、犬が急に止まったと思ったら、他の犬のうんちを食べていた・・・。

そんな経験をした飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、犬の食糞の原因と、食事やしつけなどの対策方法をご紹介していきましょう。

犬の食糞の原因はなに?

犬の食糞の原因は1つではありません。

子犬は好奇心で食糞をすることがありますし、母犬は子犬のうんちを食べて臭いを消すことで、外敵から守る事もあります。

他にも犬が食糞をする原因は、ストレス、栄養不足、かまって欲しい時、痴呆(シニア犬)、体調不良、暇な時、お腹が空いている時などが多いようです。

犬が留守番をしている時に、うんちがあると暇だからうんちを食べてしまう事もあります。

長時間の留守番をさせないのが理想的なのですが、もし、犬1匹だけで留守番をさせるのなら、食べてしまわないオモチャなどを与えるのも1つの方法です。

ボールやぬいぐるみなどのオモチャを与えてしまうと、犬が食べてしまうこともあるので注意が必要です。

犬の食糞は食事が原因?

犬の食糞の原因に食事が考えられます。

ドッグフードの質、栄養素なども食糞の原因になることも。

いつも匂いの強いドッグフードを食べていると、美味しそうな匂いがするとつられて食べてしまうこともあります。

また、ドッグフードがしっかりと消化されていない場合には、うんちを食べ物と思ってしまうことも。

そんな時に、ドッグフードを変えてみたら、食糞がなくなったという経験をした人もいます。

他にも、食糞を防ぐシロップを使う方法もあります。

低価格のドッグフードには、消化に良くない物や栄養以外の成分が含まれていることも多いので、価格よりも品質でドッグフードを選ぶと安心です。

おすすめドッグフード カナガン


イギリス最高級のグレインフリードッグフード
『カナガン』

イギリスから直輸入した高品質で新鮮な食材からつくられた最高級のドッグフード、カナガン。

生産する工場では、徹底した品質管理でカナガンドッグフードを作っています。

犬の食糞を防ぐためのしつけとは

犬が食糞をしてしまったら、びっくりして騒いでしまいがち。

でも、犬の食糞を防ぐためのしつけとしてはNGです。

犬は、飼い主さんがかまってくれたと勘違いしてしまうのです。

それがエスカレートしてしまうと大変なことに。

なので、犬がうんちをしてしまったら、騒がずにだまって早めに片付けるのがおすすめ。

また、うんちをしてしまったり、食糞をしてもだまって片付けることで、犬に食糞をしてもかまってもらえないということをわからせるようにしましょう。

犬がトイレの失敗をしても叱らないであげましょう。

犬がトイレ以外でうんちをしてしまった時に叱ってしまうと、犬はうんちをすることが悪いことだと勘違いしてしまいます。

犬がうんちをしてしまい、叱られないように隠そうとして食糞をすることもあります。

食糞をさせないためには、だまって片付けるのがポイントです。

まとめ

犬の食糞の原因はなに?食事、しつけなどの対策方法をご紹介ということでご紹介しました。

食糞の原因はいろいろありますが、食糞をさせないこと、食糞をしてしまったらだまって片付けることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加