一人暮らしで猫を飼いたい!留守番は出来る?トイレの場所は?

引越しなどをして、一人暮らしになり、ペットが飼えるようになったので、猫を飼いたいという人もいます。でも、「猫を飼うのは初めてなのでちょっと心配」という人へ猫を飼う前に知っておきたい留守番やトイレの場所などをご紹介します。

一人暮らしで猫を飼いたい

7711ebb65dc05e8e7d8d73bd97eeda32_s

私は猫を飼っていた経験があります。猫は犬と違って、いつも気にかけておかなくても平気です。犬の場合には、ゴミ箱を漁ったり、電源コードを噛んだり、靴下を噛んだりと、常に気にしておく必要があります。(しつけにもよりますが・・・)また、何でも食べてしまうので、目が離せません。おもちゃのボールを食べてしまうことだってあります。犬だけで留守番させておいた時の経験談です。ペットの病院に連れて行き、お腹を切って取り出さなくてはならないので、痛い思いをさせてしまいました。

ちょっと犬の話が長くなってしまいましたが、猫の場合には、犬のように色んな物を食べてしまうことはありません。もちろんゴミ箱を漁っている姿を見たこともありません。ただ、犬と違った心配もあります。せっかく猫を飼うのなら、最後まで一緒に暮らして欲しいので、「猫を飼うとこんなことがあります」という良い部分とそうでない部分を猫の習性をご紹介します。

スポンサーリンク

猫を飼う前に知っておきたい習性など

かわいい、癒されるという理由で猫を飼うのだと思いますが、猫の習性を知っておくと、猫を飼いやすいと思います。

・爪を研ぐ

猫は爪を研ぐので畳、ふすま、障子、柱、壁紙などが猫の爪で傷つけられてしまいます。お気に入りの家具が猫の爪で傷つけられないようにしたいですね。そこで、猫用の爪とぎグッズを設置しておくと良いです。猫は、後ろ足だけで立ち、前足で爪とぎをすることもあるので、壁の前に爪とぎグッズを置いておくのも効果的。また、猫によっては畳などで爪とぎをする場合もありますし、家の中の数ヶ所で爪とぎをすることもあります。どこで爪とぎをするのかは、猫を飼い始めてみないとわかりませんが、いつも爪とぎをしている場所に爪とぎグッズをいくつか置いておくと良いでしょう。

また、短い言葉で「コラッ!」とか「ダメッ!」などと叱るのも効果的です。

・高い所が好き

猫は木登りや高い場所が好き。私の家で飼っていた猫(今は死んでしまったのでいません)はタンスの上にジャンプして登ろうとしていましたが、タンスの上に隙間が少なく、天井との距離が近いために、キョロキョロ何度も見ていましたが、結局一度も登ることはありませんでした。

・気分やさんかも?

猫にもよるのですが、飼っていた猫の体を撫でてあげていたら、急に爪で引っ掻いてくることがありました。特にお腹や足などはNGみたいです。(猫にもよります)頭、顎の下、背中などは気持ち良いみたいでした。

・のんびり

猫は犬よりものんびりしているように思いました。犬はかまってあげる必要があるのですが、猫は犬のように長時間散歩したり、遊んであげなくても平気。子猫はちょっと長めに遊んであげる方が良いと思いますが、大人の猫はかまって欲しい時にやってくるので、ちょっと相手をしてあげるくらいで大丈夫でしょう。

・餌が変わるとあまり食べないことも

犬の場合には、多少餌の種類が変わっても食べてくれますが、猫の場合には、いつもの餌と違う餌を与えると残すこともあります。普段は、乾燥しているドライタイプのキャットフードを与えていたのですが、缶に入ったウエットタイプのキャットフードを与tえてみたらチョトだけ食べて90%以上(大体の目分量)は残してしまいました。ちょっと高めのキャットフードをせっかく買ってあげたのに・・・残念でした。

・寒さに弱い

猫は寒さに弱いので、冬など寒い時期にはコタツや布団に入るのが好き。寝ていると、布団に入ってくることもあります。

・鳴き方が変わる時がある

メス猫を飼っていたのですが、発情期になると、「にゃ~ん」ではなく、「あお~ん」と言うような鳴き方になります。避妊していないのでオス猫を引き寄せるために、毎日長時間鳴いていました。どんな鳴き声なのかというと、動画があったので埋め込みしました。発情期に鳴かないようにするためには、避妊手術という方法もありますが、詳細は獣医さんなどへ相談してみましょう。

・猫は意外とニオイがない

またまた犬との比較になりますが、猫のニオイを嗅いでみたのですが、ほとんどニオイはありませんでした。犬はけっこうニオイますが・・・。

・本当に毛を逆立てる

この経験談は、私の家で飼っていた猫とは違う猫ですが、猫同士、犬と猫が威嚇しあっている時に、猫が背中の毛を逆立てることがあります。マンガの世界かと思っていましたが、本当にあった話です。

・グルーミング

犬もやりますが、猫はグルーミングしている時間と寝ている時間が多いです。また、犬のように、人間の顔などをペロペロと舐めてくることはありません。

・普段の鳴き声が犬よりも小さい

「犬を飼っている家からの犬の鳴き声がうるさい」ということはありますが、普段の猫は犬ほど大きな鳴き声ではないので、あまり近所迷惑にはならないでしょう。

一人暮らしで猫は留守番出来る?

「一人暮らしなので、自分がいない時に、猫はちゃんと留守番出来るの?」っていう心配がある人もいるでしょう。猫の場合には、犬のようにエサ以外を食べたり、大きな鳴き声で鳴いたりすることはありません。あまり動いたりすることもなく、寝ている時間やグルーミングしている時間がほとんどなので、留守番の心配もほとんどないでしょう。ただ、オス猫や子猫の場合には、元気すぎることもあるので、爪とぎやカーテンに登ったりすることもあります。猫を飼うなら、メスのほうがおとなしいので、飼いやすいです。

爪とぎの他に、キャットタワーなどがあると、猫も登って過ごせるので、猫の留守番にも便利。

一人暮らしで猫のトイレの場所はどこがいい?

猫はトイレのしつけが簡単。犬と違い、決められた場所(砂の上)にうんちやおしっこをするという遺伝子を持っているからです。猫砂って言う物を、ペットショップや、日用品を売っているホームセンターなどで見かけることがあると思います。犬砂ってないですよね。

では、猫が快適にうんちやおしっこを排泄できるトイレの場所はどこが良いのでしょう?

猫は犬や人間と同じように、人通りの多い場所や食卓から近い場所を嫌います。なので、あまり人通りがなく、風通しがよく、食事する場所から遠いところにしましょう。あと、猫はキレイ好きなので、猫砂が汚れていないようにすることも大切です。

まとめ

猫を飼っていた時の経験でいろいろとご紹介してきましたが、猫を育てるのは大変だと思っていても、かわいいし、癒やされます。最近では、犬よりも猫の人気が増加してきました。犬は人懐っこいけど、散歩やしつけなどが大変という理由だそうです。猫は大人になると、ほとんど手間がかからないので、犬よりも飼いやすいペットだと言えるでしょう。なので、一人暮らしで猫を飼いたいと思った時に、留守番の心配はほとんどいらず、トイレの場所はご紹介したような場所にしておけば問題ありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加