雛人形の飾り方 配置、お雛道具、場所はどうするの?

雛人形を飾る前に、飾り方で悩んでいる人もいるでしょう。最上段にお殿様とお姫様を飾るのはわかっていても、2段目、3段目、4段目・・・7段目となってくると迷ってしまうことも。そこで、雛人形の飾り方で配置、お雛道具、場所などについてご紹介します。

雛人形の飾り方 配置

725212073a79f5dcd76b813dfb1d7e33_s

雛人形の飾り方で迷ってしまうのが配置。3段飾り、5段飾り、7段飾りなどで、雛人形の配置も違います。そこで、3段飾り、5段飾り、7段飾りの配置をご紹介します。

雛人形の飾り方 3段飾り(動画)

①飾り台の組み立て。

②最上段・・・向かって左にお殿様、右にお姫様を飾ります。これは新式の場合の飾り方で、古式の場合には、左右の位置が逆になります。関東では向かって左側に男雛、右側に女雛、京都では、向かって左側に女雛、右側に男雛を飾ります。

③2段目・・・3人官女(お殿様とお姫様のお世話係)を飾ります。その時に、真ん中に座っている眉のない官女を置きます。※眉がないのは、平安時代に既婚者は眉を剃るという習慣があったためです。左側に、右足が前に出ていて口を開いている官女を置き、右側には、左足が前に出て口を閉じている官女を置きます。

④3段目・・・お道具(お姫様の嫁入り道具)を飾ります。動画では、真ん中に重箱、左側に籠、右側に御所車または牛車を飾ります。そして、左側にたちばな、右側にさくらを飾ります。紅白の梅の場合には、左側に白梅、右側に紅梅を飾ります。

雛人形の飾り方 5段飾り

雛人形の5段飾りは、最上段と2段目は3段飾りと同じように飾ります。

①3段目・・・五人囃子は能の囃し方と同じように飾ります。向かって左から太鼓、大鼓(おおつづみ)、小鼓、笛、謡(うたい)の順になります。

②4段目・・・隋心(ずいしん、ずいじん)、御膳、菱台を飾ります。朝廷では、左側が上座なので、雛飾りに向かって左側から右大臣、御膳、菱台、右側に老の左大臣を飾ります。

③5段目・・・5段目は、3段飾りの3段目と同じで、向かって左から、たちばな、籠、重箱、御所車、桜の順になります。

雛人形の飾り方 7段飾り

雛人形の7段飾りの場合には、最上段から4段目までは、5段飾りと同じです。5段目~7段目についてご紹介します。

①5段目・・・5段目には、仕丁(しちょう)を飾ります。向かって左側に台笠(京都は熊手)、真ん中に沓台(京都はちりとり)、右側に立傘/たちがさ(京都は箒/ほうき)を持たせます。左右の手の位置が高い方を外側にして飾ります。

②6段目&7段目・・・6段目と7段目の飾りについては、はっきりした決まりはないようです。ただ、3段飾り、5段飾りの1番下の段がたちばな、籠、重箱、御所車、桜だったので、それを7段目に飾り、6段目は左側から、たんす、ながもち、鏡台、針箱、火鉢、茶道具の順に飾ります。

スポンサーリンク

雛人形の飾り方 お雛道具

雛人形の飾り方の配置でご紹介したもの以外に、お雛道具にぼんぼり、屏風などがあります。ここでは、お雛道具と飾り方をご紹介します。

屏風/びょうぶ

屏風は、男雛と女雛の後ろに飾ります。

三方/さんぽう

男雛と女雛の間に飾ります。

雪洞/ぼんぼり

ぼんぼりは、最上段のお内裏さま/男雛とお雛様/女雛の左右に飾ります。

雛人形の飾り方 場所について

雛人形を置く場所で迷っている人もいるのではないでしょうか?特に決まりはないので、あいているスペースに飾っても良いです。同じような悩みを持っていた人が、どこに飾っているのかご紹介!雛人形を飾るのに理想的な場所もご紹介します。

雛人形を飾っている場所 リビング

リビングに飾っているという女性。お子さんと一緒に飾ったそうです。一緒に飾ると楽しそうですね。(^o^) ただ、ネコを飼っているご家庭以外では、ケースに入れたままだと飾らなくなったり、ガラスケースが歪んでしまい、割れることもあるので避けたほうが良いそうです。

他には、リビング飾ってあるとずっと見ていられる、できるだけ皆んなに触れ合える場所ということで、リビングの棚の上に飾っているという人もいます。

雛人形を飾っている場所 玄関

愛知県の山間部では、玄関に雛人形を飾っているご家庭も少なくないとのこと。それは、地域の子供たちが、ひな祭りの時に「おひなさんみせて~」と言って、近所をまわってお菓子をもらう風習があるからだそうです。玄関に雛人形を飾っておけば、雛人形を見られやすくなりますよね。

雛人形を飾るのに理想的な場所とは?

雛人形を飾るのに理想的な場所は、直射日光の当たらない、湿気の少ない場所。また、エアコンやストーブの近くで風が当たる場所、きっちんなどの水や油が飛んでくる可能性がある場所は避けたほうが良いでしょう。

飾っている人の体験談の中で、「家族全員の目に触れる場所であるリビングに飾ってあると、季節感も感じられるのでおすすめです」ということでした。寝室は、布団の上げ下ろしでホコリをかぶってしまいやすいので、リビングにしているという人もいます。

まとめ

昭和天皇の即位までは、お内裏さまが向かって右、お雛様が向かって左になっていました。しかし、昭和天皇が即位の時に、向かって左側に立ちました。雛飾りもそれにならい、向かって左側にお内裏さま、右側にお雛様というように並べることが多くなりました。

雛飾りは、飾るご家庭により、それぞれ違うので、ご自身で判断してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加