ひな祭りの豆知識 雛人形は誰が買うの?しまう時期、次女の雛人形はどうする?

ひな祭りには、雛人形や桃の花を飾って女の子のすこやかな成長を願います。

そんなひな祭りで疑問に思ってしまうのが、雛人形は誰が買うのかということ。

また、飾った雛人形をしまう時期がいつなのか疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、ひな祭りの豆知識として、雛人形を買う人、雛人形をしまう時期、次女や三女の雛人形はどうするのかご紹介していきます。

スポンサーリンク

雛人形の豆知識 雛人形は誰が買うの?

雛人形の豆知識としてまず最初に、雛人形は誰が買うのかという疑問をご紹介!

雛人形は、母親の実家から贈られるのが一般的です。

ただ最近では、両親の両家が半分ずつお金を出し合って贈られることも多くなっています。

誰が雛人形を買うのかということは、あまり気にしなくても良い感じになってきています。

生まれてから成人するまでの間、毎年雛人形を飾るのが理想的。

雛人形の豆知識 しまう時期はいつ?

雛人形をしまう時期は、ひな祭りの3月3日が過ぎたら速やかに片付けるのが習わしです。

その理由は、「お嫁に行くのが遅くなる」という言い伝えがあるからです。

また、雛人形を片付けることで、整理整頓を考えるという意味もあるそうです。

ちなみに、雛人形を飾る時期の決まりはないのですが、立春からひな祭りの一週間前までの間が多いようです。

ただ、NGなのが3月2日に飾ること。

ひな祭りの前日に飾るのは、一夜飾りと言って良くないとされています。

ひな祭りに雛人形を飾るのは、厄災を雛人形に移すこと。

女の子の身代わりになってくれる雛人形に失礼とも言われています。

スポンサーリンク

雛人形の豆知識 次女の雛人形はどうする?

家族に女の子が2人以上のご家庭では、雛人形はいくつ必要なのでしょうか?

長女のお下がりの雛人形を、次女や三女のひな祭りの時に使っていませんか?

実は、女の子それぞれに雛人形を用意してあげるのが良いとされています。

他の人から譲ってもらうのも良くありません。

女の子の厄を背負ってくれる雛人形なので、一人ひとりに用意してあげましょう。

なので、次女、三女、四女などには、新しい雛人形を用意してあげましょう。

ただ、飾る場所がないこともあります。

また、予算的に厳しい事もあるでしょう。

そのような時には、小さめの雛人形や市松人形を飾るのも良いでしょう。

まとめ

「ひな祭りの豆知識 雛人形は誰が買うの?しまう時期、次女の雛人形はどうする?」という記事でした。

雛人形を買うのは特に決まりはないですが、母親の実家から贈られるのが一般的だったこと。

雛人形をしまうのは、ひな祭りが過ぎたら早めにしまう。

次女、三女、四女などの雛人形は、新しく用意してあげましょう。

まとめると、以上になります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加