男の子の初節句と時期 お祝いは誰が買うの?何を買うの?

男の子が生まれて初めての節句が初節句。男の子が生まれたら、5月5日の端午の節句に武者人形、鎧、兜などを飾って、「男の子が健やかに成長できますように」と願う行事です。男の子の初節句にはお祝いを贈りますが、誰が買うのでしょう。また何を買うのでしょう。初節句の時期についてもご紹介します。

男の子の初節句の時期はいつ?

297b3aa7560f80d0cfff7ca956f543bb_s

女の子の初節句である「3月3日の桃の節句」には、雛人形などの贈り物をしてお祝いしますが、男の子の初節句にも贈り物をしてお祝いをします。

男の子の初節句は、生まれて初めての節句である5月5日の「端午の節句」になります。初節句にお祝いを贈る時期は、飾り付けの前が良いので1ヶ月前ぐらいでも良いでしょう。初節句の飾り付けを2~3週間前にすることもあるので、少し早めでも良いです。(誰が何を贈るのか相談しておいたほうが、同じものがかぶらないので良いでしょう。)

初節句をいつ行うのかについては、送り先のご家庭に聞いてからにしましょう。出産したばかりで大変な時期に無理して初節句のお祝いをする必要もありません。相手方に負担をかけないようにしましょう。

1番大切なのは、お母さんと男の子の体なのですから。

男の子の初節句の飾り付けとあと片付け

端午の節句に、五月人形や鯉のぼりなどを飾ります。その時に、疑問に思ってしまうのが、いつ飾り付けをして、いつあと片付けをすれば良いのかということ。一般的に飾り付けは、端午の節句の1~2週間前から。あと片付けは、端午の節句が終わったあとの5~7日以内までにしましょう。

スポンサーリンク

男の子の初節句のお祝いは誰が買うの?

男の子の初節句のお祝いは、誰が買うのでしょう。昔と現在に分けてご紹介します。

◯昔はお嫁さん、お婿さんの両親が初節句のお祝いを買っていた

昔は、その家の跡取りとして、大切な労働力であるお嫁さんやお婿さんを迎え、衣食住のためのお金すべてをその家の両親が出していました。お嫁さんやお婿さんの両親は、子供、生まれた孫の様子が心配ではあるのですが、遠慮もありなかなか会いに行けませんでした。そこで、男の子の初節句や女の子の初節句や、お宮参りなどでお祝いを持って子供や孫の様子を見に行っていたと言われています。

◯現在では昔ほどのこだわりはない

現在、地域によってはお嫁さんの両親やお婿さんの両親が購入するとか、迎えた側の両親が購入するところもありますが、昔ほどこだわらなくなっています。

初節句のお祝いを購入するのに、両家の親の関係が悪くなってしまったのではお祝いも台無しになってしまいます。なので、両家で話し合ってどちらかが購入したり、子供にお祝いの品を選ばせて、両家の両親が費用を半分ずつ支払うなどといった方法で購入しています。

男の子の初節句のお祝いを誰が買うということよりも、生まれた子供さんの健やかな成長をみんなでお祝いしてあげるということのほうが大切なのではないでしょうか。

男の子の初節句に何を買うの?

男の子の初節句には、鯉のぼり、兜、五月人形などを買います。では、それぞれの意味についてご紹介します。

男の子の初節句に鯉のぼりを買う理由

鯉のぼりは家の外に飾る外飾り。男の子の初節句に鯉のぼりを買う理由は、中国の伝説「鯉が急流を登り、龍門という滝を登ると龍になって天に登っていくというもの」がもとになっています。

生まれてきた男の子が健やかに成長し、大人になっていく過程で、様々な登竜門を超えて出世できますようにと願いを込めて飾る飾りなのです。

男の子の初節句に鎧、兜、五月人形を買う理由

「鯉のぼりを男の子の初節句に買うのはわかったけど、じゃあ何で内飾りに鎧、兜、五月人形などを買うの?」って思いませんか?私も知る前まではそう思っていました。・・・当たり前ですけど。

鎧、兜、五月人形を飾るのは、武家社会から生まれた風習です。鎧や兜は、戦うときに自分の身を守ってくれる大切な道具。それが江戸時代には、子供の厄払いの願いを込めて飾るようになり、現在では「病気、交通事故などから子供の身を守るように」とか「様々な困難に負けずに生きていけますように」という願いを込めて飾るようになりました。

まとめ

節句近くの日に生まれた男の子の初節句をいつ行うのかということは、相手方に聞いておきましょう。また、贈り物は誰が買うのかということは予め相談してからにすると、両家の関係がぎくしゃくするのを防ぐこともできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加