花火大会を浴衣で楽しむ女性のための着付けと帯の結び方

「花火大会には浴衣を着て行きたい!」と思っている女性の中には、着付けについてイマイチ自信がないという人もいるはずです。もしあなたが、浴衣の着付けで疑問な点があれば、これからご紹介する記事が役立つかも。花火大会、夏祭りなどを、浴衣で楽しむ前に知っておくと安心なのです。

花火大会を浴衣で楽しむ女性のための着付け

e617086398a93e9b2a3aedbb31554bbd_s

着物よりもカンタンですが、浴衣着付けがはじめての女性には大変だし、悩んでしまうこともあると思います。

そこで、自分ひとりで着付けできる着付けや帯の結び方をご紹介します。

1人でできる着付け

1、裾の高さを決める。

背筋を伸ばし、脚を揃えてまっすぐに立ち、揃えた襟先の約20cm上と背縫いを持って浴衣を持ち上げ、裾の高さを決める。※この時の裾の高さは、くるぶし位までにします。前裾は、ちょうどくるぶしが隠れる長さがバランス良く、軽やかな印象に仕上がります。

2、上前幅を決める。

体の幅と合うように、襟下が右脇にくるように合わせる。※上前とは、浴衣の前を合わせた時に外側になる部分で、下前とは浴衣の前を合わせた時に内側になる部分のこと。

3、下前の位置を決める。

上前を広げ、下前を脇に入れる。

4、上前を下前にかぶせる。

5、腰紐を結ぶ。

左手で腰紐を持ち、腰の位置に当て、体の後ろ側で交差させて締めたあと、前側で結ぶ。

6、紐の間に紐の端をはさむ。

7、おはしょりを整える。

8、首のうしろの開きを調整(衣紋を抜く)。

片手で両襟を揃えて持ち、反対の手で背縫いを下へひく。一般的には、握りこぶし1つが入るぐらい隙間を開けます。

この時に若々しく見られたいなら、上から見た時に少しV字型になるようにします。大人っぽく見られたいなら、握りこぶし1つが十分に入るぐらいの少し大きめにします。形はU字型で、衿合わせも指3~4本分が縦に入るように開けるようにします。

9、襟の調整。

襟を喉のくぼみの辺りで交差するように合わせたあと、胸下に胸紐を当てる。※喉のくぼみが隠れるように合わせると、若々しく見られます。

10、胸紐を結ぶ。

後ろで交差させた胸紐を前側で結ぶ。

11、浴衣の後ろのシワをとって整える。

12、胸紐の下のたるみをひく。

13、おはしょりの整理。

スポンサーリンク

浴衣を着る時に必要な下着と小物

浴衣を着る時には、綺麗に手早く着付けを仕上げるために必要なものがあります。それでは、ご紹介していきましょう。

1、浴衣肌着

着崩れ、汗ジミ、シワなどを防ぐために必要です。素材は木綿で、通気性、吸湿性が良いワンピースタイプ。

2、着物ベルト

クリップ式のゴムベルト

3、腰紐

面ファスナー式がカンタン。

4、伊達締め

浴衣と帯を綺麗に着付けるために帯下にする。

5、前板

帯の内側に入れ、シワを防止する。

花火大会を浴衣で楽しむために帯の結び方を知っておく

帯の結び方には、文庫結び、重ね文庫、花文庫、蝶結び、矢車草、貝の口、リボン結びなどがあります。ここでは、文庫結び、蝶結び、貝の口の結び方の動画をご紹介します。

文庫結び

蝶結び

貝の口

身長に合わせた浴衣の選び方と帯の位置

女性の身長やバストのサイズなどによって、似合う浴衣の柄もちがいます。また、帯の位置を変えるだけで見た目の印象も大きく変わります。そこで、女性の体格に合わせた浴衣の選び方と帯の位置をご紹介します。

身長と帯の位置

身長の高い女性が、普通の腰の位置で帯を結んでしまうと、上半身と帯から下の長さの違いが目立ち、間延びしたような印象になります。なので、通常よりも少し下の位置で帯を結ぶようにします。

また、2巻目の帯を少し下へずらすようにして、帯の幅を広くするのも良いです。

大人っぽい印象にしたい時にも、帯の位置を低くします。衣文は少し抜き気味で、衿合わせを浅くします。色数が少ない浴衣でモダンな柄がピッタリ。

身長と似合う柄

身長により、浴衣の色や柄も似合う場合とそうでない場合があります。体型ごとに分けてご紹介します。

・背の高い女性に似合う浴衣

背の高い女性に似合う浴衣の柄は、大きめの花柄、太い縦のライン、大柄のチェックなど。色は、薄いブルーや白などがおすすめ。

・背の低い女性に似合う浴衣

背の低い女性に似合う浴衣の柄は、小さめの花柄、細かいチェック柄など。色は元気な印象を与える黄色や、細い縦のラインで背を高く見せる浴衣が似合います。

バストのサイズと浴衣

バストの大きな女性が浴衣を着ると、帯の上に胸がのったような状態に!衿もとがスッキリしない、老けて見られる、着崩れの原因などになります。

そんな時には、和装用ブラジャーを使って補正すると胸元がスッキリして若々しく見られます。

逆に、胸が小さい女性の場合には、パッド入りの和装用ブラジャーがおすすめ。綿素材なので汗を吸収、肌にも優しいのが特徴です。

ウエストとヒップの段差が大きいと、シルエットも綺麗に見えないので、補正パッドを使うと綺麗なシルエットにすることができます。

まとめ

以上が、花火大会を浴衣で楽しむ女性のための着付けと帯の結び方でした。自分に最適の浴衣を見つけて、キレイなシルエットで花火大会にお出かけしてみませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加