電気ストーブの特徴 安全性・電気代・使い方の疑問をズバッと解決!

冬の暖房器具の選び方には、電気ストーブ、ヒーター、エアコン、こたつ、ホットカーペット、電気毛布などいろんな種類の物があります。

ココでは、電気ストーブの特徴として、「安全性」「電気代」「使い方」についてご紹介します。

電気ストーブの特徴 安全性

電気ストーブで気になる事の1つに安全性があります。安全性を知るにはまず仕組み知っておくとわかりやすいので、まずは電気ストーブの仕組みについてご紹介します。

電気ストーブは、その名の通り、電気を熱エネルギーに変換して暖める器具です。オイルヒーターやカーボンヒーターも電気ストーブに含まれます。

スポンサーリンク

電気ストーブの場合には、灯油を燃やしたり、ガスを燃焼させたりしないので、部屋の空気が汚れず、換気をしなくても良いというメリットがあります。

安全性に関しては、発熱体が露出しているので、洗濯物などの衣類や室内の可燃物が接触して起こる火災に注意しましょう。

また、電気コードのショートなどにも注意!ペットのワンコがかじったりすると、中の金属線が露出してしまい、ショートする可能性があります。

電気ストーブの特徴 電気代

暖房器具の電気代は気になるもの。そこで、電気ストーブの電気代についてご紹介します。電気ストーブはエアコンと比較すると、温度調節の機能がありません。

なので、使用している時には、ずっと同じ消費電力になるのです。

スポンサーリンク

エアコンの場合には、電源を入れて使い始める時に、部屋全体を暖めるためたくさんの電気を必要とします。ただ、設定した温度になると消費電力も少なくなります。

エアコンと電気ストーブでは、長時間使用するならエアコンの方が電気代が少なくてすみますが、短時間の使用なら電気ストーブのほうが電気代が少なくなります。

電気代は、基本料金や電力会社によって違いますが簡単にチェックするならこちらで電気代のシュミレーションが出来ます。⇒http://www.akaricenter.com/mame/wattcalc.htm

電気ストーブの特徴 使い方

電気ストーブを効果的に使うための使い方をご紹介します。

電気ストーブは、大きな部屋全体を暖めるためにはあまり向いていません。

どちらかと言えば、狭い部屋や足元などを暖めるために利用するほうが効果的!

また、建物の構造が木造よりもコンクリートで造られているもののほうが暖まりやすいです。

電気ストーブを効果的に使うには、窓にカーテンを使います。

また、電気ストーブには空気を循環させるためのファンがついていないので、扇風機などと一緒に利用することで、部屋全体を暖める事が出来ます。

まとめ

価格がお手頃な電気ストーブ。

広い部屋を暖めるにはちょっと向かないのですが、外から帰ってきた時に、スグに暖かくなるので、急いで暖まりたいならエアコンよりも良いです。(電気ストーブの近くだけですが・・・)「エアコンまでは必要ないけど、電気ストーブじゃ物足りない」という方には、送風機能があるファンヒーターがおすすめ。

また、お金をあまりかけずに、部屋全体を暖めるなら、灯油を使って暖める石油ストーブ、石油ファンヒーターなどがおすすめです。

ただ、換気不足による「一酸化炭素中毒」の可能性があるので、空気の入れ替えが必要です。また、水蒸気が発生するので、窓ガラスや壁などに結露が発生。

カビの原因になったり、木材を腐らせたりする事もあります。それぞれの特徴を知っておいて、何を優先したいのかで選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加