電気毛布の選び方!消費電力・丸洗い・耐用年数など

den

冬にあると嬉しい電気毛布。冷たい足先や体全体を温めてくれます。

ただ、「電気毛布にはいろんな種類があるので、どれを選べばよいのかわからない」という方もいるのではないでしょうか?

そこで、電気毛布の選び方で消費電力、丸洗い、耐用年数などについてご紹介します。

電気毛布の選び方・消費電力

電気毛布の選び方の1つで消費電力があります。

消費電力は電気代に関係するのでやはり気になるもの。

では、電気毛布の消費電力とはどれ位なのでしょう。(電力料金により変わります)

電気毛布の消費電力は、40W~80W位。40Wのもので1時間あたり約0.61円、80Wのものでは、1時間あたり約1.35円となります。

ただ、強(31W/h)、中(18W/h)、弱(3W/h)など温度設定が出来るので、消費電力も変わります。

電気毛布の電気代⇒https://enechange.jp/articles/cost-electric-blanket

ホットカーペットと比較すると、電気毛布の方が電気代はかなり安くなっています。※ホットカーペット2畳用で1日5時間使用すると、30日の電気代は約1.635円だそうです。

スポンサーリンク

電気毛布の選び方・丸洗い

電気毛布は洗える物と洗えない物があるので、説明書やタグなどで確認しておきましょう。

電気毛布の丸洗い手順(洗濯機)

①洗濯機が毛布を洗える機種か洗えない機種かを確認する。

毛布を洗うことが出来ない洗濯機で洗ってしまうと故障可能性があります。

②コネクタの部分を毛布の内側にして丸め、洗濯用のネットに入れて洗う。

③脱水は、ネットに入れた状態で30秒~1分位。

④日陰で乾かす。

水よりは、ぬるま湯(30°位)がおすすめ。洗剤は中性洗剤を使い、柔軟剤を使うとふんわり仕上がり、静電気を抑える効果もあります。

注意点・・・洗う時には、他の衣類などと一緒に洗わないようにします。また、乾燥機はNGです。

電気毛布の丸洗い手順(手洗い)

①毛布を4つ位に折りたたみます。(まずは、長い方から2つに折ります。)※コネクタ部分を内側にして折りたたむ。

②大きめのたらいか浴槽を利用して、中性洗剤を使い、30°位のお湯で少しつけ置きしておく。

③手や足を使って押し洗い。シャワーなどを使ってしっかりと洗剤を洗い流す。

④柔軟剤を使用する時には、毛布が浸かるくらいのお湯の量の中に浸しておく。

⑤同じように、シャワーなどを使ってしっかりと洗い流す。

⑥手や足を使って押して水を切ります。※ねじらないように。

⑦日陰で乾かす。

電気毛布の選び方・耐用年数

電気毛布の耐用年数は、使用状況などによって変わります。

早ければ1年で壊れてしまったという経験談も聞きますが、20年使っているという経験談もあります。

暖かくならなくなったら買い替えの時期です。中に使っている電線がダメになっている場合もあるので。
まとめ
電気毛布で注意したいのが、低温やけど。比較的低い温度(40°~50°)で長時間肌に触れていると、やけどをしてしまいます。

なので、温度設定が強のままで睡眠してしまうと、低温やけどの恐れがあります。

取り扱い説明書でしっかりと確認しておくことをおすすめします。

また、電気毛布をペットには使えません。正しく使って、寒い冬を暖かく過ごしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加