中秋の名月になぜ月見団子を供えてすすきを飾るのか

9月になるとすすきを飾り、月見団子を供えて月見をする人もいます。暑い夏が終わり、少しずつ涼しくなって、気持よく月見ができますよね。でも、中秋の名月と言われる日になぜ月見団子を供えてすすきを飾るのでしょう。中秋の名月の意味と合わせてご紹介していきます。

中秋の名月とは

me

中秋の名月とはいつなのでしょう。

まずは中秋なのですが、中秋とは陰暦(旧暦、太陽太陰暦)で8月15日の秋の半ばのこと。

中国で月を祭る日とされてきました。

カレンダーに睦月、如月、弥生・・・などと書かれているものがありますよね。

陰暦で1月を睦月(むつき)、2月を如月(きさらぎ)、3月を弥生(やよい)などと呼びます。

その陰暦で8月15日の夕方に出てくる月を「中秋の名月」と呼びます。

現在、世界の多くの国で太陽暦として使われているのがグレゴリオ暦。

その太陽暦で中秋の名月はいつなのかと言いますと、9月上旬~10月の上旬までの間で、毎年日にちが変わります。

ちなみに2016年は9月15日、2017年は10月4日、2018年は9月24日、2019年は9月13日、2020年は10月1日となっています。

ただ、中秋の名月が必ず満月になるとも限らないですし、雲で月が隠れたり、雨が降ったりすることもあります。

ちなみに、雲で隠れて月が見えないことを「無月」、雨が降ることを「雨月」と呼びます。

スポンサーリンク

中秋の名月に月見団子を供える理由

中秋の名月に月見団子を供える理由は、収穫に感謝するという意味があり、米粉を丸めて作った月見団子を供えるようになりました。

月見団子を供える前に供えていたのは、里芋、さつまいもなどのイモ類です。

月見団子の数は、15夜なので15個という説と、その年の満月の数と同じ12個(うるう年は13個)だという2つの説があります。

中秋の名月は別名で「芋名月」とも呼ばれています。

これは、この時期に収穫される芋類をお供えするのでそう呼ばれることもあります。

中秋の名月にすすきを飾る理由

中秋の名月になぜすすきを飾るのでしょう。

その理由は、すすきが稲穂の形に似ているから。

収穫を感謝して稲穂を飾るのですが、稲穂の収穫前なので稲穂の代わりにすすきを飾るようになりました。

地域によっては、稲穂を飾っているところもあるようです。

まとめ

中秋の名月と言われる、陰暦の8月15日の夕方に出てくる月には、月見団子やすすきをお供えして、神様に収穫を感謝するのが理由だったのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加