調味料と水の分量、加減を表すことばのまとめ 一摘みや少々はどれくらい?

料理をする時に、料理本やテレビの料理番組などで、調味料の量を一摘み(ひとつまみ)や少々などと表していることがあります。

手の大きさによって実際の量は変わることもありますが、一摘みや少々は器具を使わずに手ではかる時の表し方。

また、水の分量もひたひたとか、かぶるくらいなどと表現していることがあります。

でも、実際にはどれくらいの量なのでしょう。

そこで、調味料と水の分量、加減を表すことばをまとめてみました。

スポンサーリンク

調味料の分量、加減を表すことば 一摘み、少々など

cy

ひとつまみと少々とはどちらの量が多いのでしょう。

調味料である、塩や砂糖などをつまむ指の本数で決まります。

その他の分量、加減を表すことばと合わせてご紹介します。

一掴み

一掴みとは、片手で握れるほどの分量になります。

一般の家庭では、一掴みする調味料はあまりないと思いますが、鰹節を削ったものなどは味噌汁のダシをとる時に一掴みすることもあるでしょう。

また、漬物をする時には、塩を一摘みすることもあるはずです。

一握り

一握りは一掴みと同じように、片手で握れるほどの分量になります。

一摘み、少量

一摘みと少々はどちらが多いのか迷ってしまう人も多いのかもしれません。

その違いは、指の本数が1本違うこと。

一摘みは、親指、人差し指、中指の3本を使って摘める量になります。

少量という表し方もありますが、少量も同じように親指、人差し指、中指の3本を使って摘める量になります。

少々

少々は、一摘みよりも少ない量になります。

親指と人差し指の2本を使って摘める量になります。

たまに耳かき1杯という表現もありますが、量は少々と同じ程度です。

適宜

1番わかりにくいのでは適宜(てきぎ)ではないでしょうか。

適宜とは「必要なら入れましょう」ということなので、好みで調味料を入れたり入れなかったりします。

適量

適量という表し方もあります。

適量とは「好みの量をいれましょう」ということなので、必ず入れるようにするのですが、量は好みの量にしましょうという事になります。

スポンサーリンク

水の分量、加減を表すことば

mi

水の分量表すことばにも、ひたひたとか、かぶるくらいなどの表し方があります。

ではどれくらいの分量なのかご紹介していきます。

なみなみ

なみなみとは、溢れそうな量のことを表します。

ただ、水をなみなみに注いで料理をすることはあまりないでしょう。

たっぷり

「鍋に具材を入れたあとに、たっぷりの水を入れて茹でます」などと料理本に書いてあったら、具材が水に全て浸かり、さらに水が余っているような状態のことをたっぷりと表します。

かぶるくらい

かぶるくらいとは、具材が水から出ないぐらいギリギリの量になります。

ひたひた

ひたひたとは、鍋に入れた具材の上の部分が水面から見え隠れする程度の量になります。

まとめ

ご紹介したのは、はかりを使わずに調味料をはかる方法になります。

クッキー、ケーキなどのスイーツを作る時には、ちゃんとはかりではかって作らないと上手に出来ませんが、料理の場合には、はかりを使わなくても味見しながら作れば美味しく作ることができます。

また、いちいちはかりを使ってはかるよりも、味見しながら調味料を加えていけば、時間の短縮にもなります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加