クリスマスに子供たちと楽しむ5つのゲームと景品はこれっ!

クリスマスには、近所の子供たちと一緒にゲームをすることもあるでしょう。

トランプやテレビゲームもいいけど、普段とはちょっと違うゲームをして楽しむのも良いと思います。

また、「ゲームで勝ったら景品あり」など決めて楽しむとさらに盛り上がるはずです。

そこで、子供たちと楽しむゲーム、景品をご紹介します。

クリスマスに子供たちと楽しむゲーム

f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s
クリスマスにたくさんの子供たちが集まって楽しむためのゲームをご紹介!

ゲームをするための人数がある程度必要で、1人ではできない、みんなで楽しむゲームです。

クリスマスの思い出になりそうですね。

宝さがし

大人も子供も盛り上がる事ができる宝探しゲーム。

家の中のどこかにいくつかお宝を隠しておいて、誰が1番はやく見つけることができるか争うゲームです。

そのまま楽しむのも良いですが、いくつか箱を用意しておいて、お宝入りと空箱などに分けて隠しておくと、面白いと思います。

「せっかく見つけたけど、中には何も入っていなかった」って事も。

また、クイズを解くとお宝のありかがわかるというのも、頭を使って考えて楽しめます。

実は、家の外にお宝があったり、となりの家に隠してあったり(となりに住んでいる人も参加している場合)するのも面白そうですね。

負けたら罰ゲームで、変顔をするなども面白そう。

スポンサーリンク

ハンカチ落とし

ハンカチ落としは、誰か1人鬼を決めておき、他の人は円になって座ります。

鬼は、そのまわりをまわり、誰か1人決めてその人の後ろにハンカチを落としていきます。

ハンカチを落とされたことに気付いたら、ハンカチを持って円のまわりをまわります。

これを繰り返すわけですが、ハンカチを落とされたことに気づかず、鬼に肩を叩かれた人が負けです。

イス取りゲーム

イスを人数分よりも少なくして、そのまわりをまわり、音楽が止まったり笛を吹いたらイスに座るというゲーム。知っている人も多いゲームです。

ちょっと広めの場所が必要ですね。

単語の記憶力ゲーム

前の人が言った単語に新しい単語を付け加えて言っていくゲーム。

例えば、最初の人が「ケーキ」と言ったら、次の人が、「ケーキ」「サンタ」と言い、またその次の人が「ケーキ」「サンタ」「プレゼント」などというふうにゲームを進めていきます。記憶力が勝負のゲームです。

目覚まし時計で爆弾ゲーム

目覚まし時計を爆弾として、順番にしりとりをして回していくゲーム。

風船を使った爆弾ゲームもありますが、目覚まし時計で代用できます。

アラームを数分後にセットしておき、アラームが鳴った時に目覚まし時計を持っていた人が負けというゲームです。

大人も子供も楽しめるゲームだと思います。

スポンサーリンク

子供が喜ぶクリスマスの景品

「クリスマスのゲームで勝った子供に景品を贈りたい」という場合に、かわいい景品を揃える事ができるのがこちら⇒子供会・自治会・イベント景品 ビンゴ景品 おまかせアソート

参加する人でそれぞれお金を出し合って、景品を揃えてみては?

何もないよりは、景品があると盛り上がること間違いなしです。

まとめ

クリスマスには、普段できないゲームをして楽しむことで、良い思い出になるでしょう。あとは、ケーキと食事、飾り付けがあれば最高!ですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加