キャンプでのバーナー、クッカーの種類と選び方

休日には山にキャンプに行きたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

キャンプで料理をする時に、バーナーやクッカーを使うことがあると思います。

バーナーにも種類があり、それぞれのメリットやデメリットがあります。

また、クッカーも種類や選び方があります。

それぞれキャンプに適したものがあるので、おすすめのものを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

キャンプでのバーナーの種類と選び方

キャンプで使用するバーナーの種類には、ガソリンタイプのものと、ガスタイプのものがあります。

ガソリンタイプのバーナーの特徴

ガソリンタイプのバーナーは、ホワイトガソリンを入れ、燃料として使います。

では、ガソリンタイプのバーナーのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

◯燃料代が安い。(1時間あたりの燃料代が200円程度)

◯環境に関係なく火力が高いので、炒め物や揚げ物など、より美味しく料理を作るために強い火力が必要な場合に適しています。

デメリット

◯気化しやすいため、引火に注意が必要。

◯使い方が少し面倒。

ガソリンタイプのバーナーの使い方(動画)

ガソリンタイプのバーナーの使い方を動画でご紹介します。

コールマンのツーバーナーの動画になります。

点火などの使い方とメンテナンスの方法がわかりやすく紹介されています。

動画でも紹介されていますが、ポンピングを100回~150回するという作業が使い方の面倒なところ。

何度かやって慣れてくれば気にならなくなるでしょう。

ガスタイプのバーナーの特徴

ガスタイプのバーナーは、ガスが入っている燃料カートリッジを装着して使用します。

メリット

◯点火がワンタッチ。

◯使い方がカンタン。

デメリット

◯ガソリンタイプのバーナーと比較すると、燃料代が高め。

◯使用する環境で火力が変わります。特に、温度が低い場所で使用すると火力が弱くなってしまいます。

下の動画では、ガスタイプのバーナーの使い方が紹介されています。

キャンプでのクッカーの種類と選び方

キャンプで使用するクッカーの種類にはどのようなものが良いのでしょうか。

では、さっそくご紹介していきます。

クッカーの種類

クッカーとは、登山、アウトドアなどで使用するための鍋のこと。

軽くて使いやすいのが特徴です。

クッカーの素材

クッカーに使用されている素材には、ステンレス、アルミ、チタンなどがあります。

ステンレス製のクッカーは、熱伝導性が良くない(アルミ製の物より焦げやすい)、重いというデメリットはありますが、強度が高い、サビにくい、衛生的というメリットがあります。

焦げやすい素材なので、炒め物よりも、水分の多い煮物やスープなどの料理に適しています。

アルミ製のクッカーは、強度が低いというデメリットはありますが、ステンレス製の物よりも軽い(ステンレスの1/3の重量)、熱伝導性が良い(熱がまんべんなく伝わり、焦げにくい)というメリットがあります。

炒め物、煮物などいろんな料理に適しています。

チタン製のクッカーは、熱伝導性が良くないというデメリットがありますが、強度が高い(アルミの約6倍)、軽い、錆びないなどのメリットがあります。

スープのように焦げにくい料理に適しています。カレーは、カレー粉を入れた後によくかき混ぜて焦げないようにしましょう。

その他にも、セラミックをコーティングしたもの、アルマイト加工をしたものなどがあります。

クッカーの形

クッカーの形は、深型、浅型、角型などがあります。

角型のクッカーは、袋のラーメンを作るのに適していますし、お皿代わりに使用できます。

スポンサーリンク

クッカーの選び方

クッカーの選び方として、目的に適している物を選ぶ事が大切です。

何人で使用するのか、何を作りたいのかなどを決めてから、適しているクッカーを選びましょう。

使用する人数とクッカーのサイズ

◯1人でクッカーを使用するのなら、750ml程度の容量があれば、お湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、カップ麺を作ったりすることができます。お湯を沸かすだけではなく、料理のために使用するなら、1.0l以上あると便利です。

◯2人でクッカーを使用するなら、1.5l程度の容量のクッカーが欲しいところ。料理に使用するなら2個以上あると便利。炊飯用、おかず用として別々のクッカーを使うことが出来ます。

クッカーの形(深型、浅型、角型)

◯深型のクッカーは、中にガスカートリッジやカップ麺を入れることができるので、荷物をコンパクトにまとめることが出来ます。熱の伝わり方にムラがあるため、炊飯、ラーメンを作るなどの目的で使用するのがおすすめで、煮物、カレーなどを作るためには不向きです。

◯浅型のクッカーは、熱の伝わり方が深型クッカーよりも均一なので、煮込み料理や野菜炒め、生姜焼きなどの炒め物に適しています。いろんな種類の料理に適しているのが、浅型クッカーです。

◯角型のクッカーは角があるので、袋麺(四角いもの)を調理するのに最適です。また、お湯を沸かした時に角を使ってお湯を注ぐことができるというメリットもあります。

お手入れがカンタンなクッカー

クッカーの表面をテフロン加工などしてあると、焦げ付きにくく掃除がカンタンです。ティッシュで拭くだけで汚れを落とすことができます。

まとめ

「キャンプでのバーナー、クッカーの種類と選び方」についてご紹介しました。

キャンプに参加する人数や作りたい料理によってクッカーを選ぶのがおすすめ。

必要以上に持っていくと重くなり、コンパクトにまとめることが難しくなるので、必要最低限にするのがおすすめです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加