ビジネスバッグのメンズ用の選び方 種類、デザインなどもご紹介

サラリーマンなどがビジネスで使用するメンズ用のビジネスバッグ。持ち運びする物のサイズ、数、重さなどによって、バッグの選び方も違ってきます。また、素材、種類、デザインなどもビジネスバッグを選ぶ時に比較しておくことをおすすめします。では、どのような選び方があるのかご紹介していきましょう。

ビジネスバッグ メンズ用の選び方

4d5d4e9cfbddbfdcf6f82de0b577fd55_s

ビジネスバッグを選ぶ時のポイントには、いくつかあります。そこで、そのポイントについてご紹介します。

ポイント1・・・中身は何を入れて持ち運びするのか。

ビジネスバッグを選ぶ時には、パソコンを入れたり、たくさんの書類を入れて持ち運んだりします。パソコンを入れて持ち運びすることが多いのならPC用のバッグ、書類たくさんの書類を入れて持ち運びすることがあるのなら、幅のあるバッグが便利。小物が多いならポケットがたくさんついているものが便利です。

また、電車通勤やバスで通勤するなら、バッグの底に金属などの底鋲があると床にバッグを置いても汚れにくいです。

ポイント2・・・重さ、耐久性、素材。

電車やバスで通勤するなら、重さが軽いものを選びましょう。出来れば、軽くて耐久性のある物がおすすめ。素材では、ナイロンが軽くて汚れにも強く、耐久性があるので適しています。

ポイント3・・・通勤手段の違いによるバッグの選び方。

電車、バスなどは手に持ったり、肩にかけるショルダータイプでも良いですが、自転車通勤の場合には、リュックサックタイプのバッグや3WAYタイプのバッグが便利です。バッグを背中に背負って自転車に乗ることが出来るので、前かごに入れるよりも安定性があります。

スポンサーリンク

ポイント4・・・お手入れ。

忙しいビジネスマンなら、バッグのお手入れに時間をあまりかけたくないもの。本革のバッグは高級感もあり、使っていくと独特の味が出てくるのが良さですが、雨に濡れたりするとシミになったりすることもあるので注意が必要です。ナイロン製のバッグなら雨に濡れても問題ありません。ただ、染みこむ事もあるので、防水スプレー、撥水スプレーなどをしておくと水を弾きやすくなります。※本革のバッグも防止スプレーや撥水スプレーをしておくと、雨を弾きやすくなります。

ただ、本革のバッグもナイロン製のバッグも、カビには注意が必要です。湿度が高く、風通しの悪い場所に長期間バッグを放置しておくと、カビが生える事もあります。

ポイント5・・・ジッパーの開閉。

安いビジネスバッグでは、ジッパーの開閉がスムーズにいかない事もあります。「つい、うっかり大切な書類を挟んで破ってしまった」ということがないようにしたいものです。

ポイント6・・・価格。

価格の安さで選ぶなら、ナイロン製のビジネスバッグがおすすめ。合皮のバッグは、価格も安めなのですが、2~3年程度で傷んでくることが多いです。また、本革のビジネスバッグは、長く使えるというメリットはありますが、クリームなどを使ってお手入れすることが必要です。人間の皮膚と同じように、クリームなどで保湿しておかないと、ひび割れになってしまう可能性があります。

ビジネスバッグの種類、デザイン

ビジネスバッグには、いろんなデザインや種類があります。そこで、種類とデザインをまとめてみました。

ブリーフケース

PCや書類を入れて持ち運びするのに適しているのがブリーフケース。素材は、ナイロン、本革、合皮などがありますが、ナイロン製のブリーフケースには、肩掛け用の紐がついていて、カバンの横にある金具に引っ掛け、肩にかけて歩くことが出来る物もあります。カチッとした感じのビジネスバッグです。ただ、横幅が狭い物が多いので、幅の広い物などは入りにくく、入ったとしてもその部分だけが膨らむので、見た目はあまりよくありません。

トートバッグ

カジュアルで持ち運びするバッグという印象が強いですが、ビジネスバッグとしても利用できます。

ソフトブリーフ

ブリーフケースにやや丸みを持たせた柔らかい印象のバッグ。少し多めに書類などを入れても、ブリーフケースよりも自然な感じでバッグが膨らみます。

3WAYタイプのビジネスバッグ

手持ち、ショルダー、リュックの3通りの持ち方が出来るビジネスバッグ。車はもちろん、電車、バス、自転車などの通勤にも便利。特に自転車通勤の人に人気のあるバッグです。

ポケットの多いタイプ

通常のバッグに比べて特にポケットが多いタイプのビジネスバッグ。30前後のポケットがあるので、いろんな小物を収納するのに便利です。スマホ、スマホの充電器、USBケーブル、手帳、メガネ、目薬、ハンカチなどをしまっておくことができます。ただ、どこに何を入れたのかわからなくなってしまわないようにしたいですね。

まとめ

総合的におすすめなビジネスバッグの素材はナイロン製。強くて、お手入れが簡単、価格も安いということで、毎日使うなら最適のビジネスバッグです。デザインは、何をどれ位持ち運ぶのかでブリーフケースやポケットの多いタイプを選びましょう。自転車通勤なら、3WAYバッグ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加