忘年会のゲーム 大人数や少人数でやる簡単なものとは?

年末には会社の人と忘年会。

せっかくなので、みんなで楽しく盛り上がることをしたいと思っている方も多いでしょう。

そこで、忘年会のゲームで、大人数や少人数でできるもの、簡単なものをご紹介します。

忘年会のゲーム 大人数でできるもの3選

bsITOU85_kanpai20150221173656500

忘年会のゲームを大人数で楽しくできるゲームをご紹介します。

叩いてかぶってじゃんけんぽん

これは、テレビ番組でも見ることができるゲームです。

大人数でも対戦相手を変えればできますし、少人数でもできます。

でも、やっぱり盛り上がるのは大人数のほうでしょう。

必要な物も、ヘルメットとハリセンだけ。誰でも簡単にできるので、みんなで盛り上がること間違いなしだと思います。

たたいてかぶってじゃんけんぽんのやり方

ヘルメットとハリセン(ぴこぴこハンマーでもOK)を1つずつ用意。

2人で向き合ってじゃんけんをして、勝った人がハリセンで相手の頭をたたき、負けた人はヘルメットをかぶってハリセンから頭を守るというゲーム。

ヘルメットをかぶるのが間に合わずに頭を叩かれた人の負け。

スポンサーリンク

NGワード

これもテレビで見たことがあると思います。相手にNGワードを言わせた人の勝ち。最後まで残った1人が最終的には勝ちということになります。

NGワードのやり方

4~6人程度の人数で、それぞれほかの人にNGワードを書いてもらい、それを見ずに額、頭などに貼ります。

そして、お互い、相手にNGワードを言わせるように言葉で誘導します。

一般的なNGワードでも良いですが、その人の口癖など、その会社の仲間だけにしかわからないもののほうが、絶対に盛り上がると思います。

時限爆弾ゲーム

風船の時限爆弾ゲームがありますが、目覚まし時計(大きめのアラームの方が盛り上がる)でも代用できます。

時限爆弾ゲームのやり方

目覚まし時計のアラームをセットしておいて、しりとりなどをしながら、順番に目覚まし時計を回していきます。

そして、アラームが鳴った時に目覚まし時計を持っていた人の負け。お題はしりとり以外でもできます。

忘年会のゲーム 少人数でできるもの3選

忘年会のゲームを少人数でやるという方にご紹介。

本物は誰?

飲み物や食べ物を用意して、誰にマズイものが当たったのか予想するゲーム。

本物は誰?のやり方

飲み物や食べ物の中の1つにマズイものを入れておき、それが当たった人は、演技でバレないようにしなければいけないというゲーム。

大量にわさびが入った寿司、きついお酒が入ったグラスなどを用意して楽しんでみては?

洗濯バサミ対決

顔面の数ヶ所に、紐付の洗濯バサミをつけて引っ張り合うゲーム。

洗濯バサミ対決のやり方

まず最初に、紐の両端に洗濯バサミをつけておきます。そして、2人で対決します。

お互い、顔の数ヶ所に紐付の洗濯バサミをつけ、それを引っ張って最後まで顔に洗濯バサミが残っていた人の勝ち。

お箸を使ったピンポン球ゲーム

ボウルにピンポン球を入れておき、それをお箸で移動させるゲーム。

お箸を使ったピンポン球ゲームのやり方

2人で対決する時には、ボウル4個とお箸2膳、40個程度のピンポン球を用意します。

スタートの合図とともに、ピンポン球が入っているボウルから入ってないボウルにお箸でピンポン球を移動させるゲームです。

ピンポン球の他に、小豆、大豆などで代用することもできます。お箸でつかみにくいものならオッケーです。

忘年会のゲーム 簡単なもの3選

忘年会のゲームで簡単にできるものを3種類ご紹介します。誰でもできる簡単なゲームは、忘年会のゲームに最適。

コイン落とし

グラスに水を入れておき、コインを順番に落としていくゲーム。2人から楽しめます。

コイン落としのやり方
水をグラスに入れ、1度にコインを1~3枚ずつ順番に入れていきます。

表面張力である程度までは水がこぼれないのですが、やはり限界と言うものがあります。

コイン1枚だけでは、面白くないので、1人何枚までコインを入れて良いのか決めておきましょう。

スポンサーリンク

マジカルバナナ

知っている人もいると思いますが、テレビで以前放送されていたゲーム。しりとりに似ている連想ゲームです。

マジカルバナナのやり方

「マジカルバナナ」と言ってゲームスタート。「バナナと言ったら◯◯◯」「◯◯◯と言ったら△△△」などのように、連想できるものを順番に答えていきます。

途中で答えられなかったり、リズムに乗れなかった人の負け。

見たことがない方は、ユーチューブの動画で「マジカルバナナ」と検索すると出てきます。※記事作成の時点。

ハイ&ローゲーム

トランプを使い、自分が引くカードを予想するゲームです。

ハイ&ローゲームのやり方

進行する人を1人決め、2人で対決。戦う2人がまず、じゃんけんをして、勝った人が後攻になります。

進行役の人がトランプ(ジョーカーは不使用)を1枚引き、その後に、じゃんけんで負けた人が今から引くトランプが進行役の人が引いたトランプの数字よりも大きい(ハイ)か小さい(ロー)かを予想して、大きいと予想したなら「ハイ」、小さいと予想したなら「ロー」と言います。

そして、トランプをめくり当たっていたら再度ゲームができ、当たらなかったら負けでゲーム終了になります。シンプルなゲームなので、誰でも参加して楽しめます。

まとめ

ここでは、忘年会のゲームとして、あまり場所を必要としないゲームをご紹介しました。

ゲームだけでも楽しめますが、おもしろい景品を用意しておくとさらに盛り上がると思います。楽しい忘年会にしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加