足裏を柔らかくする方法 100均の健身棒/ツボ押し棒を使って試してみた

「足裏が硬くなっていませんか?」日常生活で、特に足裏の手入れやマッサージをしていない人の足の裏は硬くなりやすいもの。ヒールを履いている女性では、足の中指の下の辺りも硬くなります。そこで、足裏を柔らかくする方法として100均で購入したツボ押し棒を使った体験談をご紹介します。

足裏を柔らかくする方法 100均の健身棒/ツボ押し棒の効果とは?

CIMG0227

100均(100円ショップ)のダイソーで足裏のツボ押しができる健身棒という商品を購入しました。たま~に100均でいろんなものを見てまわることがあるのですが、ふと目に止まったのがこの健身棒でした。上の画像が健身棒です。

長さが13.4cmほどで、先が小さく作られている部分とちょっと大きめに作られている部分とで2種類のサイズで使う事が出来ます。

では早速、足裏を柔らかくする方法についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

足裏のツボを押す時には、クリームを塗ります。クリームを塗ることによって、皮膚を傷めないという効果があります。私の場合には、健身棒を使ってわりと強めに押します。ただ、初めて使う人は最初は先の大きい方で弱めから始めても良いと思います。痛みは人によって違うので、自分にあった強さで押しましょう。

自己流なので、時間や押す場所を特に決めているわけではないのですが、毎日使っていると、足裏のいろんな場所を押しても痛みが少なくなりました。また、足裏のかかと部分が使う前よりもかなり柔らかくなりました。※私の体験談になります。

健身棒を購入する前は、使えなくなったボールペンの先(もちろん、芯を出していない状態)で押していたり、押さなかったりですが、足裏を押さないとかかと部分が硬くなってしまいました。逆に足裏を押すと、血液循環が良くなり、足裏が温かく感じました。

出来るだけ毎日、健身棒を使って足裏のツボを刺激するようにしていますが、たまに出来ない時もあります。すると、すぐにかかとが硬くなってしまいます。

木の棒を使った足裏のツボを刺激している動画

健身棒/ツボ押し棒とともにやっていること

実は、かかとのツボ押し以外にもやっていることがあります。かかとのツボ押しをした後に、するのですが、その方法をご紹介します。

①仰向けに寝る。

②足の甲を頭の上に移動させつま先を床につける。

③その状態で30秒停止。(息を止めないようにしましょう)※最初はかなりキツイと思うので、やってみたいと思っている人はムリしないようにしましょう。

④足と手を床に対して垂直にしてブルブル振動させる。(ゴキブリ体操)

ゴキブリ体操は、足のむくみや疲れに効果的です。また、ダイエット、足の冷えにも効果的です。

ゴキブリ体操の動画

なぜ、足裏のツボ押しとゴキブリ体操を組み合わせているかというと、最初に足裏の血行を良くして、足裏に溜まった老廃物を心臓の方へと戻すのに効果的だと思ったからです。何もしないよりは、どちらか一方でもやると足がスッキリします。1回だけでは踵が柔らかくなる事は難しいですが、毎日続けると柔らかくなるハズです。※個人的な体験談ですが・・・。

興味や時間があればやってみてくださいね。
まとめ

これも私の体験談ですが、休日と仕事をしている日では、足裏の硬さが違うように感じました。歩く距離や立っている時間の違いから、老廃物の蓄積が違うのが原因のようです。むくみや疲れをとるため、血行促進のために足裏のツボ押しは効果的です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加