ローストビーフの冷凍について 保存・解凍・期限など

beef-84534_640

「ローストビーフをたくさん頂いた」とか「ローストビーフを作りすぎた」という事はありませんか?

また、パーティなどのために、「ローストビーフを作り置きしたい」という事もあると思います。

そこで、ローストビーフを冷凍で保存するための保存、解凍、期限などについてご紹介します。

ローストビーフの冷凍 保存方法

ローストビーフを冷凍して保存するためには、冷凍焼けしてしまわないように注意したいもの。そこで、ローストビーフを冷凍し、保存するコツをご紹介します。

・真空状態、密封した状態で保存

肉が酸化しないように、空気を入れないためにも冷凍用のフリーザーバックやラップなどで包んで冷凍します。冷凍用フリーザーバックは空気をしっかりと抜いておきましょう。

家庭用の真空パック機をつかうと肉はもちろん、野菜やお米なども真空パック保存出来ます。

・急速冷凍する

一気に冷凍するほうが、美味しさを保つ秘訣!急速冷凍が難しい場合には、就寝前などの冷蔵庫を開け閉めする事がない時間がおすすめ。

・スライスよりもブロック肉

スライスして冷凍するよりも、ブロック肉のままで冷凍保存するほうが、断面の面積が少ないので、断面の乾燥、酸化を防ぐ事ができます。

購入した時に真空パックされているなら、そのまま冷凍保存するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

ローストビーフの冷凍 解凍方法

ローストビーフの解凍は、冷凍する時と逆で、ゆっくりと時間をかけて解凍するのが理想的。肉の旨味を失わずに食べる事が出来ます。

解凍は冷蔵庫の冷蔵室で解凍します。そうすることで、肉のドリップ(旨味を含んでいる水分)を出来るだけ出さずに解凍することが出来るのです。

解凍時間は、肉のサイズにより違いますが、15時間~30時間程度。ローストビーフの場合には、半解凍ぐらいで調理するとほとんどドリップを出さずに調理出来ます。

また、氷水を使った解凍方法もあります。

真空パックのまま、氷水に入れて解凍します。比較的短時間で解凍出来ますし、ドリップもほとんど出ないのでお急ぎならこの方法が便利。

肉の厚さにもよるのですが、30~40分程度で解凍出来ます。

その時には、肉全体をしっかりと氷水につけて、上から重しをします。

肉と袋に隙間があり、空気が入っていると解凍しにくくなるので、冷凍する前には、しっかりと真空パックしておきましょう。

やってはいけない解凍方法は、お湯をかけたり、常温で解凍したりすること。ドリップがたくさん出てしまい、美味しさも逃がしてしまいます。

ローストビーフの冷凍 期限

ローストビーフの冷凍の期限は、半月~1ヶ月程度。いつ保存したのか、日付をフリーザーバックなどに記入しておくとわかりやすいです。

購入したローストビーフの賞味期限は、未開封冷凍保存で4ヶ月などの表示があるので、その期間内に食べると美味しく食べることが出来ます。

まとめ

せっかく頂いたローストビーフ、また手間をかけて作ったローストビーフなので、美味しく食べたいものです。

ローストビーフの保存方法は、冷凍、解凍、期限などのコツをうまく利用して美味しいローストビーフを食べましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加